ラグ-ナナショナルG&CC、マスターズコース
Laguna National Golf and Country Club – Masters Course

コースデータ
所在地シンガポール
コース長6622ヤード、パー72
コースレート71.0
プレー日2005年11月26日
設計者ピート・ダイ
オープン1991年
キャディなし
ゴルフカートあり(強制)
評価
総合評価
4.05
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
 

フラットで池を絡ませたコース。この、プロのトーナメントを良く開催するので有名なマスターズコースとクラシックコースを合わせた合計36ホールがある。マスターズコースの方がスコットランド式のリンクススタイルでフェアウェイはうねっている。クラシックコースの方は水が絡むホールが少なく、フェアウェイのうねりも少ないので難易度は低いようである。このマスターズコースは、実際はコースレート73.1で7113ヤードと距離が十分あるコースだが、プロのトーナメントしか最長のブラックティは使えないので、今回プレーした6622ヤード、コースレート71.0と簡単になる。パー3に個性的なホールが多いが、400ヤードを越えるパー4が少ないので、上級者がプレーするには少し物足りないかもしれない。ただ、ピート・ダイ特有の水で難易度を高める手法は活きていて、Outで6ホール、インで5ホールが池が効いていて、グリーンの前面だけでなくグリーン両サイドまで池が食い込んでいるホールが多いので、正確なショットがスコアメイクには必須となる。



クラブハウスからの景観

景観

14番グリーン

 
4番 パー4 331ヤード

4番 パー4 331ヤード(2)

4番 パー4 331ヤード(1)
非常に短いミドルホールだが戦略性は豊か。軽く右ドッグしていて、ドライバーショットをフェードボールで上手にコントロール出来るプレーヤー以外は、ウッドとか、3アイアンのティショットの方が安全。フェアウェイ右のサンドウェストのバンカー越えは240ヤードのキャリーボールが必要。
 
7番 パー4 408ヤード

7番 パー4 408ヤード(2)

7番 パー4 408ヤード(1)
やや左ドッグレッグでフェアウェイはタイト。左コーナーのバンカーを越えるには240ヤードのキャリーボールが必要。グリーンは砲台なので、正確なセカンドショットが要求される。
 
8番 パー3 186ヤード

8番 パー3 186ヤード(2)

8番 パー3 186ヤード(1)
難易度の高いショートホール。グリーン前面と右面は池に囲まれている。また左に逃げると、バンカーとかラフからのアプローチになり、左からはピンに寄せるのが難しい。グリーンは縦長で、横幅があまりないので、更に難易度が増す。
 
11番 パー5 554ヤード
ストレートなロングホールでグリーン手前50ヤードから軽く左ドッグしている。ティショットでは右の池、セカンド、サードショットでは左の池が効いてくる。グリーンはバンカーと池でしっかりガードされている。
 

11番 パー5 554ヤード(3)

11番 パー5 554ヤード(2)

11番 パー5 554ヤード(1)

 
17番 パー3 166ヤード

17番 パー3 166ヤード
池越えのショートホール。半島状に池に突き出た横長のグリーンで、左右の2段グリーンを形成している。右サイド以外の三方を全て池に囲まれている。
18番 パー4 384ヤード
ホール右サイドはウェストバンカーと池がある。グリーンはバンカーで囲まれて、その外側にはウォーターハザードも待ち構えている。グリーンはアンジュレーションが強い。
 

後方から望む18番グリーン

18番 パー4 384ヤード(2)

18番 パー4 384ヤード(1)


余談
シンガポール中心地から車で20分。シンガポール空港からタクシーで5分程。プレー中多くの飛行機を間近で眺めることが出来る。ビジターのプレーは平日はメンバーの紹介、土日はメンバーの同伴が必要。

クラブハウスはオープンエアーのレストランがあり快適だ。また、ロッカールームにはコースを見渡せる日本式お風呂(熱くないが)とサウナが完備されている。

クラブハウスの隣にあるホテルを見せてもらったが、すばらしかった。プール、エステも評判が高いようだ。




ホテル

ホテル

上空の飛行機



ピート・ダイ、ペリー・ダイ、ダイ・デザイン社設計の他のアジアでのコースは、中国の西海岸GC、タイのスパプルックGCカオキオGCタイムアンビーチG&M、ザ・カオチャゴークG&CC、マレーシアのポレシアCCオルナG&CC、フィリピンのイーグルリッジG&CC・アンディ・ダイコース、インドネシアのチプトラG&FC、韓国のウージョン・ヒルズCC、日本のセントレイクスGCメイプルポイントGC、かんなみスプリングスCC、ホワイトバーチCC、ゴールデンレイクスCC、オリンピックス・スタッフ・都賀、ヴィレッジクラブ・大子、ザ・カントリークラブグレンモア、いわせロイヤルGC・いわせコース、きみさらずゴルフリンクス、ミッションヒルズCC、札幌ベイGCなどがある。