ナショナルゴルフリンクス・オブ・アメリカ
National Golf Links of America

コースデータ
所在地 アメリカ、ニューヨーク州
コース長 6935ヤード パー72
コースレート 74.3
プレー日 2016年9月17日
設計者 チャールズ・B・マクドナルド
オープン 1909年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.60
コースレイアウト
6
難易度
5
グリーンコンディション
6
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
6

ペコニック湾を望むシーサードコース、リンクス・スタイルのコース。アメリカゴルフ界の父と呼ばれるチャールズ・B・マクドナルドが、アメリカゴルフ界の発展のために、理想のコース造りを1902年に計画した。その後イギリスとスコットランドの有名なリンクスコースを数度訪ね、それらのリンクスコースから理想の18ホールを選び、7年後の1909年にナショナルゴルフリンクス・オブ・アメリカを造った。完全なコピーではなく、それらのホールのエッセンスを取り入れられ、ホールの長短のバランスの良い組み合わせ、いろいろな攻め方を提供している戦略ホールの多さ、ブラインドホール、強制キャリーを要するティショット、グリーン形状の多様性などクオリティの高さで、超一流のコースに仕上げている。



クラブハウスからの景観

2番ホールからの景観


5番ティから望むコースの景観

7番グリーンのロードホール・・バンカー

14番FWからの景観

C.B.マクドナルドの独創性により、オーケストラを奏でるようなリズムで18ホールが素晴らしく組み合わされていて、その結果リズムが良いルーティーンになり、プレーしてとても楽しい。9ホールと10ホールはクラブハウスに戻らない。グリーンは速く、ファアウェイは固く、メンテナンスもとても良い。


17番ティからの景観

18番グリーンからの景観

コースシンボルの風車

 
2番 パー4 330ヤード

2番 パー4 330ヤード(2)

2番 パー4 330ヤード(1)
“サハラ” 打ち上げていく短い左ドッグレッグ。ティショットはサハラという大きなバンカー越え。ドライバーかFWを使い直線的にグリーンを狙うと、落し所が狭くなり、コースのシンボルの風車が左に位置し、ドローボールが要求される。ティショットでドライバーかFWを使うか、アイアンで刻むかの決断に迫られる。グリーンは左傾斜で、グリーンの左から奥は急な下りスロープ。(ロイヤルセントジョージの3番ホールが見本)
 
3番 パー4 426ヤード

“アルプス” やや左ドッグレッグ。ティショットでは細長いクロスバンカーがフェアウェイを上下に分断して、200から210ヤードのキャリーでそのバンカーは越える。セカンドは打ち上げでセミブラインドショット。グリーンは横長で右が高い2段グリーン。グリーン手前から左は3つバンカーがあり、それらのバンカーに入れるとグリーンまでは強い打ち上げになるので、パーセーブが極端に難しくなる。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホール(最新版)に選ばれている。(プレストウィックの17番が見本)

 

3番 パー4 426ヤード(3)

3番 パー4 426ヤード(2)

3番 パー4 426ヤード(1)
 
4番 パー3 195ヤード

“レダン” グリーンは右手前から左奥に斜めに長く、その前後は深いバンカーでガードされている。グリーンは左奥に急傾斜。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホール(最新版)に選ばれている。(ノーズバーリックの15番が見本)

 

4番 パー3 195ヤード(3)

4番 パー3 195ヤード(2)

4番 パー3 195ヤード(1)
 
6番 パー3 141ヤード

6番 パー3 141ヤード(2)

6番 パー3 141ヤード(1)
“ショート” やや打ち下ろしで距離のないホール。グリーン周りは大小7つのバンカーで囲まれている。グリーンは大きく、複雑な傾斜が施されている。(ロイヤルウェスト・ノーフォークの4番が見本)
 
7番 パー4 478ヤード

“セントアンドリュース” やや右ドッグレッグ。ティショットはラフと大きなバンカー越え。セカンド緩やかな打ち下ろし。グリーンは縦に細長く、左に1つのポットバンカー、右には縦に長いバンカーが配されている。セントアンドリュース・オールドコースの17番ホールをイメージしている。(セントアンドリュース・オールドコースの17番が見本)

 

7番 パー4 478ヤード(3)

7番 パー4 478ヤード(2)

7番 パー4 478ヤード(1)
 
8番 パー4 400ヤード

8番 パー4 400ヤード(2)

8番 パー4 400ヤード(1)
“ボトル” ストレートホール。ティショットでは7つの小さなバンカーを挟んでファアウェイは左右に分かれる。グリーンは強い砲台で手前に2つ、左に2つのどちらも深いバンカーが配されている。グリーンの右は急な下りスロープ。ボトルの名前の由来はフェアウェイが瓶の胴体のように広く、栓の先の細い部分がグリーンでボトルのように見えるので。(サンニンデール・オールドコースの8番が見本)
 
9番 パー4 540ヤード

“ロング” ストレートホール。ティショットはやや打ち下ろしで、左のいくつかのバンカー、右の林に注意。グリーンの70ヤード左手前に横長のバンカーを置くことで、セカンドをそのバンカーが越えていくか、安全に手前に刻むかの選択に迫られる。セカンドの落し所は狭い。グリーンはやや砲台でグリーン周りには4つのバンカーがある。(セントアンドリュース・オールドコースの14番が見本)

 

9番 パー4 540ヤード(3)

9番 パー4 540ヤード(2)

9番 パー4 540ヤード(1)
 
11番 パー4 432ヤード

“プラトゥー” やや左ドッグレッグ。ティショットではホール右に林、両サイドに6つのバンカーがある。グリーンに特徴があり、真ん中近くが凹んでいて、左手前半分はプラトゥー(砲台)になっている。グリーンは3つのポットバンカーでガードされている。(設計者のオリジナル)

 

11番 パー4 432ヤード(3)

11番 パー4 432ヤード(2)

11番 パー4 432ヤード(1)
 
12番 パー4 459ヤード

12番 パー4 459ヤード(2)

12番 パー4 459ヤード(1)
““セボナック” ほぼストレートホール。グリーンは砲台で左手前に1つあるガードバンカーが効いている。受けグリーンで真ん中にコブがある。
 
13番 パー3 174ヤード

13番 パー3 174ヤード
“エデン” 少し打ち下ろし。グリーンは横長で、右から奥は細長いバンカーで囲まれている。グリーン手前に3つの小さいバンカーがある。(セントアンドリュース・オールドコースの11番が見本) 
 
14番 パー4 393ヤード

“ケープ” 右ドッグレッグ。ティショットは池越えで、右に2つの深いフェアウェイバンカーが効いていて、バンカーを避けて安全にフェアウェイ左半分に打つとセカンドの距離が長くなる。グリーンは円形で奥と左に一つずつ大きなバンカーがある。(設計者のオリジナル、シカゴの14番でも使っている)

 

14番 パー4 393ヤード(3)

14番 パー4 393ヤード(2)

14番 パー4 393ヤード(1)
 
16番 パー4 415ヤード

“パンチボール” ほぼストレートホール。ティショットは打ち下ろし。右フェアウェイバンカーを越えるには280ヤードのキャリーが必要。セカンドはセミブラインド。グリーンは縁が高くグリーン面が低いパンチボールグリーン。ホールの全ての位置からグリーン左に位置するシンボルの風車が見える。(グリーン面は見えないホールがスコットランドのリンクスコースで数多く見られ、それらを参考にした)

 

16番パンチボール グリーン

16番 パー4 415ヤード(2)

16番 パー4 415ヤード(1)
 
17番 パー4 375ヤード

“ペコニック” やや左ドッグレッグ。ティショット打ち下ろしで、左右の4つのバンカーと260ヤード先の小さなクロスバンカーが効いてくる。セカンドはデューンのマウンド越え。グリーンはほとんどバンカーで囲まれている。受けグリーン。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホール(最新版)に選ばれている。

 

17番 パー4 375ヤード(3)

17番 パー4 375ヤード(2)

17番 パー4 375ヤード(1)
 
18番 パー5 502ヤード

18番 パー5 502ヤード(1)
“ホーム” 左に曲がった後少し右に曲がるダブルドッグレッグ。フェアウェイは起伏に富む。ティショットでは左に2つの大きなフェウェイバンカーが2つ並び、それらを越えるには230ヤードのキャリーが必要。成功すれば2オンが狙える。バンカー横のフェアウェイからセカンドを打つアベレージヒッターはグリーン135ヤード手前にある1つの横長の右フェアウェイバンカーが効いてくる。グリーンは縦長で中央に尾根が横切り、傾斜が強い。グリーンからは素晴らしいオーシャンビューが見える。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホール(最新版)に選ばれている。
 

18番 パー5 502ヤード(4)

18番 パー5 502ヤード(3)

18番 パー5 502ヤード(2)
 
余談
ニューヨーク市からゴルフ場まで車で2時間、ラガーディア空港から2時間弱。このコースとシネコックヒルズGC、セボナックGCとはほぼ隣接する。

キャディ

クラブハウス

レストラン

2015年度USゴルフマガジン誌の世界ベスト100ゴルフコースにて20位に選ばれている。ゴルフマガジン2015年度全米100で第7位。トットップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.com)の2016年度ニューヨーク州で第2位のベストコース。ニューヨーク州には1000コース近くのゴルフコースがある。

チャールズ・B・マクドナルドはこのナショナルゴルフリンクス・オブ・アメリカが代表作でスリーピー・ホローCCも設計している。セス・レイナーとの共同設計でザ・クリーククラブ、パイピングロック・クラブ、ザ・コース・アット・イエール、オールド・ホワイトTPCコース、バミューダ諸島のミッドオーシャン・クラブなどがある。

コースシンボルの風車は100年ほど前に、設立メンバーの数人が“コースに風車があれば良いな”、と語ったのを聞いたC.B.マクドナルドが、オランダから風車を解体して運び、ゴルフ場で組み立てたと聞く。請求書はそれらのメンバーに均等に分けられてロッカーに入れられていたそうだ。