上海シルポートGC、東・中コース
Shanghai Silport Golf Club-East & Center Course
上海旭宝高爾夫倶樂部
、東・中

コースデータ
所在地中国、上海
コース長 6795ヤード パー72
コースレート 73.3
プレー日2005年9月29日
設計者ボビー・マーチン
オープン1995年
キャディあり
ゴルフカート あり (台数に限りあり)
評価
総合評価
4.10
コースレイアウト
(推測)4
難易度
(推測)4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
*今回、フルバックティより450ヤードほど短い青ティからのプレーだったのでコースレイアウトと難易度は推測とした。 
 
フラットな地形に自然の池、川、クリークなどを配した、戦略的なコース。フェアウェイ両サイドがウォーターハザードのホールがいくつもある。フェアウェイもほどほどにアンジュレーションが施され、フラットな立地に変化をもたせている。西、中、東と3つの9ホールを持ち27ホールのゴルフ場であったが、2006年に北ホールの9ホールが完成し、合計36ホールになった。この東中コースは距離が短くてより簡単。 北西コースは7200ヤードを超える長さの手強い18ホールで、それまで中西コースでヨーロッパPGAボルボオープンが開催されていたが、2006年からは北西コースで開催されるようになった。
 


クラブハウスからの景観 

景観

景観

 
1番 パー4 478ヤード

1番 パー4 478ヤード(2)

1番 パー4 478ヤード(1)
緩やかな右ドッグレッグ。フェアウェイから右サイドは池で左サイドは林。グリーン手前のバンカーが効いている。良いレイアウトだが、パー5としてはあまりにもサービスホール。少し短い青ティの453ヤードを使いタフなパー4に変更すべきだと思う。
 
6番 パー3 205ヤード

6番 パー3 205ヤード
チャレンジングなショートホール。グリーン左右と奥はウォーターハザード。池の中にグリーンとフェアウェイが浮かんでいるように見える。17番ホールの方がパー3としては有名なようだが、戦略性、自然的な景観においてはこの6番の方が素晴らしい。
8番 パー5 503ヤード
2オン可能なパー5。軽く右ドッグした後、ストレートなホールで見事なレイアウトを有する。ティショットでは左のバンカーには235ヤードで届く。ティショットもセカンドショットも落し所が狭く、右サイドは池なので正確なショットが必要。横長のグリーンの手前にはバンカーが絶妙に配されている。このホールはフォローの風が吹くので、表示距離以上に簡単なホールである。
 

8番 パー5 503ヤード(3)

8番 パー5 503ヤード(2)

8番 パー5 503ヤード(1)
 
9番 パー4 406ヤード

9番 パー4 406ヤード(2)

9番 パー4 406ヤード(1)
ほぼストレートなホールでグリーンは右に振られている。ティショットでは右の池、左の林が気になる。セカンドショットではグリーン手前の池とバンカーが効いてくる。グリーンは傾斜が強い。
 
14番 パー5 574ヤード

14番 パー5 574ヤード(2)

14番 パー5 574ヤード(1)
急角度で右に曲がるドッグレッグ。ロングヒッターは右サイドの木立越えを狙うとショートカットになる。セカンドショット以降は両サイドと林でガードされた林間風の趣になる。
 
17番 パー3 185ヤード

17番 パー3 185ヤード(2)

17番 パー3 185ヤード(1)
大きいアイランドグリーンに打っていく、人工的な美しさを持つホール。グリーンを目に鮮やかな白い砂の大きなビーチバンカーが取り囲む。美しいがそれほどタフではない。
 
18番 パー5 554ヤード

18番 パー5 554ヤード(2)

18番 パー5 554ヤード(1)
ほぼストレートなホールで最後にグリーンは左に振られている。グリーン手前100ヤード前後には、左側に池があり、右側にブラインドのクリークがフェアウェイを横断している。セカンドをクリーク手前に刻むか、果敢にクリーク、池越えを狙うかを選択することができる。
余談

レストラン

上海市内から車で50分。ビジターのプレーは、平日はメンバーの紹介、土日はメンバーの同伴が必要。旅行会社を通じての予約も可能。クラブハウスの施設は良く、サウナとジャクジバスもある。

フルバックティからのプレーは、土、日は難しく、平日のプレーで予約時に事前申請して、ハンディキャップ9以下の証明書をキャディマスターに見せれば可能とのこと。