セントアンドリュース・ビーチ GC
St Andrews Beach Golf Course
コースデータ
所在地 オーストラリア、ビクトリア州
コース長 6642ヤード パー70
コースレート 73.6
プレー日 2016年2月10日
設計者 トム・ドーク
オープン 2004年
キャディ なし
ゴルフカート あり (FW乗り入れ可)
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
満足度
5
 

丘陵・リンクスコース。広大なデューン(砂丘)の中に18ホールが縫うようにルーティングされている。各ホール変化があり個性的。自然の地形を取り入れながら、バンカーなどハザードの配置、グリーンの形状が素晴らしいく、戦略コースに仕上がっている。



5番ティからの景観

10番グリーンの景観

スコアカード
 
1番 パー5 543ヤード

軽く右に曲がってから急角度で左に曲がるダブルドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしでセカンド、サードは緩やかな打ち上げ。

 

1番 パー5 543ヤード(3)

1番 パー5 543ヤード(2)

1番 パー5 543ヤード(1)
 
3番 パー4 443ヤード

3番 パー4 443ヤード(2)

3番 パー4 443ヤード(1)

右ドッグレッグの距離のあるミドル。ティショットでは右からデューンが迫ってくる。グリーンはデューンに囲まれていて、右傾斜。

 
6番 パー4 185ヤード

6番 パー4 185ヤード(2)

6番 パー4 185ヤード(1)

少し打ち上げホール。グリーン右手前にある2つのガードバンカーは深くて大きい。

 
9番 パー4 358ヤード

9番 パー4 358ヤード(2)

9番 パー4 358ヤード(1)

ストレートの短いミドル。ティ打ち下ろし、セカンド打ち上げ。ロングヒッターはフェアウェイ左に配された2つのバン―まで届くので要注意。グリーンの右はデューンと深いバンカーでガードされている。グリーンの手前は大きく盛り上がっていて、手前から奥に下っている。

 
10番 パー4 280ヤード

10番 パー4 420ヤード(2)

10番 パー4 420ヤード(1)

右ドッグレッグの難ホール。ティショット打ち下ろしでセカンドは打ち上げ。グリーン右と奥はバンカーでガードされている。

 
14番 パー4 302ヤード

14番 パー4 302ヤード(2)

14番 パー4 302ヤード(1)

ロングヒッターは1オン可能なとても短いミドル。2つの右フェアウェイ・バンカーを越えるには260ヤードのキャリーが必要。それらに捕まると出すだけになりパーオンも出来ないリスクがある。グリーンは砲台で左奥から右手前に傾斜している。

 
16番 パー3 199ヤード

16番 パー3 199ヤード(2)

16番 パー3 199ヤード(1)

タフなショート。グリーン手手前に1つの深いバンカー、右奥に2つのバンカーが配され、グリーン左は下りスロープのラフが待ち受けえいる。

 
18番 パー4 442ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは右にある3つのフェアウェイ・バンカー、ロングヒッターは更にフェアウェイ中央に配された1つのクロスバンカーが効いてくる。グリーンは縦に細長く右傾斜。グリーンはデユーンとブッシュに囲まれている。

 

18番 パー4 442ヤード(3)

18番 パー4 442ヤード(2)

18番 パー4 442ヤード(1)
 
余談

メルボルン市内より車で1時間20分、メルボルン空港より1時間50分。メートル表示なのでヤードに換算した。宿泊施設が隣接。

ゴルフダイジェスト・オーストラリアで2016年度オーストラリア第20位。トム・ドークの他のオーストラリアでの設計コースはバーンブーグル・デューンズ GLがある。隣国ニュージーランドでの設計はケープキッドナッパーズ GC、タライティ GLがある。これらの3つのコースは全て世界ベスト100選級クラス。