イーグルリッジG&CC、グレッグ・ノーマンコース
Eagle Ridge G&CC - Greg Norman Course

コースデータ
所在地 フィリピン、マニラ
コース長 7123ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2008年6月12日
設計者 グレッグ・ノーマン
オープン 2003年
キャディあり
ゴルフカート あり(フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.30
コースレイアウト
#4
難易度
#4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5

# 700ヤードほど短い6455ヤードの青ティーからのプレーだったので、コースレイアウトと難易度は7123ヤードのゴールドティーからプレーしたとして推測した。

 
ニック・ファルド、アンディ・ダイ、グレッグ・ノーマン、青木功コースの4つのチャンピオンシップコース、合計72ホールある丘陵コースのゴルフ場。ノーマンコースはなだらかにうねっているフェアウェイ、深いバンカーと起伏がある大きなグリーンに特徴がある。いくつかのホールは深い谷沿いにレイアウトされ、これらの谷は戦略性と美的効果を高めている。



11番グリーンの景観

15番ホール横の景観

15番グリーンとバナナツリー

 
2番 パー4 428ヤード

2番 パー4 428ヤード(2)

2番 パー4 428ヤード(1)
急な右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは打ち下ろし。ファエウェイは狭く、左のOBは浅く、260ヤード先の右のハザードも効いてくるので、正確なショットが必要。セカンドショットは川越え。グリーンは45ヤードの縦長で、後方に大きなマウンドがあり、2段グリーンになっている。
 
3番 パー5 574ヤード
右ドッグレッグの後、左ドッグレッグのダブルドッグレッグの難しいロングホール。ティーショットでは右のクリーク260ヤード先の左のバンカー、セカンドショットでフェアウェイ右の2つのバンカーが効いてくる。グリーンは小さく傾斜が強く、中央に尾根が走る。距離よりも方向性が問われるホール。 

3番 パー5 574ヤード(3)

3番 パー5 574ヤード(2)

3番 パー5 574ヤード(1)
 
4番 パー3 195ヤード

4番 パー3 195ヤード(2)

4番 パー3 195ヤード(1)
きれいなショートホール。グリーンは砲台で中央に尾根がある。グリーン左サイドは2つの深いバンカーでガードされている。
 
7番 パー4 327ヤード

7番 パー4 327ヤード(2)

7番 パー4 327ヤード(1)
右ドッグレッグの短いミドルホール。フェアウェイバンカーの配置が巧みで、ティーショットでドライバーを使い距離を稼ぐか、フェウェイウッドなどで安全に攻めるかの決断に迫られる。


 
11番 パー5 539ヤード
やや左ドッグレッグのロングホール。セカンドショットのフェアウェイは左のハザード、右の2つのバンカーで落とし所が狭められている。グリーンは横に長く、前面はハザードに接するので、ロングヒッターの簡単な2オン狙いを妨げている。
 

11番 パー5 539ヤード(3)

11番 パー5 539ヤード(2)

11番 パー5 539ヤード(1)
 
14番 パー3 176ヤード

14番 パー3 176ヤード(2)

14番 パー3 176ヤード(1)
景観の良いショートホール。グリーン右から背後にかけての谷の斜面に生える様々な樹木の景観が見事。グリーンは縦に細長く、左右をバンカーでガードされている。グリーン右の谷はグリーンから近いので注意が必要。

 

 
15番 パー5 569ヤード

ほぼストレートの打ち上げていくロングホール。ティーショットは谷越えで、ティーショット、セカンドともに右に谷が続き、フェアウェイが狭い。グリーンは砲台で受けている。グリーン左は深いバンカーが配され、右は谷に面している。グリーンオーバーもすぐ谷なので、スピンの効いたボールでグリーンを捉えたい。

 

15番後ろから望むグリーン

15番 パー5 569ヤード(2)

15番 パー5 569ヤード(1)
 
16番 パー4 432ヤード

右ドッグレッグのミドルホール。谷がフェアウェイ右サイドを走り、次にグリーンの手前を横切っている。セカンドショットはグリーン手前の谷だけでなく、グリーン左のガードバンカーが効いている。グリーンは縦長で、中央を強い傾斜の尾根が横切っているので、ピン位置が後ろに時は同じ面にボールを落としたい。

 

16番 パー4 432ヤード(3)

16番 パー4 432ヤード(2)

16番 パー4 432ヤード(1)
 
余談
マカティ市から車で1時間20分。ビジターのプレーは可能だが、予約が取りにくい。グレッグ・ノーマンコースのクラブハウスはニック・ファルドコースと共有している。レストランで食べたフィリピン風豚の丸焼き(レチョンバブイ)は美味しかった。



レストラン

焼き豚(レチョンバブイ)

アジアのシニアプロのトーナメントで活躍している、マニラ在住の磯貝プロと幸運にも2日続けてイーグルリッジG&CCでプレーできた。技術的な指導もしていただき、実りのある2日間であった。人間性も素晴らしい人で、トーナメントがない時はゴルフレッスンを行い、9番アイアンをティーアップして打つ練習を行い、9番で150ヤード飛ばすのを目標にさせる志が高い指導方法には評判が良いと聞く。日本以外のアジアでゴルフ界に貢献する磯貝プロに親近感を感じた。