スパイグラス・ヒル ゴルフコース
Spyglass Hill Golf Course

コースデータ
所在地 アメリカ、カリフォルニア州、モントレー
コース長 6960ヤード パー72
コースレート 75.5
プレー日 2015年5月1日
設計者 ロバート・トレント・ジョーンズSr.
オープン 1966年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.20
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
満足度
5

シーサイド・林間コース。プレー中に趣がガラリと変貌する。最初の5ホールは太平洋に面したデューンのうねりの中に展開しパインバレーGCをイメージして造られた。各ホールのレイアウトと景観とがプレーヤーを夢中にさせるぐらいドラマティックであり、また広々とした景観によりリンクス風に仕上がっている。6ホール目から最終ホールまでは松並木とサイプレス(糸杉)にセパレートされた林間コースになり、オーガスタ・ナショナルGCをイメージして造られている。この13ホールでは、丘陵地帯を打ち上げ傾斜に、両サイドに林が並ぶタイトな多くのホールが位置するので、好スコアを出すのは難しい。



2番ティからの景観

2番グリーンとオーシャン・ビュー

景観

総じてアップダウン、バンカー、デユーン、林、池、高速グリーンなどがコースを手強くし、7000ヤードに満たない長さながら、コースレートは75.5もある。毎年2月にPGAツアーのAT&Tペブルビーチプロアマ選手権の3つの会場のひとつ。コース名のスパイグラスとは望遠鏡のこと。

スコアカード

 
1番 パー5 595ヤード

1番 パー5 595ヤード (1)
左へ左へと曲がっている打ち下ろし。ティショットはブラインドの豪快な打ち下ろし。セカンド地点から太平洋を見渡せる。グリーンは3個の大きなバンカーでガードされている。グリーンは真ん中が凹んでいる3面状の砲台で、グリーンの形状はグリーン背後に望む海原のように、穏やかな波のうねりに似ている。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

1番 パー5 595ヤード(4)

1番 パー5 595ヤード(3)

1番 パー5 595ヤード(2)
 
2番 パー4 349ヤード

2番 パー4 349ヤード (2)

2番 パー4 349ヤード (1)
ほぼストレートの比較的短いミドル。ティショットは打ち下ろしでセカンドは打ち上げ。グリーンは縦に細長く手前から右は深いバンカーでガードされている。ティショットが235ヤード以上飛ぶと、FW幅は極端に狭くなる。グリーンから望むデユーンとオーシャンビューは素晴らしい。このホールもゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。
 
3番 パー3 172ヤード

3番 パー3 172ヤード (2)

3番 パー3 172ヤード(1)
美しい太平洋を見渡しながら浮く、絶景のショート。打ち下ろし。グリーン手前に1個のガードバンカーが配され、グリーンは手前から奥に下っている。
 
4番 パー4 370ヤード

4番 パー4 370ヤード (2)

4番 パー4 370ヤード (1)
緩やかに下っていく左ドッグレッグ。ティショットはデューン越えで、FW、グリーン共に左右はデューン。グリーンは縦に54ヤードととても細長く、奥に下っている3段状。この長いグリーンのピン位置が奥の場合は右サイドのFWから打つのが良いし、ピン位置が手前の場合はFW左サイドからがベストアングル。グリーンは手前の段以外はセカンドでピンが見えないブラインドショットになる。このホールもゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。
 
7番 パー5 529ヤード

右ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしでFWは左傾斜で2個の左FWバンカーが効いてくる。グリーン左手前90ヤードからグリーンのすぐ左手前まで伸びている池が迫っていてFW幅がとても狭いので、セカンドを池の手前に刻み3打目勝負にするか、セカンドでグリーン方面に打つかの決断に迫られる。グリーンは縦に細長く、グリーン左は下りスロープでしかもグリーン面は左傾斜なので、アプローチショットの後とし所が難しい。

 

7番 パー5 529ヤード(3)

7番 パー5 529ヤード(2)

7番 パー5 529ヤード(1)
 
8番 パー4 399ヤード

打ち上げていくやや左ドッグレッグの難ホール。セカンドは急な打ち上げでほぼ2番手は違う。グリーンの右から右手前は1個の大きなバンカーでガードされている。グリーンは斜めに配され、右奥から左手前に急傾斜。

 

8番 パー4 399ヤード(3)

8番 パー4 399ヤード(2)

8番 パー4 399ヤード(1)
 
10番 パー4 407ヤード

10番 パー4 407ヤード (2)

10番 パー4 407ヤード (1)
左ドッグレッグ。ティショットでは240ヤード先に右FWバンカーが1個あり、255ヤード先からFW幅は狭くなる。グリーンは受けていて、4個のバンカーでガードされている。
 
12番 パー3 178ヤード

12番 パー3 178ヤード(2)

12番 パー3 178ヤード (1)
強い打ち下ろしのショート。グリーンの手前から左にはすぐ池になる。グリーンは縦に細長く、奥に下っている2段状。
 
14番 パー5 560ヤード

右に曲がってからやや左に曲がるダブルドッグレッグ。緩やかな打ち下ろし。グリーンは砲台の横長で左が高い2段状で、手前の池と3個のバンカーでガードされている。グリーン手前の池を避けるために、アプロ―ショットを大きめに打つと、グリーンの奥行きはあまりないので、奥のガードバンカーに捕まるリスクがある。グリーンとグリーン周り景観が素晴らしいホール。

 

14番 パー5 560ヤード(3)

14番 パー5 560ヤードド(2)

14番 パー5 560ヤード(1)
 
15番 パー3 130ヤード

15番 パー3 130ヤード (2)

15番 パー3 130ヤード (1)
距離のないやや打ち下ろしのショート。グリーン手前から右奥まで池に面していて、奥に配された2つのバンカーが効いている。グリーン左面は急激な下りスロープ。短いが侮れないホール。
 
16番 パー4 476ヤード

16番 パー4 476ヤード(2)

16番 パー4 476ヤード(1)
右ドッグレッグの長いミドル。右コーナーに1本の松が250ヤード先にあり、ティショットはその松のすぐ左狙いが良い。砲台の受けグリーンで、左右はバンカーでガードされている。
 
余談

車でモントレーから20分、サンフランシスコ空港から2時間。プレー前夜ザ・イン・アット・スパニッシュベイに泊まった。このロッジからスパイグラス・ヒルまでは車で9分。リゾート内にはペブルビーチ、スパイグラス・ヒル、スパニッシュベイ、デルモンテの4つのコースがある。



レストラン

乗馬

プレー後のランチはコースの隣にあるポピーヒルズGCのレストランで食べた。レストランからの景観と雰囲気が素晴らしい。



ポピーヒルズGC

ポピーヒルズGC

ポピーヒルズGC


ロバート・トレント・ジョーンズSR.設計の他の有名な作品は、ロバート・トレント・ジョーンズGC、ピーチツリーGC、ザ・デューンズGC、マウナケアGC、ファイアーストーンCC(サウスコース)、ヘイゼルティン・ナショナルGC、ポイント・オウッズG&CCがあり、スペインでのバルデラマGCも評価が高い。

トットップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.com)の2016年度カリフォルニア州で第10位のベストコース。カリフォルニア州にはおよそ1000のコースがある。ゴルフマガジン2017年度全米100では58位。