マッコーリー・リンクス・インターナショナルGC
Macquarie Links International Golf Club

コースデータ
所在地 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州 
コース長 6866ヤード パー72
コースレート 73.0
プレー日 2008年2月9日
設計者 ロビー・ネルソン、二-ル・ハワース
オープン 2002年
キャディ なし
ゴルフカート あり(フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.30
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
クラブハウス
 

クラブハウスからの景観
ほぼフラットな丘陵地に展開する美しいコース。ティーショットの落としどころのフェアウェイは広いが、グリーンに近づくにつれホール幅が絞られ、随所にウォーターハザードとバンカーが配され、戦略的なコースに仕上がっている。
 
1番 パー5 544ヤード

ストレートのロングホール。フェアウェイ両サイドに多くのバンカーが配されている。左にはクリークと林、右にはバンカーと木立が効いているので、セカンドショットの落とし所は狭くなっている。グリーンは受けている。グリーン右手前のバンカー群は戦略性と美しさの両方を高めている。

 

1番 パー5 544ヤード(3)

1番 パー5 544ヤード(2)

1番 パー5 544ヤード(1)
 
2番 パー4 444ヤード

2番 パー4 444ヤード(2)

2番 パー4 444ヤード(1)
ストレートで距離のあるミドルホール。グリーンは縦に細長く右サイドは池に面しているので、セカンドショットの正確性が要求される。グリーンは右に傾斜しながら、奥に少し下っている。
 
5番 パー3 209ヤード

5番 パー3 209ヤード(2)

5番 パー3 209ヤード(1)
少し打ち下ろしで距離のあるショートホール。クリークが右に走り、グリーン右はバンカー、左はマウンドでガードされており、受けグリーンとなっている。s
 
9番 パー4 428ヤード
ストレートのミドルホール。セカンドショットはやや打ち下ろしになり、左足下がりのライから、グリーン左半分がウォーターハザードに囲まれたグリーンに打っていく。グリーン右のガードバンカーも効いている。

9番 パー4 428ヤード(3)

9番 パー4 428ヤード(2)

9番 パー4 428ヤード(1)
 
11番 パー3 188ヤード

11番 パー3 188ヤード(2)

11番 パー3 188ヤード(1)
川越えそして谷越えの美しいパー3で名物ホールと言える。グリーン右手前と左奥にはガードバンカーが配され、グリーンはハザードで囲まれているので、正確なショットと正しいクラブ選択が重要になる。
 
12番 パー5 516ヤード
ストレートで距離はないが正確なショットが要求される難しいロングホール。ティーショットでは左のOBが浅く、右にクリークが走り、落とし所が狭い。グリーン周りにもハザードが迫っているのでアプローチショットは方向性と距離の正確性が求められる。
グリーンは縦に細長い。


12番 パー5 516ヤード(3)

12番 パー5 516ヤード(2)

12番 パー5 516ヤード(1)
 
14番 パー4 396ヤード

14番 パー4 396ヤード(2)

14番 パー4 396ヤード(1)
急な左ドッグレッグのミドルホール。ティーからグリーンまで左サイドは全て池となっている。セカンドショットではグリーン左は池に面していて、逆に、右に逃げるとバンカー群が待ち構えている。
 
15番 パー3 231ヤード

15番 パー3 231ヤード(2)

15番 パー3 231ヤード(1)
池越えのとても長いショートホール。グリーンは横に長く、グリーン前面の池だけでなく、手前のガードバンカーも効いている。
 
17番 パー5 568ヤード
ストレートのロングホール。左のOBが浅く、フェアウェイは狭い。セカンドショットの落とし所のグリーンから180ヤード手前のフェウェイにクリークが横切り、このクリークの手前に安全に刻むか、このクリークを勇敢に越えていくかの決断に迫られる。
 

17番 パー5 568ヤード(3)

17番 パー5 568ヤード(2)

17番 パー5 568ヤード(1)
 
余談

レストラン
シドニー市内より車で1時間。プレーにはメンバーの同伴または紹介が必要。メートル表示なのでヤードに換算した。

ゴルフダイジェスト誌で2006年度オーストラリア第65位に選ばれている。ロビー・ネルソン、二-ル・ハワース設計の他のオーストラリアでのコースはバーズウッズ・パークGC、同じ南半球にあるインドネシアではバリCCがある。