サンド・リバーGCABコース
Sand River Golf Club – AB Course
沙河高爾夫球會、AB場

コースデータ
所在地中国、深圳
コース長7120ヤード、パー72
コースレート73.9
プレー日2003年11月3日、2005年1月17日
設計者ゲーリー・プレーヤー
オープン1998年
キャディあり
ゴルフカートあり (土、日強制)
評価
総合評価
4.85
コースレイアウト
6
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
クラブハウス

A、B、Cコース、各9ホール合計27ホールあり、ABコースの組み合わせがこのクラブを代表する素晴らしいコース。レイアウトが非常にチャレンジングな造りで、大小様々な池、バンカーが戦略的に配置されているので、各ショットとも狙う場所を決め、点で攻めていかなければ、スコアーがまとまらない。コース全体がフラットなので、歩きでプレーしても疲れない。また、早くてスムーズな転がりをするグリーンがすばらしく、香港、深セン近辺ではベストなグリーンだと思われる。都心に位置するにも関わらず、コースの雰囲気は南国的な雰囲気が漂い、ゲーリー・プレーヤーがデザインしたコース内の造形美を含めて、独特な景観を醸し出している。


近代的なビル群

南国風の景観

2003年度にプレーした時はBCコースでその時の総合評価は4.20だった。ABコース評価の5.25から劣る理由はCコースの距離が短いのとレイアウトも際立った特徴がないのと同時に、プレー出来なかったAコースがあまりにも素晴らしいからである。しかしCコースは写真で見られるように、近代的ビル、マンション等が迫っていてホールとのコントラストが面白い。また、Cコースの、セカンドショットはグリーン奥に控えるモダンな造りのビルに向かって打っていく5番パー4とフェアウェイ左側は全て池の8番パー5はプレーして面白かった。

14番 パー4 395ヤード
Cコース 5番 パー4 395ヤード
17番 パー5 534ヤード
Cコース 8番 パー5 534ヤード
17番 パー5 534ヤード
Cコース ホールに迫るマンション

 
2番 パー5  596ヤード
距離のあるロングで穏やかな左ドッグから始まり、その後、右ドッグになる。ティショットは比較的狭いフェアウェイの右に接するバンカーと左に接する池が非常に効いているため、正確なショットが必要。グリーンに近づけば、近づくほどフェアウェイ幅が絞られていて、またそのフェアウェイ左は窪地になるので、セカンドをどのように打つか考えさせられる。グリーン右のバンカーは深いので要注意。

3番 パー3 198ヤード
2番 パー5 596ヤード(3)
3番 パー3 198ヤード
2番 パー5 596ヤード(2)
3番 パー3 198ヤード
2番 パー5 596ヤード(1)
 
4番 パー4  375ヤード
4番 パー4 457ヤード
4番 パー4 375ヤード(2)
4番 パー4 457ヤード
4番 パー4 375ヤード(1)
フェアウェイ中央に3個バンカーが並んでいて、ダブルフェアウェイを形成している。ティからはグリーン背後にある美しい近代的な高層ビル群と、このホールの自然のデザインとのコントラストがこのホールの景観をユニークにしている。横に細長いグリーンのピン位置が右サイドの時はセカンドが池越えになり、グリーンの縦幅もあまりないので、ピッタリの距離を打つ必要がある。
 
6番 パー3  182ヤード
6番 パー3 215ヤード
6番 パー3 182ヤード
池越え、バンカー越えのきれいなショートホール。3つの長いバンカーがグリーンを囲んでいる。
 
8番 パー4  458ヤード
14番 パー4 395ヤード
グリーンから望む8番ホール
14番 パー4 395ヤード
8番 パー4 458ヤード
ティショットでは右はOB、左は池になる。セカンドショットはグリーン奥に控えるモダンな造りのビルに向かって打っていく。
 
9番 パー4  406ヤード
ほぼストレートなホール。フェアウェイの右にヤシ、左には池があるので、正確なティショットが必要。ピン位置が右の時は池越え、深いバンカー越えに加え、ピンのすぐ右も池になるので、セカンドショットは非常に難しくなる。

17番 パー5 534ヤード
9番 パー4 406ヤード(3)
17番 パー5 534ヤード
9番 パー4 406ヤード(2)
17番 パー5 534ヤード
9番 パー4 406ヤード(1)
 
12番  パー3 198ヤード
17番 パー5 534ヤード
12番 パー3 198ヤード
美しいパー3。左右に50ヤードの長さがあり、しかもアンジュレーションのあるグリーンが特徴。
 
13番  パー4 457ヤード
90度に曲がる左ドッグレッグで、距離が長くフェアウェイはうねっている。フェアウェイ左側にあるバンカーの右横がベストルートで、表示距離より30から40ヤード短くなる。たとえバンカーに入っても浅いので次のショットでグリーンを狙えるが、それ以上左に行くとボールはハザードに消える。

17番 パー5 534ヤード
13番 パー4 457ヤード(3)
17番 パー5 534ヤード
13番 パー4 457ヤード(2)
17番 パー5 534ヤード
13番 パー4 457ヤード(1)
 
15番  パー3 215ヤード
17番 パー5 534ヤード
15番 パー3 215ヤード(2)
17番 パー5 534ヤード
15番 パー3 215ヤード(1)
池越えのパー3で200ヤードのキャリーは必要。グリーンショートは禁物で、オーバーであればパーセイブできる可能性が高い。また、スライスがかかりすぎてもグリーン右の池に捕まる。
 
余談

クラブハウスの横にホテルがあり宿泊できる。またCコースはナイター設備がある。

スターターにシングルハンディキャップの証明書を見せればバックティからプレー出来た。

ゲーリー・プレーヤーは世界で200コース、アジアでも30コースほど設計を手がけていて、香港のカウ・サイ・チャウ・パブリックGC、インドネシアのリア・ビンタン・リゾートが有名。他に日本では真名CC、タイではシラーチャーGC、中国では肇慶R&GC、フィリピンではプエルトアズールB&CC、オーチャードGC・プレーヤーコースがある。