北京国際GC
Beijing International Golf Club
北京国际高尔夫俱乐部
コースデータ
所在地 中国、北京
コース長 6900ヤード パー72
コースレート 73
プレー日 2008年9月30日
設計者 日本ゴルフ振興 
オープン 1986年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
3.50
コースレイアウト
3
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
4
 

史跡・明十三稜に隣接するなだらかな丘陵・林間コース。中国で4番目に古いゴルフ場。過去3度ボルボ・チャイナオープンが開催された。レイアウトは全体的に易しい造りで多くのグリーンのガードバンカーはグリーンから離れていてそれほど効いていないし、大小10前後ある池もプレシャーを感じるほどでもない。グリーンは大きく受けていてしかも速いのでパット巧者が高スコアーを出せるコースといえる。高台に立てられたクラブハウスからの眺めは素晴らしい。



クラブハウスからの景観

13番ホールに並ぶ見事な柳

コースを彩る花

 
2番 パー4 448ヤード

2番 パー4 448ヤード(2)

2番 パー4 448ヤード(1)
左ドッグレッグのタフなホール。ロングヒッターは左コーナーにある2本の木立越えで攻めたい。グリーンの右手前と左にバンカーが配されている。
 
3番 パー3 191ヤード

3番 パー3 191ヤード(2)

3番 パー3 191ヤード(1)
池超えのショート。グリーン両サイドはバンカーでガードされている。ティーグランドは木立に囲まれていて趣がある。
 
7番 パー5 476ヤード

7番 パー5 476ヤード(2)

7番 パー5 476ヤード(1)
左ドッグレッグの短いロング。2オン可能だが、ティーショットを左サイドに打つと次打が前方の木立でスタイミーになるので注意したい。クリーク越へのセカンドショットはグリーン左手前の池に注意。
 
17番 パー3 199ヤード

17番 パー3 199ヤード(2)

17番 パー3 199ヤード(1)
池越えの美しいショート。グリーンは横長。
 
18番 パー5 563ヤード

18番 パー5 563ヤード(2)

18番 パー5 563ヤード(1)
やや右ドッグレッグのロング。ティーショットでのファエウェイは広いが、大きく曲げると両サイドに配されたバンカーにつかまる。セカンドショットからは打ち上げになるので、実質600ヤードほどの距離のあるパー5になる。
 
余談

北京市街地から車で1時間半。明十三稜には車で5分。レストランでの日本食は美味しいとの評判。日本風呂あり。キャディは経験豊富。



浴場

豚の生姜焼き定食

日本ゴルフ振興設計のゴルフ場は日本では尾道GCを初め数コースの設計を手掛けている。海外では同じ中国の珠海GC、タイのバンプラ国際GCがある。