ロングビェン GC、ビエンチャン・ロンタンコース
Long Vien Golf Club (Vientiane and Long Thanh Course)
コースデータ
所在地 ラオス、ビエンチャン
コース長 7292ヤード パー72
コースレート 74.9
プレー日 2017年2月26日
設計者 不明
オープン 2012年 
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.35
コースレイアウト
4
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
満足度
4

フラットな立地にウォーターハザード、豊富な立派な木々、デューン(砂丘)が各ホールをセパレートする合計27ホールのコース。2012年にロンタン、ラオベトコースの18ホール(7538ヤード、コースレート76.1)だったのが、2016年ビエンチャンコース(3520ヤード)の9ホールが追加された。オリジナル18ホールのロンタン、ラオベトコースは水が絡んだホールが多く、距離も長くレイアウトも似ている。一方ビエンチャンコースは距離が短いが3つの9ホールで最も印象的。ウェーターハザードだけでなく、デューンも絡んできて、よりダイナミックな景観と高い戦略性をプレーヤーに提供する。ヴィエンチャン・ロンタンの18ホールの組み合わせが最も良い。

4番ホールから望むデューン

6番ホールの景観

11番ホールの景観

スコアカード
 
1番 パー5 541ヤード
やや左ドッグレッグ。ティショットは両サイドに池があり狭い。セカンドは左に池、グリーンも左に池と右にバンカーが配されている。傾斜の強い2段グリーン。
 

1番 パー5 541ヤード(3)

1番 パー5 541ヤード(2)

1番 パー5 541ヤード(1)
 
2番 パー4 391ヤード

2番 パー4 391ヤード(2)

2番 パー4 391ヤード(1)
比較的短いストレートホール。ホールの左にはハザード、右には池があり、フェアウェイは狭い。グリーン周りはハザードと4つのバンカーに囲まれていて、グリーンは受けている。
 
3番 パー3 202ヤード

3番 パー3 202ヤード(2)

3番 パー3 202ヤード(1)
池越えのショート。両サイドにも池がミスショットを待ち構え、グリーン左右手前はバンカーでガードされている。
 
4番 パー6 738ヤード

4番 パー6 738ヤード(1)
左に左と曲がっている700ヤードを越えるパー6。ティショット、セカンドともに左右に池がある。特にセカンドの落し所が狭い。サードショットでグリーン手前150-200ヤード手前を横切る池を越えるか、手前に刻むかの決断に迫られる。グリーンは受けていて、左手前と右奥にバンカーが1つずつ配されている。

4番 パー6 738ヤード(4)

4番 パー6 738ヤード(3)

4番 パー6 738ヤード(2)
 
9番 パー4 461ヤード

9番 パー4 461ヤード(2)

9番 パー4 461ヤード(1)
左ドッグレッグ。ティショットは左右にハザードがあり狭い。グリーンは横長で、左右手前はバンカーでガードされ、左右と奥はハザードがすぐ近くにあるので、正確なセカンドが要求される。
 
12番 パー4 478ヤード

12番 パー4 478ヤード(2)

12番 パー4 478ヤード(1)
急な右ドッグレッグの難ホール。ティショットは右の池に注意。セカンドは池とグリーン手前に横たわる細長いバンカー越え。グリーンは横長で、奥もバンカーが2つある。
 
14番 パー3 240ヤード

14番 パー3 240ヤード(2)

14番 パー3 240ヤード(1)
とても長いショート。グリーンは手前の3つのバンカー、右奥の1つのバンカー、右のハザードでガードされている。グリーン上に尾根が走りパットも難しい。
 
15番 パー5 622ヤード
やや右ドッグレッグの距離のあるロング。ティショットでは右のOBラインは浅く、左はハザードがある。セカンドは右に1つあるフェアウェイバンカーを避けたい。グリーンは縦に細長く、真ん中が凹んでいて、アンジュレーションが強い。
 

15番 パー5 622ヤード(3)

15番 パー5 622ヤード(2)

15番 パー5 622ヤード(1)
 
16番 パー3 189ヤード

16番 パー3 189ヤード(2)

16番 パー3 189ヤード(1)
池越えの美しいショート。グリーンは両サイドにバンカーがあり、段差の強い受グリーン。
 
余談
ビエンチャンから車で30分、ビエンチャン空港から45分。

クラブハウス

クラブハウス


キャディ

レストラン