レアル・レアル・プエルタ・デ・イエロ GC、アバジョコース
Real Club de la Puerta de Hiero (Abajyo Course)
コースデータ
所在地 スペイン、マドリード
コース長 7110ヤード パー72
コースレート 74.9
プレー日 2015年4月17日
設計者 ロバート・トレント・ジョーンズJr
オープン 1998年
キャディ なし
ゴルフカート あり (FW乗り入れ可)
評価
総合評価
4.80
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
5

36ホールある穏やかな傾斜地の展開する林間・パークランドコース。クラブ設立は1904年でハリー・コルト(1910s)、トム・シンプソン(1920s)を初め幾人かの著名設計者によって手を加えられたアリバコースと、今回プレーしたアバジョコースがある。どちらも素晴らしいコースだが、アバジョコースの方が少し評価は高い。アリバコース同様アバジョコースも1番ホールはパー3から始まる。7番ホールから12番ホールと難しいホールが続く。個性的なホールが多く、プレーしてとても楽しい。



クラブハウスからの景観

5番グリーンの景観

6番グリーンの景観

スコアカード
 
1番 パー3 224ヤード

1番グリーン

1番 パー3 224ヤード
少し打ち下ろしで谷越え。縦長グリーンで両サイドはバンカーでガードされている。距離があり、グリーンの横幅が狭いので難しいオープニングホール。
 
2番 パー4 419ヤード

2番 パー4 419ヤード(2)

2番 パー4 419ヤード(1)

左ドッグレッグのタイトなホール。ティショットでは右に2つの大きなFWバンカーが効いてくる。セカンドは強い砲台グリーンへの打ち上げ。グリーン右手前と右奥にバンカーが配されている。

 
3番 パー4 364ヤード

ストレートの短めのミドル。ティショットはFWに届くには215ヤードのキャリーが必要。グリーンは左右の3段状。グリーンの左は崖で手前に2個のバンカーが配され、しかもグリーンは小さいので正確なセカンドが必要。

 

3番 パー4 364ヤード(3)

3番 パー4 364ヤード(2)

3番 パー4 364ヤード(1)
 
5番 パー5 573ヤード

右へ右へと曲がっていて打ち上げていく長いミドル。ティショットは右コーナーのバンカー、セカンドは右コーナーの木立が効いてくる。段差の大きい2段グリーン。

 

5番 パー5 573ヤード(3)

5番 パー5 573ヤード(2)

5番 パー5 573ヤード(1)
 
8番 パー5 547ヤード

左ドッグレッグの急な打ち下ろし。ロングヒッターは2オン可。グリーンは狭く奥に下っていて4個のバンカーに囲まれているので、グリーンを狙うショットの正確性が要求される。

 

8番 パー5 547ヤード(3)

8番 パー5 547ヤード(2)

8番 パー5 547ヤード(1)
 
9番 パー4 464ヤード

左ドッグレッグの長いミドル。ティショットは急な打ち下ろし。セカンドは打ち上げ。グリーンの左は林、右はバンカーでガードされている。

 

9番 パー4 464ヤード(3)

9番 パー4 464ヤード(2)

9番 パー4 464ヤード(1)
 
11番 パー5 542ヤード

11番 パー5 542ヤード(2)

11番 パー5 542ヤード(1)
ストレートホール。ティショットは左FWバンカーに265ヤードで届く。セカンドは打ち下ろし。グリーンは縦長で右にバンカーが2個配されている。グリーンは強く受けていて、しかも左傾斜。
 
12番 パー4 444ヤード

12番 パー4 444ヤード(2)

12番 パー4 444ヤード(1)
やや右ドッグレッグ。セカンドは緩やかな打ち下ろし。縦に細長いグリーンの右は林、左と手前にはバンカーがある。セカンドの距離と正確性が求められるホール。真ん中が凹んだ3面グリーン。
 
13番 パー3 192ヤード

13番 パー3 192ヤード(2)

13番 パー3 192ヤード(1)
やや打ち下ろし。グリーンは左奥から右手前に少し傾斜。グリーン手前のガードバンカーが効いている。
 
15番 パー4 351ヤード

15番 パー4 351ヤード(2)

15番 パー4 351ヤード(1)
短いストレートホール。ティショットでは多くのFWバンカーが待ち受けているので、ドライバーかFWウッドを使うかの決断に迫られる。グリーンの手前と奥にバンカーが配され、グリーンのアンジュレーションは複雑でパットが難しい。
 
17番 パー3 231ヤード

17番 パー3 231ヤード(2)

17番 パー3 231ヤード(1)
豪快な打ち下ろし。グリーンの右のOBラインは浅く、グリーンの右手前にバンカーがある。グリーンは小さく受けている。
 
余談

マドリード市内にあるゴルフ場。市の中心に位置するプラド美術館から車で10分。滞在ホテルのウェスティン・パレス・マドリードからも車で20分弱。メートル表示だったので、ヤードに換算した。プレーにはメンバー同伴が必要。



レストラン

レストラン

トップ100ゴルフコース (www.top100golfcourses.com)の2018年度スペインで第10位のベストコース、ヨーロッパ大陸では第66位のべストコースにランクされている。スペインには2017年時点で400コースある。

設計者のロバート・トレント・ジョーンズJrのスペインでの他の作品は、アルカディアGG、ボンモントG&CCがある。彼の父のジョーンズSrはアンダルシア方面に数コース、有名なコースを設計している。



ウェスティン・パレス・マドリード

ウェスティン・パレス・マドリード


王宮

マヨール広場

プラド美術館

マドリードは王宮、マヨール広場、プラド美術館が三大観光名所。特にプラド美術館が素晴らしい。歴代スペイン王によって収集された収蔵品は世界屈指の美の殿堂。