大渓G&CC、東・中コース
Ta Shee Golf & Country Club - East & Center Course
大渓高爾夫球倶楽部、東・中區

コースデータ
所在地台湾、台北
コース長6653ヤード、パー72
コースレート 
プレー日2006年3月5日
設計者ロバート・トレント・ジョーンズJr.
オープン1993年
キャディあり
ゴルフカートあり
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
クラブハウス
 

美しい自然に恵まれたリゾート地にある、自然の地形を活かした丘陵・林間コース。東・中・西と各9ホール、合計27ホールを有するゴルフ場で、西コースは短いので、東・中コースがこのゴルフ場を代表する18ホール。要所に池を配し、戦略的なコースに仕上がっている。多くのホールでフェアウェイバンカーが効いており、それらは深いので、バンカーに入れないコースマネジメントが必要。コース内の手入れも行き届いており、プレーして楽しい。



クラブハウスからの景観

5番ティからの景観

11番グリーンの景観

 
1番 パー5 515ヤード

1番 パー5 515ヤード(2)

1番 パー5 515ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティからグリーンを望むと、緑濃い山が迫って見えて、ティショットを山に向かって打ち込む感じになる。ティショットと落とし所、左右にバンカーが巧みに配されている。
 
2番 パー3 173ヤード

2番 パー3 173ヤード(2)

2番 パー3 173ヤード(1)
池越えの、美しいショートホール。グリーン左は池に面し、右に逃げると2とのバンカーが待ち構えている。

 

4番 パー4 449ヤード
緩やかな打ち下ろしのストレートホール。池を越えれば、ダウンスロープになる。グリーンは細長く、左右をバンカーでガードされている。
 

4番グリーン

4番 パー4 449ヤード(2)

4番 パー4 449ヤード(1)
 
5番 パー5  558ヤード
右にOBが配された名物ホール。池越えのティショットの落下地点にも左右にバンカーがある。セカンドショットの場所からやや上がり坂の傾斜になるためグリーンがブラインドになる。
 

5番 パー5 558ヤード(3)

5番 パー5 558ヤード(2)

5番 パー5 558ヤード(1)
 
7番 パー4  386ヤード

7番 パー4 386ヤード(2)

7番 パー4 386ヤード(1)
ストレートホール。ティから池までは240ヤード。セカンドは池越えになり、グリーンと池の境界地帯に佇む岩並みが美しい。
 
9番 パー3 207ヤード

9番グリーン

9番 パー3 207ヤード
距離のあるショートホール。グリーンを挟んでバンカーがまるでカモメの両翼のようにデザインされている。プロのトーナメントでは、このホールが18番として使われる。
 
10番 パー4 375ヤード

10番 パー4 375ヤード(2)

10番 パー4 375ヤード(1)
緩やかの打ち上げの、ストレートホール。グリーンは深いバンカーに囲まれている。グリーンは真ん中が凹んだ3段グリーン。
 
13番 パー4 396ヤード

13番 パー4 396ヤード(2)

13番 パー4 396ヤード(1)
美しいストレートホール。ティから左の池まで210ヤードで、池がフェアウェイに食い込んでいる。セカンドショットはやや打ち上げで、細長のグリーンの手前を大きなバンカーがガードしているので、止まるボールが要求される。
 
15番 パー5 518ヤード
三日月みたいに左、左へと曲がっているホール。左コーナーのバンカーまでは260ヤード。グリーンは饅頭型なので、正確なアプローチショットが必要。
 

15番 パー5 518ヤード(3)

15番 パー5 518ヤード(2)

15番 パー5 518ヤード(1)
 
16番  パー4 164ヤード

グリーンから望む16番ホール

16番 パー4 164ヤード
池越えのショートホール。箱庭的な美しさを持つ。3つのバンカーが巧みに配されている。
 
余談

台北市内から車で60分、中正国際空港から40分。旅行会社、インタネットのゴルフ予約業者を通してプレーが可能。露天温泉風呂付高級リゾートホテル、高級別荘地を間近に配して、2005年度のAsia Golf Magazineでは台湾でのベスト・ゴルフリゾートに選ればれている。



レストラン

ホテル

東・中コースは公式には7150ヤードあるが、バックティからのプレーはできなく、ティは500ヤードほど短いフロントティだけが、一般プレーヤーが使えるティである。バックティはPGAのトーナメントしか使用していない。上級者にバックティを開放すべきだと思う。

1999年、欧州男子プロのジョニーウォーカークラシックが開催され、タイガーウッズがプレーに来た。この試合の開催のために大規模なコース整備、改良がなされた。

ロバート・トレント・ジョーンズJr.設計の他の台湾のコースは、サンライズ(揚昇)G&CCがある。