セントーサGCタンジョンコース
Sentosa Golf Club – Tanjong Course

コースデータ
所在地 シンガポール
コース長 6800ヤード パー72
コースレート 73.2
プレー日 2007年6月3日
設計者

フランク・ぺニック

再設計者

マックス・ウェックスラー、クリス・ピットマン

オープン 1972年
キャディ なし
ゴルフカート あり (強制、フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.00
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
 
セントーサ島にあり内陸部のタンジョンコースと海に近いセラポンコースの36ホール場。セラポンコースの方が、シンガポールオープンを開催しているので有名で、より戦略性が高くチャレンジング。このタンジョンコースはマングローブの湿地帯を埋め立てられたところに造られた。ほぼフラットながら、起伏に富み、池やバンカー、狭いフェアウェイ等が難易度を上げている。


1番グリーンの景観

18番ティからの景観

景観

 
2番 パー3 195ヤード

2番 パー3 195ヤード(2)

2番 パー3 195ヤード(1)
名物ホールで海に向かって打つ、打ち下ろしのショート。アイランドグリーン状で池とバンカーが周囲を取り囲んでいる。絵葉書になるほどきれいなホール。13番も名物ホールだが、2番ホールの方が戦略的でプレーして楽しい。
 
5番 パー3 136ヤード

グリーンからの景観

5番 パー3 136ヤード
打ち上げの距離の短いショート。グリーンはとても大きく、段差の強い2段になっており、ピン位置が下の段の時に、上の段にボールをつけると恐ろしく速い。
 
6番 パー5 514ヤード
右ドッグの後、左ドッグしているダブルドッグレッグのホール。ティショットは豪快な打ち下ろしなので、2オン可能。ティショットは左の池を警戒しながら距離を稼ぎたい。右の2つのフェアウェイバンカーは平地で240ヤードのキャリーで超える。フォローの風が強い時は、セカンドショットはミドルアイアンでグリーンを狙える。セカンドは池とバンカー越え。グリーン手前の大きなバンカーとグリーン右をガードしている、バンカーと池が効いている。
 

6番 パー5 514ヤード(3)

6番 パー5 514ヤード(2)

6番 パー5 514ヤード(1)

 
9番 パー4 425ヤード

9番 パー4 425ヤード(2)

9番 パー4 425ヤード(1)
左ドッグレッグの難ホール。ティショットではフェアウェイは狭く、右は木立、左はクリークと急斜面のラフになるので、距離と方向性が要求される。セカンドショットは打ち上げ。グリーンは大きく傾斜が強い。
 
10番 パー5 537ヤード
急角度で左に曲がっているロング。左サイドにネットが張られているのが難点だが、レイアウトは素晴らしい。グリーン手前のフェアウェイに池が食い込んでいるので、ロングヒッターは池の手前に刻むか、2オンを狙うかの決断に迫られる。グリーンは50ヤードの縦長。
 

10番 パー5 537ヤード(3)

10番 パー5 537ヤード(2)

10番 パー5 537ヤード(1)

 
11番 パー4 443ヤード

11番グリーンの景観
やや左ドッグレッグの距離のあるミドル。ティショットで距離を稼がないとパーオンしない。グリーンは砲台で、右手前を大きなバンカー、グリーン右側はセカンドショット地点から見えない池にガードされている。

11番 パー4 443ヤード(3)

11番 パー4 443ヤード(2)

11番 パー4 443ヤード(1)

 
13番 パー3 175ヤード

13番 パー3 175ヤード
丘の頂上にあるティからの豪快な打ち下しの名物ホール。正しいクラブ選択が重要。眼下のコースパノラマの景観と遠くの海の眺望を楽しめる。
 
余談

オーチャード通りから車で20分、ビジネス中心街から車で15分。シンガポール空港からタクシーで25分程。基本的にはメンバー同伴が必要だが、ビジターだけのプレーも可能。クラブハウスは豪華で、オープンエアーのレストランの他、本格的日本レストランも完備されている。

プロティの黒ティからのプレーは7000ヤード近くになるが、プロのトーナメントに限定される。次に長いのは青ティからのプレーで6800ヤード、73.2のコースレートなので、上級者にもチャレンジングな設定となっている。

マックス・ウェクスラー(再設計者)設計の他のコースは、シンガポールではタナメラGC・タンピネスコースナショナルサービスR&CC、タイではラグーナ・プーケットGCパームヒルズGC、マレーシアではグレンマリーG&CCグヌンラヤGR、ブルネイではRBA(ロイヤルブルネイ空港)GCがある。クリス・ピットマン(再設計者)設計の他のコースは、シンガポールのオーキッドCCがある。