ボストン GC
Boston Golf Club

コースデータ
所在地 アメリカ、マサチューセッツ州
コース長 7062ヤード パー72
コースレート 74.8
プレー日 2016年9月19日
設計者 ギル・ハンス
オープン 2005年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
5.00
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
5

自然の地形を活かした丘陵コース。森林、起伏のある地形、デューン(砂丘)、湿地帯、小川をそのまま残し、岩が多い広大な土地に18ホールが上手くレイアウトされている。ホールの多様性、コース内の造形美、景観の良さ、コース攻略の面白さの全てがそろっている。パー5で始まり、パー3で終わる珍しいコース。設計者は一番ホールでパー5から始まるコースを良く造るようだ。グリーン上にはダイナミックな起伏と傾斜が施されていて、パットも楽しい。



クラブハウスからの景観

6番ホールの景観

9番グリーンの景観

 
1番 パー5 519ヤード

ストレートホール。ティショットは緩やかな打ち下ろし。サードはクリークとブッシュッ越えになり、強い砲台グリーンに打っていく。ロングヒッターは2オン可能だが、グリーン前のハザードにより、リスクと報酬の典型的なホール。

 

1番 パー5 519ヤード(3)

1番 パー5 519ヤード(2)

1番 パー5 519ヤード(1)
 
2番 パー4 415ヤード

2番 パー4 415ヤード(2)

2番 パー4 415ヤード(1)
緩やかに打ち上げていくやや左ドッグレッグ。ティショットでは左に1つンバンカー、右に2つの石の塊があり、落し所が狭くなる。グリーンは少し砲台。グリーン上にマウンドが3つあり、パットのライン読みが難しい。

 

 
5番 パー4 317ヤード

右ドッグレッグの強い打ち上げ。ティショットはブッシュ越え。短いホールだが簡単ではない。グリーン右サイドは崖に面していて、セカンドはブラインドショットになることが多い。グリーンは縦に細長く、横幅は10ヤードしかないので、セカンドはグリーンのすぐ左のエプロン狙いが安全。

 

5番 パー4 317ヤード(3)

5番 パー4 317ヤード(2)

5番 パー4 317ヤード(1)
 
6番 パー3 159ヤード

6番 パー3 159ヤード(2)

6番 パー3 159ヤード(1)
谷越えのホール。グリーン手前はデューン、奥はバンカーでガードされている。ピンがグリーン左半分に切られると、グリーンの奥行きがあまりなので、正確でスピンの効いたショットが必要。グリーンは右傾斜。

 

 
7番 パー4 456ヤード

左ドッグレッグ。ティショットはデューン越えで、左の林、右に広がるデューンに注意。グリーン手前には深いラフの窪地と一つのバンカーが配されている。グリーンの右と奥にもバンカーがある。グリーンのすぐ右は急な下りスロープのラフ。グリーンは右傾斜。

 

7番 パー4 456ヤード(3)

7番 パー4 456ヤード(2)

7番 パー4 456ヤード(1)
 
9番 パー4 466ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは強い打ち下ろしで、セカンドは緩やかな打ち下ろし。グリーン手前に40ヤードから一段と低くなる。グリーンの右はクリークなどのハザードに面する。グリーン真ん中に尾根が横切る。

 

9番 パー4 466ヤード(3)

9番 パー4 466ヤード(2)

9番 パー4 466ヤード(1)
 
10番 パー4 414ヤード

10番 パー4 414ヤード(2)

10番 パー4 414ヤード(1)
右ドッグレッグの打ち下ろし。グリーンの右手前にから右は湿地帯のハザードがある。グリーンは急な右傾斜。

 

 
11番 パー3 188ヤード

11番 パー3 188ヤード(2)

11番 パー3 188ヤード(1)
ブッシュ越えのショート。ティからグリーンのすぐ手前までブッシュが広がる。グリーン奥に2つ、右には1つのバンカーが配されている。グリーン左半分は受けていて、右半分は右傾斜。

 

 
12番 パー4 433ヤード

12番 パー4 433ヤード(2)

12番 パー4 433ヤード(1)
ほぼストレート。セカンドはやや打ち上げ。グリーンの傾斜は複雑。

 

 
14番 パー4 436ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは緩やかな打ち上げ。グリーンは縦に細長く、グリーン左と奥はバンカーでガードされている。

 

14番 パー4 436ヤード(3)

14番 パー4 436ヤード(2)

14番 パー4 436ヤード(1)
 
15番 パー5 589ヤード

フェアウェイは少し蛇行しているが、ほぼストレートホール。ティショット、セカンドとも左のデユーン、右の林が効いてくる。グリーン手前60ヤード地点からグリーンは左に曲がり、グリーンまでのフェアウェイは下り傾斜になる。グリーン上は3つの尾根が走る。

 

15番 パー5 589ヤード(3)

15番 パー5 589ヤード(2)

15番 パー5 589ヤード(1)
 
17番 パー5 580ヤード

フェアウェイは右傾斜している、左ドッグレッグティショットは左右の林が効いてくる。セカンドはグリーン手前80ヤード地点のフェアウェイ中央に配された、大きなバンカーに注意。グリーン面はアンジュレーションが強い。

 

17番 パー5 580ヤード(3)

17番 パー5 580ヤード(2)

17番 パー5 580ヤード(1)
 
余談
ボストン中心地から車で30分。



ロッカールーム

レストラン

ランチ

ゴルフマガジン2015年度アメリカベスト100で86位。トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2016年度マサチューセツ州で第6位のベストコースに選ばれている。マサチューセッツ州にはおよそ380コース程ある。

ギル・ハンス設計の他のマサチューセッツ州でのコースはフレンチ・クリークGCがある。他にはスコットランドのキャッスル・スチュワートGL、ブラジルの2016年オリンピック開催コース、オリンピックGCが有名。日本では2008年に東京GCのグリーンを改造した。