カムデンレイクサイドGC
Camden Lakeside Golf Club

コースデータ
所在地 オーストラリア、ニューサウスウェールズ
コース長 6999ヤード、パー72
コースレート 74.0
プレー日 2006年5月4日
設計者 トムソン・ウォルバーリッジ&ペレット
オープン 1993年
キャディ なし
ゴルフカート あり (フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
3.65
コースレイアウト
(推測)3
難易度
(推測)4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
*フロントティ使用だったので、コースレイアウトと難易度の評価はバックティからのプレーと仮定して推測した。 
 
シドニー郊外の内陸にあるもののレイアウトはリンクスコース。フェアウェイには適度なアップダウンがあり、平らなライから打つことが少なく、あごの高いポット(たこ壺)バンカもコース内に60個以上点在していて、チャレンジングなコースに仕上がっている。
 
2番 パー5 545ヤード

ロングヒッターは、2オン可能なストレートホール。ティショットは丘越えで、落とし所がタイトな上に、フェアウェイは右から左に傾斜している。セカンドショットは打ち下ろしになる。グリーンは砲台で、楕円形の形をしていて、奥行きがあまりないので正確なアプローチショットが必要。

 

2番 パー5 545ヤード(3)

2番 パー5 545ヤード(2)

2番 パー5 545ヤード(1)
 
4番 パー4 447ヤード

距離のあるストレートホール。ティショットは両サイドの池が気になる。グリーン手前をクリークが横切る。グリーンは砲台で、3つのガードバンカーが効いている。

 

4番 パー4 447ヤード(3)

4番 パー4 447ヤード(2)

4番 パー4 447ヤード(1)
 
7番 パー4 431ヤード

7番 パー4 431ヤード(2)

7番 パー4 431ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットでは落とし所に点在する3個のフェアウェイバンカーが効いてくる。グリーン右の2つのポットバンカーは深いので避けるべき。
 
18番 パー4 442ヤード

左ドッグレッグの難ホール。ティショットは距離が欲しいが、フェアウェイ左サイドに大きな池があるので、フックボールは禁物。ティショットが飛べば飛ぶほど、落とし所が狭くなってくる。グリーンは少し砲台。


18番 パー4 442ヤード(3)

18番 パー4 442ヤード(2)

18番 パー4 442ヤード(1)
 
余談

シドニー市内から車で1時間、シドニー空港からは40分。ビジターのプレーは全日可能。プレーするティは自由に選べる。

このコースは、ゴルフダイジェスト誌で2006年度オーストラリア第72位に選ばれている。ピーター・トムソン(トムソン・ウォルバーリッジ&ペレット)設計のオーストラリアのコースは、ムーナウリンクス・オープンコース(同ランク第17位)、ホープアイアランドGC(同24位)、ムーナウリンクス・レジェンズコース(同37位)、ザ・ナショナルGC・オーシャンコース(同46位)、アリス・スプリングスGC(同62位)、ツインウォーターズGC(同68位)、シーテンプルG&CC(同94位)、リバーサイド・オークスGCカントリークラブ・タスマニアなどがある。

彼ら設計のアジアでのコースは、香港の香港GC・エデンコース、クリアウオーターベイG&CC (再設計)、シンガポールのタナメラCC・ガーデンコース、シンガポールアイランドCC・ニューコース(再設計)、日本の南部富士CC、廣済堂トムソンCC、ぜんCC、トムソンナショナルCC、スリーレイクスCC、中国の北京リンクス(北京北辰)GC、北京窑上(北京ヤオシャン)GC、上海銀濤(上海ゴルフキング)GC、上海濱海GC、長沙青竹個GC、タイのノーブルプレイスGR&CCロイヤルチェンマイGRラヨン・グリーンバレーCC、インドネシアのバリ・ハンダラ・廣済堂C.Cロンボック・ゴルフ・廣済堂、マレーシアのクラブ・ゴルフ・サルタン・アブドゥル・アジス・シャ(KGSASS)がある。