コグヒル G&CCNo.4 コース
Cog Hill Golf & Country Club (No. 4 Course)

コースデータ
所在地 アメリカ、イリノイ州
コース長 7554ヤード パー72
コースレート 77.8
プレー日 2016年9月10日
設計者 ディック・ウィルソン
再設計者 レス・ジョーンズ 
オープン 1964年
キャディ あり
ゴルフカート あり(FW乗り入れ可)
評価
総合評価
4.60
コースレイアウト
4
難易度
6
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
5

4コースある林間コースの中でこのNO.4コースが一番良い。コースは長く。バンカーが深く、戦略的に配されているので、とてもタフなコース。ほとんどのグリーンは砲台で、グリーンのアンジュレーションは強い。PGAトーナメント、BMW Championshipが2007年と2009年から2011年まで開催された。



クラブハウスィからの景観

6番ホールの景観

クラブハウス前の花々

 
2番 パー3 224ヤード

2番 パー3 224ヤード(2)

2番 パー3 224ヤード(1)
距離のあるショート。グリーンは3つの大きなバンカーでしっかりガードされている。横長のグリーンはセンターから右に下っている。

 

 
3番 パー4 443ヤード

3番 パー4 443ヤード(2)

3番 パー4 443ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットは緩やかな打ち下ろし。ティショットはではフェアウェイ左右のラフにクリークが流れる。セカンドはやや打ち上げで、グリーン手前の2つのガードバンカーが効く。段差のある2段グリーンで左面が高い。

 

 
5番 パー5 507ヤード

右ドッグレッグの打ち上げ。ティショットは左右に配された5つのバンカーに注意。グリーン手前に大きなバンカーが2つ並んでいるので、ロングヒッターの簡単な2オンを阻んでいる。グリーン左は林、右は1つのバンカーでガードされている。受けグリーン。

 

5番 パー5 507ヤード(3)

5番 パー5 507ヤード(2)

5番 パー5 507ヤード(1)
 
7番 パー4 431ヤード

急な右ドッグレッグ。ティショットでは右の池が絡んでくる。グリーンは強い砲台で、4つのバンカーで囲まれている。

 

7番 パー4 431ヤード(3)

7番 パー4 431ヤード(2)

7番 パー4 431ヤード(1)
 
9番 パー4 325ヤード

左ドッグレッグのタフなロング。両サイドから林が迫り出していて、フェアウェイは狭い。グリーンは砲台で両サイドにバンカーが配されている。3打とも距離と正確性が要求されるホール。

 

9番 パー4 325ヤード(3)

9番 パー4 325ヤード(2)

9番 パー4 325ヤード(1)
 
11番 パー5 607ヤード

500ヤード以上ストレートで、グリーン手前90ヤードから急に左に曲がっているホール。グリーンは砲台で3つのバンカーでガードされている。受けグリーン。

 

11番 パー5 607ヤード(3)

11番 パー5 607ヤード(2)

11番 パー5 607ヤード(1)
 
12番 パー3 216ヤード

12番 パー3 216ヤード(2)

12番 パー3 216ヤード(1)
やや打ち下ろし。グリーンのすぐ奥は林にガードされ、横長グリーンの左右と奥にバンカーが配されている。砲台の強い受けグリーン。ピン位置が左奥の時は難易度が増す。

 

 
13番 パー4 480ヤード

13番 パー4 480ヤード(2)

13番 パー4 480ヤード(1)
ストレートの長いミドル。ティショットは左右に2つずつバンカーでガードされている狭いフェアウェイに打っていく。フェアウェイは右傾斜しているので、左目狙いが良い。グリーンは強い砲台で左に2つ右に1つのバンカーと下りスロープのラフがある。

 

 
16番 パー4 456ヤード

急な左ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろし。左は森、右には2つにフェアウェイバンカーがあり、フェアウェイは左傾斜。縦長グリーンの右に2つのバンカー、左に1つのバンカーと下りスロープのラフとブッシュがあり、セカンドの正確性が要求される。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

 

横からの見る16番グリーン

16番 パー4 456ヤード(2)

16番 パー4 456ヤード(1)
 
18番 パー4 494ヤード

18番 パー4 494ヤード(2)

18番 パー4 494ヤード(1)
やや右ドッグレッグのとても長いミドル。ティショットでは左右に2つずつバンカーがある。グリーンは左に振られて、セカンドは池越え。縦長のグリーンの左は池に面し、右は1つのバンカーでガードされている。セカンドの距離と正確性が要求されるホール。
 
余談
オヘア空港から車で35分、シカゴから40分。

トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2016年度イリノイ州で第10位。イリノイ州にはおよそ630コース程ある。



クラブハウスのレストラン

Stay Inn, Lombard

Stay Inn, Lombard

ディック・ウィルソンは60コース程設計をしていて、著名なのはNCR(サウスコース)、メドー・ブックC、ホール・イン・ワンGC、ローレルバレーGC、ゴールド・ストリームCC、ベイヒルC、パインツリーGC、トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ、グリーンブライヤー、ロイヤル・オークスR&GC、ラコスア、ビダーマンGGがある。カナダのロイヤル・モントリオールの設計、オーストラリアのメトロポリタンの改造も手掛けている。

前日の宿泊はStay Inn, Lombard。このモーテルからゴルフ場まで車で30分。シカゴは1980年後半に2年ほど住んでいて、27年振りの訪問。