ヴァンチーGC
Van Tri Golf Club

コースデータ
所在地 ベトナム、ハノイ
コース長 7211ヤード パー72
コースレート 74.8
プレー日 2014年4月29日
設計者 ピーター・ルソー
オープン 2007年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4..40
コースレイアウト
4
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
5

フラットでウォターハザードを巧みに活かした美しいコース。バンカーの配地が素晴らしく、池がほとんどのホールで絡んでくるので、すべてのホールで高い戦略性が求められる。各ホール多様な攻略ルートを提供していて、いくつかのホールではターゲットゴルフを強いられ、ロングヒッターは果敢にグリーンを狙うか、安全に刻むかの決断に迫られ、ショットの落し所を間違えるとスコアがまとまらない、中上級者向けのコース。



クラブハウスからの景観

3番ティからの景観

4番ティからの景観


4番から望む9番グリーン

湖に浮かぶティグランド

コースを彩る草花

スコアカード
 
3番 パー4 428ヤード

3番 パー4 428ヤード(2)

3番 パー4 428ヤード(1)

やや左ドッグレッグのミドル。左フェアウェイバンカー越えは210ヤードのキャリーが必要。グリーンは55ヤードあるとても長い横長だが、奥行きは狭いのでセカンドの距離感が重要。ピンが左端に切られた時はグリーン左の池が効いてくる。

 
4番 パー3 201ヤード

4番 パー3 201ヤード(2)

4番 パー3 201ヤード(1)

浮島グリーンの美しいショート。グリーン左手前にバンカーが配されている。

 
8番 パー4 394ヤード

ほぼストレートのミドル。ティショットは池越えになり、180から235ヤードのキャリーが必要で左は池が効いてくる。セカンドは強い砲台グリーンに打っていく。グリーン左は池、右は林、手前は深いバンカーでガードされている。

 

8番 パー4 394ヤード(3)

8番 パー4 394ヤード(2)

8番 パー4 394ヤード(1)
 
9番 パー5 573ヤード

左ドッグレッグのロング。ティショットのバンカー越えは235ヤードのキャリーが必要。セカンドは左サイドの池に要注意。グリーンは砲台で、手前は深いバンカーでガードされている。サードはグリーン手前と右の池にも要注意。

 

9番 パー5 573ヤード(3)

9番 パー5 573ヤード(2)

9番 パー5 573ヤード(1)
 
11番 パー5 578ヤード

左ドッグレッグのロングでティグランドからグリーンまでは左に湖が続き、ティショットは湖越え。ティショットもセカンドもの落としどころが狭い。グリーンは強く受けていて右にガードバンカーがある。

 

11番 パー5 578ヤード(3)

11番 パー5 578ヤード(2)

11番 パー5 578ヤード(1)
 
13番 パー3 189ヤード

13番 パー3 189ヤード

右に池があるショート。グリーン右のガードバンカーは深いので入れないように。グリーンのほとんどは受けているが、奥の一部分は下り斜面。

 
14番 パー4 453ヤード

14番 パー4 453ヤード(2)

14番 パー4 453ヤード(1)

距離のあるストレートのミドルで、左サイドは湖が続く。ティショットはバンカー越えには240ヤードのキャリーが必要。グリーン左右の両サイド手前をバンカーでガードされている。

 
16番 パー3 188ヤード

16番 パー3 188ヤード(2)

16番 パー3 188ヤード(1)

池越えのショート。グリーン右にも左にも池がある。グリーンの手前に深いバンカーが1つ、奥にも2つのバンカーが配されている。グリーンは横長で中央が高く、そこから左右に下っている。

 
17番 パー5 603ヤード

左に曲がってから右に曲がるダブルドッグレッグの長いロング。ティショットはフェウェイが比較的広いが、ロングヒッターは右サイドのブラインドの池に注意。セカンドはグリーン手前80ヤード前後のフェアウェイにクリークが横切っているので、セカンドをその手前に止める方が安全。そのクリークは更にグリーンすぐ手前を横切っており、ピンが手前に切られている場合、そのクリークが効いてくる。グリーンの右と奥にも池がある。グリーンは中央に尾根が走り、複雑なアンジュレーションが施されている。

 

17番 パー5 603ヤード(3)

17番 パー5 603ヤード(2)

17番 パー5 603ヤード(1)
 
18番 パー4 393ヤード

18番 パー4 393ヤード(2)

18番 パー4 393ヤード(1)

左ドッグレッグのミドル。ティショットは左の池に注意。セカンドは池越えになり、グリーンのフロントとは左は池に面している。強い受けグリーンで左右にバンカーも配されている。

 
余談
ハノイ中心地から車で30分強、ノイバイ国際空港から車で20分。都心から最もアクセスが良いゴルフ場。ハノイの高級ゴルフ場で通常はメンバーで同伴でなければ基本的にプレーできないが、golfasian.comと言うサイトで申し込めた。格式が高く、サービスも一流と言われている。フルバックティはシングルハンディのプレーヤーは使用可能。

浴室

レストラン

ランチ

ピーター・ルソー設計の他のベトナムのコースは、ロイヤルGCがある。