深圳ジューロンヒルズGC
Shenzhen Jiulong Hills Golf Club
深圳九龍山高爾夫球會

コースデータ
所在地中国、深圳
コース長6939ヤード、パー72
コースレート 
プレー日2005年1月18日
設計者サンブーン
オープン 
キャディあり
ゴルフカートあり
評価
総合評価
4.15
コースレイアウト
4
難易度
5
グリーンコンディション
3
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
 
谷間の地形に上手く造られたバレーコース。以前は三九健康基地と呼ばれていた。打ち下ろし、打ち上げ、右ドッグ、左ドッグと各ホールめざましく変化する。よくもこのような地形に戦略的なコースが造れたものだと感心できる。フェウェイ幅は狭く、各ホールにおいて左右の林かウォーターハザード効いているので、正確なショットが必要な上級者向けのコース。各ショット点から点で攻めるショットが要求される難コース。バンカーも数は多くないが、ショットの落とし所に絶妙に配置されている。なによりも素晴らしいのはこのコースを取り囲む大自然の景観で、大自然の中でプレーする醍醐味を実感出来る。
 
1番 パー4  399ヤード

1番 パー4 399ヤード (2)

1番 パー4 399ヤード (1)
打ち下ろしの短いミドルだが、危険がいっぱいのホール。フェアウェイはタイトで左は池、右はブッシュなり、要所要所でバンカーが良く効いているので、ティショットはプレッシャーになる。これらを背景に左に振られているグリーンはとても美しい。
 
2番 パー3 199ヤード

2番 パー3 199ヤード(2)

2番 パー3 199ヤード(1)
池越えのチャレンジングなホールでグリーンが半島方のように突き出ている。2段グリーンの右サイドと前面、後面も池になるので、正確なショットが要求されるショートホール。
 
5番 パー3  181ヤード

6番 パー3 181ヤード(2)

5番 パー3 181ヤード (1)
打ち下ろしの美しいショート。横に長いグリーンの前面はウォーターハザード。
 
6番 パー4 390ヤード

6番 パー4 390ヤード (2)

6番 パー4 390ヤード (1)
やや右ドッグ。ティショットは池越えで、フェアウェイ右は池にし、左にはバンカーが配されているので、このホールも正確なショットを打つ必要がある。セカンドはきつい打ち上げになる。横長のグリーンは中央のマウンドにより左右に分かれていて、そのマウンドの傾斜が強いため、ピンと違う面からのパットはほとんどの場合3パットになるので、正確なセカンドが必要。このマウンドの傾斜を小さくすれば、このホールはもっと良くなるだろう。
 
7番 パー4  386ヤード

7番 パー4 386ヤード(2)

7番 パー4 386ヤード(1)
左ドッグレッグ。ティショットは丘の頂上からの打ち下ろしで、セカンドは池越えになる。タフなセッテイングではないので、安心できるホール。ティからの景観は見事。
 
10番  パー4 439ヤード
1打目は豪快な打ち下ろしで、2打目はクリーク越えのやや打ち上げになる。グリーンに近づくにつれ、ホール幅が絞られていく素晴らしいレイアウト。
 

グリーンから望む10番ホール

10番 パー4 439ヤード(2)

10番 パー4 439ヤード(1)
 
11番  パー5 495ヤード

11番 パー5 495ヤード (2)

11番 パー5 495ヤード (1)
ティショットは打ち下ろしで、谷越えには220ヤードのキャリーが必要。2オン可能だが、グリーン周辺のバンカーは避けたい。
 
12番 パー3 212ヤード

12番 パー3 212ヤード
70メートルぐらいの豪快な落差がある打ち下ろしのショート。ティショットは池とバンカーをクリアーしなければならないのでショートは禁物。グリーンは受けているので、グリーンオーバーは返しのアプローチが難しくなる。グリーンに直接打たなければいけないので、このホールではクラブ選択が非常に重要。
 
13番 パー4 430ヤード

13番 パー4 430ヤード(2)

13番 パー4 430ヤード(1)
右ドッグで最後にグリーンは左に振られている。比較的狭いフェアウェイの両サイドは谷に接しているので、この打ち下ろしのティショットは非常に緊張する。小さいグリーンの両サイドとも危険があるので、セカンドショットも難しい。
 
15番 パー5 506ヤード

15番 パー5 506ヤード(2)

15番 パー5 506ヤード(1)
2オン可能な左ドッグ。セカンドは打ち下ろしになり、グリーン右手前からドローボールで攻めたい。グリーンの形状と、グリーン周辺の景観が美しい。
 
余談

深圳のミッションヒルズGCからタクシーで15-20分。ナイター設備がある。スターターにシングルハンディキャップの証明書を見せればフルバックティからプレー出来た。

このコースは何年オープン(たぶん1990年代後半)か、設計者のサンブーンは誰か分からなかったが、相当アップダウンがある上に、ターゲットゴルフを強いられるデザインなので、プレーヤーによって好き嫌いが分かられるであろう。個人的には好きなコースの1つである。