オールドヘッド ゴルフリンクス
Old Head Golf Links
コースデータ
所在地 アイルランド、コーク
コース長 7069ヤード パー72
コースレート 76.0 (#推定)
プレー日 2016年7月23日
設計者 ジョー・カー、ロン・カビィ、他4人 
オープン 1997年
キャディ あり
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
4.75
コースレイアウト
3
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
満足度
6

アイルランドの最南端の近くで、太平洋に3キロ強突き出た220エーカーのダイアモンド(菱型)の形をした岬の前面に展開する。全てのホールが崖と海に囲まれているため、灯台を背景に太平洋の水平線や半島を臨む景色は非常に美しい。また18ホール中9ホールはなんと崖の上に沿ってレイアウトされている。ただ残念なのは、多くのガードバンカーがコースの素晴らしい景観とマッチしていないのと、5つあるショートホールがどれも似ている点だ。しかし全ホールから海の絶景が楽しめて、海風の影響を大きく受けるので、とてもチャレンジングで攻め応えがあるアメリカンスタイルのシーサイドコースに仕上がっている。



太平洋に3キロ強突き出たコース

クラブハウスからの景観

7番ホールからの景観


12番ホールからの景観

15番ティからの景観

15番グリーン

スコアカード

 
2番 パー4 402ヤード

急な左ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろし、左右コーナーのバンカーが待ち構えており、攻めるか守るか野決断が重要。左の崖に注意。グリーン左はガードバンカーと下りスロープがあり、さらに左に行くと海にボールが落ちる。2段グリーン。

 

2番 パー4 402ヤード(3)

2番 パー4 402ヤード(2)

2番 パー4 402ヤード(1)
 
3番 パー3 178ヤード

3番 パー3 178ヤード(2)

3番 パー3 178ヤード(1)

左に海が広がるホール。グリーン左は崖下の海。縦長グリーン。

 
4番 パー4 427ヤード

4番 パー4 427ヤード(2)

4番 パー4 427ヤード(1)

左ドッグレッグ。打ち下ろしのティショットは。フェアウェイは急な左傾斜なので、右サイド狙いが良い。フェアウェイ左コーナー周辺には2つのバンカーが配されている。セカンドは打ち上げになり、グリーンは縦に細長く、左は海、右は岩になるので正確なショットが必要。グリーンの真ん中を尾根が横切り、違う面からのパットは難しい。

 
7番 パー3 192ヤード

7番 パー3 192ヤード(2)

7番 パー3 192ヤード(1)

緊張感のあるショート。少し打ち下ろしで、グリーン右は崖下の海になる。左手前にバンカーがある縦長グリーン。

 
8番 パー5 549ヤード

緩やかに打ち下ろしていく左ドッグレッグ。ティショットではフェアウェイ左サイドに配された3つのバンカーに注意。セカンドの落下地点に3つのバンカーがフェアウェイを横切る。グリーン左はバンカーとブッシュが待ち構える。グリーンは受けていて、横幅は18ヤードほどしかないので、正確なサードが要求される。

 

8番 パー5 549ヤード(3)

8番 パー5 549ヤード(2)

8番 パー5 549ヤード(1)
 
10番 パー5 518ヤード

急な右ドッグレッグのやや短いロング。海に向かって打つティショットはやや打ち下ろし。セカンドからはやや打ち上げ。サードショットは岩越えになり、左右をバンカーでガードされた砲台グリーンに打っていく。ロングヒッターは2オンを狙えるが、グリーン周りに多くのトラブルがあるので、リスクと報酬のロングと言える。

 

10番 パー5 518ヤード(3)

10番 パー5 518ヤード(2)

10番 パー5 518ヤード(1)
 
12番 パー5 564ヤード

急な左ドッグレッグの名物ホール。絶壁の上に立つティグラウンドから打つティショットは絶壁越えのブラインド(フェアウェイ面が見えない)となり、とても緊張感を強いられる。セカンド地点からフェアウェイは下り勾配で左は崖、右はデューンが続き、しかもグリーンに近づくにつれフェアウェイ幅は狭まってくる。左足下がりからのセカンドは風の影響も受け、とても難しい。グリーンは打ち下ろしとなるが、受けている縦長の強い砲台で、さらに周囲をデユーンに囲まれているので正確な方向性と距離感が必要で、サードショットの失敗も許されないタフなホール。

 

12番 パー5 564ヤード(3)

12番 パー5 564ヤード(2)

12番 パー5 564ヤード(1)
 
13番 パー3 168ヤード

16番 パー3 168ヤード(2)

16番 パー3 168ヤード(1)

グリーン左が海でOBゾーンのショート。グリーンの真ん中が凹んでいる。コースの中で最もアンジュレーションがあるグリーン。

 
16番 パー3 178ヤード

崖越えのショート。グリーンは縦に細長く7つのバンカーに囲まれている。落とし所が狭く緊張を強いられる。

 

横から見る16番グリーン

16番 パー3 178ヤード(2)

16番 パー3 178ヤード(1)
 
17番 パー5 623ヤード

やや左に曲がってから右に曲がるダブルドッグレッグ。フェアウェイの右サイドは崖に沿って伸びている。セカンドは急な打ち下ろしのブラインドショット。グリーン手前175ヤードから下っていて、サードも打ち下ろし。グリーンの左に1つのガードバンカーが配され、右は崖と海になる。受けグリーン。この長いロングではパーは良いスコア。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

 

17番 パー5 623ヤード(3)

17番 パー5 623ヤード(2)

17番 パー5 623ヤード(1)
 
18番 パー4 434ヤード

18番 パー4 434ヤード(2)

18番 パー4 434ヤード(1)

左ドッグレッグ。ティショットは絶壁越えになり、右のOBラインは浅いので注意。セカンドは打ち上げ。グリーンは砲台で左は1つの深いバンカーでガードされている。2段グリーンアメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

 
余談

コークから車で45分。 レストランではシーフード皿盛 がお勧め。



キャディ

レストラン

ラはシーフード皿盛

トップ100ゴルフコース・オブ・ザ・ワールド(top100golfcourses.com)の2016年度アイルランド(北アイルランドを除く)のベストコース第14位に選ばれている。全英(アイルランドも含む)では第65位。2008年度の統計ではイギリス諸島全体では2752コースあり、その内アイルランドにはおよそ430コースある。

Quinlans Seafood Bar

Quinlans Seafood Bar

Quinlans Seafood Bar

プレー後はキラーニーまで2時間ドライブしてQuinlans Seafood Barで夕食をした。お酒は置いていない店だが、魚はとても新鮮で美味しかった。