ラ・カラ GH、アメリカーナコース
La Cala Golf Hotel (Campo Americana)
コースデータ
所在地 スペイン、マラガ
コース長 6571ヤード パー71
コースレート 72.7
プレー日 2015年4月3日
設計者 カベル・ ロビンソン
オープン 1991年
キャディ なし
ゴルフカート あり
評価
総合評価
3.55
コースレイアウト
3
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
3

ミハス山脈の麓に位置する山岳コース。同じ設計者が3つのコースを造っている。他に距離の短いアジアコース、2005年に完成したFWが広くグリーンも大きいヨーロッパコースがある。アメリカーナコースは3つのコースでより正確性を要求され最もチャレンジング。コース全体の高低差が強く、ブラインドホールもいくつかあり、地形的な制約からかアンフェアなホールも多い。ロングは合計5ホールあり、6番、9番、18番のパー5がプレーして面白い。



クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観

9番グリーンの景観

スコアカード
 
4番 パー3 197ヤード

左サイドから望む4番グリーン

4番 パー3 197ヤード
タフなショート。砲台グリーンの右は大小6個のバンカーでガードされ、それらのバンカーに入れるとパーセーブが難しい。ティグランドからグリーンの左は見えないが、グリーン左からのアプローチや易しい。
 
6番 パー5 513ヤード

6番 パー5 513ヤード(2)

6番 パー5 513ヤード(1)
強い右ドッグレッグ。ティショットは谷越え。セカンド、サードは打ち上げ。セカンドの落し所は狭い。グリーンは横長で、3個のバンカーでガードされている。
 
9番 パー5 517ヤード

右に曲がってから左に曲がるダブルドッグレッグ。打ち下ろしなので2オン可能ホール。ティショットは1個の右FWバンカーと右のブッシュが効いてくる。セカンドでグリーンを狙う場合は、谷越えになり、手前に2個の深いバンカーと左にも2個のバンカーでガードされている、横長のグリーンに打っていく。グリーンの左下には池がある。セカンドを刻む場合はグリーン手前の谷の右にあるFWに狙って打つと、パーで上がるのは簡単。

 

9番 パー5 517ヤード(3)

9番 パー5 517ヤード(2)

9番 パー5 517ヤード(1)
 
12番 パー4 400ヤード

12番 パー4 400ヤード(2)

12番 パー4 400ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットは1個の右フェアウェイバンカーと右のブッシュに注意。グリーンは砲台で、右に2個の深いガードバンカーが配されている。
 
16番 パー3 135ヤード

名物ホール。景観の良い、豪快な下ろしのショート。グリーン手前から右は池に面し、グリーン左に2個のバンカーが配されている。グリーンは縦長の2面グリーンで、手前の面は受けている。

 

16番 パー3 135ヤード(3)

16番 パー3 135ヤード(2)

16番 パー3 135ヤード(1)
 
18番 パー5 556ヤード

左ドッグレッグの強い打ち下ろし。2オン可能。グリーンは縦長の砲台で3個のバンカーでガードされている。

 

18番 パー5 556ヤード(3)

18番 パー5 556ヤード(2)

18番 パー5 556ヤード(1)
 
余談
車でマラガ空港から30分、有名なリゾート都市マルベーリャから20分。ホテル併設。メートル表示だったので、ヤードに換算した。コースに隣接するホテルに泊まり、夕食はホテルのレストランで取った。味は普通。


ホテル

ホテル

コースのレストラン


デナー

デナー

デナー

設計者のアメリカ人、カベル・ロビンソンはロバート・トレント・ジョーンズの元で働いた後、独立した。彼の他のスペインでの作品はゴリスGC、フィンカ・コルテシンGC、ラ・レセルバGC、バジェ・ロマノGR、サンタナG&CC などがある。

トップ100ゴルフコースの(www.top100golfcourses.com)の2018年度スペインで第69位のベストコース。スペインには2017年時点で400コースある。



ミハス

ミハス

ミハス

周りには観光名所が多く、白い村ミハスには北東に30分、岸壁に築かれた街ロンダまで北西に1時間半。プレー後はロンダを観光してからロンダに泊まった。ロンダではパラドール(国営の歴史構造物のホテル)に泊まった。岸壁に建つホテルだ。イースター(復活祭)時だったので、運よくホテルの前で宗教行列を見ることができた。



ロンダ

ロンダ

ロンダのパラドール


ロンダのパラドール

復活祭の壮麗な行列

復活祭の壮麗な行列