ウィングドフット ゴルフクラブ、ウェストコース
Winged Foot Golf Club (West Course)

コースデータ
所在地 アメリカ、ニューヨーク州
コース長 7258ヤード パー71
コースレート 75.7
プレー日 2016年9月18日
設計者 A.W. ティリンガースト 
オープン 1923年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.40
コースレイアウト
6
難易度
6
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
5

パークランドコース。ウェストとイーストの2コースあり、ウェストは距離が長く全米オープンを5度回開催している本格的なチャンピオンシップで、イーストは短いが個性的なホールが多い。ドッグレッグホールが多く、ファウェイは総じてタイトなので、フェードとドローをうまく打ち分ける技術と14本を駆使して攻めることが要求される。絶妙に配されたバンカーとラフがしっかり効いていて、簡単なホール(英語でWeak Holes)が一つもない。受けグリーンが多く、しかもグリーンは超高速なので、パットの巧みさも必要。ほとんどのグリーンの左右はバンカーに挟まれていて、グリーンの幅は狭い。ピンを狙いバンカーに入るとパーセーブは大変。グリーン面の横幅はグリーンの奥は広くなっていて、安全に大きめに打つと、たとえパーオンしても上からのパットはバーディどころか3パットのリスクも伴う。合計70ほどあるバンカーに入れないようなコースマネジメントと、ピンを狙うか、グリーンの手前に刻むか奥に突っ込むかの正しい判断も好スコアーにつながるであろう。2020年には6度目の度全米オープン開催予定。



クラブハウスからの景観

7番グリーンの景観

コースを彩る草花

 
1番 パー4 450ヤード

フェアウェイがタイトな左ドッグレッグ。グリーンの両サイドはバンカーでガードされている。とても強い受けグリーンで下りのパットは恐ろしいほど速い。1974年度の全米オープン時にジャック・ニクラウスが下りの25フィート(7.5メートル)を4パットした。

 

1番 パー4 450ヤード(3)

1番 パー4 450ヤード(2)

1番 パー4 450ヤード(1)
 
2番 パー4 451ヤード

2番 パー4 451ヤード(2)

2番 パー4 451ヤード(1)
やや右ドッグレッグ。ティショットではフェアウェイがタイトで右サイドの木立が効いてくる。セカンドはグリーン手前に口を開けて待っているバンカーとグリーン左のガードバンカーに注意。グリーン左奥に配された林も曲者。
 
3番 パー3 245ヤード

3番 パー3 245ヤード(2)

3番 パー3 245ヤード(1)
非常に長いショート。砲台の受けグリーンで、グリーンは左右とも深いバンカーにガードされている。特にグリーンのすぐ左に連なる3つのバンカーに入れるとパーセーブは難しい。1959年度の前米オープン優勝のビル・キャスパーはこのホールで4日ともグリーン手前に刻み寄せワンでパーセーブした。
 
4番 パー4 464ヤード

4番 パー4 464ヤード(2)

4番 パー4 464ヤード(1)
やや左ドッグレッグの緩やかな打ち下ろし。セカンドが難しく、砲台グリーン手前に2つのバンカーが配され、グリーンの右から林が迫っており、林の中にはグリーンから浅いOBラインもある。
 
6番 パー4 321ヤード

6番 パー4 321ヤード(2)

6番 パー4 321ヤード(1)
とても短いやや右ドッグレッグ。ロングヒッターはグリーンエッジまでティショットを運べるが、フェアウェイの左右のバンカーが効いてくる。グリーンは逆L字型で小さく、ラフからのセカンドはグリーンまで短くてもグリーン上で止まらないことも多い。グリーン左手前と右にバンカーが配されている。
 
8番 パー4 465ヤード

8番 パー4 465ヤード(2)

8番 パー4 465ヤード(1)
やや右ドッグレッグの難ホール。グリーンの左右はバンカーでガードされている。砲台グリーンでグリーンは少し左傾斜。セカンドの距離と正確性が要求されるホール。
 
10番 パー3 190ヤード

10番 パー3 190ヤード(2)

10番 パー3 190ヤード(1)
砲台グリーンを持つ美しいショート。グリーンの右は2つの深いバンカー、左にも1つのバンカーでガードされ、グリーン右手前は下り傾斜になる。グリーン左右に外すとどちらもピンへのアプローチは難しいしいので、ティショットでグリーン面をとらえる正確性が要求される。
 
11番 パー4 396ヤード

ストレートホール。ティショットは緩やかな下り傾斜で、フェアウェイはタイトで左傾斜。左には大きなフェアウェイバンカーが配され、ティショットが飛べば飛ぶほど落し所が狭くなる。グリーンは縦に細長く、左手前と右にバンカーが配されている。受けグリーン。

 

11番 パー4 396ヤード(3)

11番 パー4 396ヤード(2)

11番 パー4 396ヤード(1)
 
13番 パー3 214ヤード

13番 パー3 214ヤード(2)

13番 パー3 214ヤード(1)
タフなショート。グリーンは左に1つ、右に2つのバンカーでガードされている。グリーンは奥から手前に傾斜しながら、右中央にコブがあるので、距離のあるパットはライン読みが難しい。
 
14番 パー4 450ヤード

14番 パー4 450ヤード(2)

14番 パー4 450ヤード(1)
左ドッグレッグ。左にフェアウェイバンカーがあり、越えるには255ヤードのキャリーが必要。セカンドは緩やかな打ち下ろし。強い砲台グリーン。グリーンは3つのバンカーと木立に囲まれていて、セカンド地点から見るグリーン周りは美しい。
 
15番 パー4 416ヤード

15番 パー4 416ヤード(2)

15番 パー4 416ヤード(1)
ほぼストレートホール。ティショットはやや打ち下ろしで、左サイドの林に注意。セカンドは打ち上げのクリーク越え。グリーンは縦長で強く受けている。グリーンの左右にバンカーが配されている。
 
16番 パー5 467ヤード

16番 パー5 467ヤード(2)

16番 パー5 467ヤード(1)
左ドッグレッグ。通常パー5だがプロのトーナメントではチャレンジングなパー4になる。ティショットはファウェイ両サイドにあるバンカーが効いている、グリーンは左の林とバンカー、右手前もバンカーでガードされている。
 
18番 パー4 452ヤード

強い左ドッグレッグの名物ホール。ティショットは右のフェアウェイバンカーに注意。グリーンは左と左手前はバンカー、右は深いラフでガードされている。グリーンはやや右傾斜。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度世界ベスト500ホール(最新版)に選ばれている。

 

18番 パー4 452ヤード(3)

18番 パー4 452ヤード(2)

18番 パー4 452ヤード(1)
 
余談
ニューヨーク、マンハッタンから30分。クラブハウスは100年ほど前に建築されたもので、レストランには風が入るように計算されていて、未だにエアコンは取り付けられていない。真夏でもエアコンなしで過ごせる。

キャディ

テラス・レストラン

レストラン

2015年度USゴルフマガジン誌の世界ベスト100ゴルフコースにて20位に選ばれている。ゴルフマガジン2015年度全米100で第13位。トットップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.com)の2016年度ニューヨーク州で第4位のベストコース。ニューヨーク州には1000コース近くのゴルフコースがある。

A.W. ティリングハースト設計で2015年度ゴルフマガジン誌世界ベスト100に入っているのは、サンフランシスコGC(第24位)、ベスページ・ステートパーク・ブラックコース(第46位)、バルツロールGC・ローワーコース(第59位)、サマーセットヒルズGC(第71位)、クォーカーリッジGC(第74位)、ウングドフットGC・イーストコース(第84位)がある。ニューヨーク州では61コースの設計と改造に関わった。

現大統領のドナルド・トランプ氏も古くからのメンバー。100年の歴史の中名物キャディも多く輩出している。マンハッタン周辺には数多くのゴルフコースがあるが、ウィングドフット ゴルフクラブは“ゴルフコースのヤンキース・スタジアム”と呼ばれ名声が高い。



マンハッタン

マンハッタン

マンハッタン

マンハッタンには1990年前後に住んでいたことがあり、26年ぶりの訪問だった。当時は興味がなかったブロードウェイのショーを楽しんだ。