カリフォルニア・ゴルフ・クラブ・オブ・サンフランシスコ
California Golf Club of San Francisco

コースデータ
所在地 アメリカ、サンフランシスコ
コース長 7216ヤード パー72
コースレート 74.7
プレー日 2015年5月2日
設計者 A.V.マカン、アリスター・マッケンジー(1928年)
再設計者 カイル・フィリップス(2007年)
オープン 1926年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.05
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
6
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
4


サンフランシスコ空港のすぐ近くに位置する、自然の起伏を生かした歴史のあるコース。クラブの設立は1918年だが、現コースが開場したのは1926年。その後2年以内にアリスター・マッケンジーが全てのバンカーといくつかのグリーンを手直しした。その後のロバート・トレント・ジョーンズSr.の改造と、既存の数ホールが新たな高速道路に使われるために1960年代に接取された事などを経て、2007年のカイル・フィリップスの大改造に至った。フィリップは13ホールを1930年代のコース写真を参考にその時のレイアウトとグリーンにできるだけ近く戻し、新たに5ホールを新設した。この5ホールがOUTの9ホールにあり、1番から9番ホールはより長くて力強いコースになった。コースは高低差のある丘陵地帯に展開し、OUTは高い木立が並びタイトなホールが多く、INは趣が変わりコースが開けているが、バンカーの配置が総じて絶妙。特に12番、14番、16番ホールのマッケンジー・バンカーは傑作。コース全体では合計144個のバンカーがある。



14番グリーンのガードバンカー

18番グリーンのガードバンカー

飛行機

スコアカード

 
1番 パー5 535ヤード

ストレートのロング。ティからグリーンまでは打ち下ろしになるので、2オン可能だが、グリーンの50ヤード前後右手前にある大きなバンカーが効いてきて簡単には2オンを許さない。グリーンの右手前にマウンドがあり、グリーンの左は1個の大きなバンカーでガードされている。

 

1番 パー5 535ヤード(3)

1番 パー5 535ヤード(2)

1番 パー5 535ヤード(1)
 
3番 パー4 437ヤード

3番 パー4 437ヤード (2)

3番 パー4 437ヤード (1)
右ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしになり、2個配された左FWバンカーが効いてくる。グリーンは少し砲台で、3個のバンカーと右のブッシュでガードされている。グリーンの中央に尾根が走り、中央から左右に下っている。
 
6番 パー3 195ヤード

6番 パー3 195ヤード(2)

6番 パー3 195ヤード (1)
グリーン奥に街並みと海が広がる景観の良いホール。グリーンは砲台で受けていて、グリーンの前半分は3つのバンカーでガードされているので、スピンが効いたショットで直接グリーンをとらえる必要がある。スピンがほどけてグリーン奥まで転がると、そこから急な下りスロープなので、パットが難しくなる。グリーンオーバーに注意。
 
7番 パー4 411ヤード

7番 パー4 411ヤード (2)

7番 パー4 411ヤード(1)
急な右ドッグレッグの打ち下ろし。左コーナーのバンカー越えには250ヤードのキャリーが必要。グリーンは3個のバンカーでガードされていて、グリーンの左右も奥も下りスロープのラフなので、正確なセカンドが要求される。
 
8番 パー3 241ヤード

8番 パー3 241ヤード(2)

8番 パー3 241ヤード (1)
打ち下ろしの距離のあるショート。グリーンは3個のバンカーでガードされ、グリーンは左傾斜。傾斜。
 
9番 パー4 419ヤード

9番 パー4 419ヤード(2)

9番 パー4 419ヤード (1)
左ドッグレッグ。ティショットは打ち上げのブラインドになり、FWの左は崖なので注意。グリーンは2段状で、その左右手前に2個ずつバンカーが並んでいる。
 
12番 パー3 232ヤード

12番 パー3 232ヤード
窪地越えの長いショート。グリーン周りには6個のバンカーが絶妙に配されている。グリーンの傾斜は複雑なので、パットまで難しい。
 
14番 パー4 479ヤード

14番 パー4 479ヤード(2)

14番 パー4 479ヤード (1)
ほぼストレートの長いミドル。ティショット、セカンドともに下ろし。ティショットは一個の左FWバンカーに注意。グリーンは受けていて、その左に4個、右に4個のバンカーが配されている。ティグランドからは街とオーシャンビューが望める。
 
16番 パー3 133ヤード

16番 パー3 133ヤード(2)

16番 パー3 133ヤード (1)
打ち下ろしの短いショート。美しいホール。グリーンは強い砲台。横に長いグリーンの手前は4個の深いバンカー、奥は3個のバンカーでガードされている。グリーンの右はブッシュ。
 
17番 パー5 567ヤード
ストレートホール。ティショットはブラインドの打ち下ろし。セカンドも打ち下ろしなので、ロングヒッターは2オン可能。グリーンは5個のバンカーで囲まれている。グリーン面は左奥が高く、そこから右と右手前に下っている。
 

17番 パー5 567ヤード(3)

17番 パー5 567ヤード(2)

17番 パー5 567ヤード(1)
 
余談

サンフランシスコ空港から車で10分。前日は空港近くのウェスティン・サンフランシスコ・エアポートに泊まった。



キャディ

レストラン

レストラン

トットップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.com)の2016年度カリフォルニア州で第6位のベストコース。カリフォルニア州にはおよそ1000のコースがある。ゴルフマガジン2017年度は外れたが、2015年度の世界ベスト100コースの81位に選ばれている。ゴルフマガジン2017年度全米100では43位。。

A.V.マカンの他の設計コースは、ヒルクレストCC、コロンビア・エッジウォーターCC、イングルウッドGC、マニトーG&CC、ブロードムーアGCなどがある。



ウェスティン・サンフランシスコ・エアポート

ウェスティン・サンフランシスコ・エアポート

ウェスティン・サンフランシスコ・エアポート


New England Lobster Market & Eatery

New England Lobster Market & Eatery

生け簀からのロブスター

プレー前夜はニューイングランド・ロブスター・マーケット&イ―タリーで食事をした。ウェスティン・SFエアポートから徒歩5分。蟹が安くて美味しかった。レストランに併設してカリフォルニア州最大のロブスターを卸す小売店があり、生け簀から取り出して調理するロブスターは新鮮。