アジール (中山長江) G&CCBコース
Agile Golf & Country Club – B Course
雅居楽長江高爾夫球會、B場

コースデータ
所在地中国、広東省、珠海・中山
コース長7238ヤード、パー72
コースレート74.4
プレー日2004年11月22日
設計者リー・シュミット、ブライアン・カーリー
オープン2000年
キャディあり
ゴルフカートあり (強制)
評価
総合評価
4.25
コースレイアウト
4
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4

 

クラブハスウスからの景観
 

合計36ホールあり、各18ホールが違う設計者で造られている。このBコースはAコースより、よりフラットで距離が長い。ニクラウス設計コースによく見られる手法で、多くのバンカーとウォーターハザードで各グリーンはしっかりガードされている。グリーン周辺の造形も、柔らかい繊細な造形ラインが出ていて美しい。

 
2番  パー3 189ヤード

2番 パー3 189ヤード
池越えのチャレンジングなショートホール。グリーンは池だけでなく、バンカーでもガードされている。
 
3番 パー4  398ヤード

3番 パー4 398ヤード(2)

3番 パー4 398ヤード(1)
急な左ドッグで、フェアウェイの左サイドは池に面する。ティショットは池越えになり、池を怖がり右に逃げるとセカンドの距離が遠くなる。グリーンは砲台で2段になっている。
 
4番  パー5 549ヤード

自然の池をフェアウェイ右に配したすばらしいレイアウトのパー5。比較的狭いフェアウェイの右は水、左は山が効いているため、ティショットは難しい。セカンドはグリーン手前150ヤード前後のフェアウェイを横切る池越えになり、サードは右に振られていて、半島状に池に突き出た形をしているグリーンに向かって打っていく。グリーンは左右の2段で傾斜が非常に強い。傾斜の下の段は右サイドで、そこがピン位置の場合、グリーンのほとんどが水に囲まれているため、緊張を強いるアプローチショットになる。

 

4番 パー5 549ヤード(3)

4番 パー5 549ヤード(2)

4番 パー5 549ヤード(1)
 
6番  パー5 558ヤード
打ち上げのホールで形状の美しいバンカーがやたら目に付く。第1、2、3打目ともショットの落し所近辺にバンカーが絶妙に配置されている。グリーンは緩やかなアンジュレーションのある3段。
 

6番グリーン

6番 パー5 558ヤード(2)

6番 パー5 558ヤード(1)
 
9番  パー4 372ヤード

このホールもバンカーの配置が美しい。フェアウェイ右半分に数個のバンカーが並び、230ヤードのティショットで届く。セカンドは打ち上げなり、グリーン手前のバンカーは極端に深いのでショットをショートはすべきでない。グリーンに届いたとしても、スピンが良くかかった止まるボールでなければ、グリーン奥のラフまで簡単に転がり、返しのアプローチが良くなければパーセーブも難しい。

 

9番 パー4 372ヤード(3)

9番 パー4 372ヤード(2)

9番 パー4 372ヤード(1)
 
13番  パー4 448ヤード

13番 パー4 448ヤード(2)

13番 パー4 448ヤード(1)
距離の長いミドルホール。砲台グリーンの手前と右をバンカーがガードしている。
 
17番  パー3 200ヤード

17番 パー3 200ヤード
池越え、打ち下ろしのショート。このホールもグリーン、池、バンカーのコントラストが美しい。
 
18番  パー5 559ヤード
プレーして非常に面白いパー5。ティショットではブラインドになるのが少し欠点だが、2打目、3打目では設計者がどう攻めるのかと問い掛けているように複数の攻略ルートがある。セカンドではクリークを挟んで、フェアウェイが左右に分かれていて、右のフェアウェイは池越えになるが、サードでグリーン左がクリークに面しているためフッカーのアプローチショットは注意が必要。セカンドで左のフェアウェイを選んだ場合、右のクリークを避けて左の方にショットを押し出した時にはそこは斜面になるのでサードが極端に難しくなる。フェアウェイに運んだとしても、グリーン前面が池に面しているため。アプローチショットを少しでもショートするとクリークに捕まる。
 

18番 パー5 559ヤード(3)

18番 パー5 559ヤード(2)

18番 パー5 559ヤード(1)
 
余談

このコースのクラブハウスは豪華。香港から中山港までフェリーで1時間半、中山港からクラブバスで20分。珠海からタクシーで45分。

最長のゴールドティからプレーするには、1週間前までに書面にてクフブ側に正式に申し込む必要がある。

リー・シュミットはピート・ダイのアシスタントを7年間務め、ジャック・ニクラウスとパートナーを組んだ。リー・シュミット、ブライアン・カーリーとジャック・ニクラウスの共同の設計は、中国ではスプリングシティ(春城)G&LR・マウンテンコース中山温泉GC・ジャック・ニクラウスコース、日本では石岡GC六甲国際GC(再設計)、ザ・トラディションGC、プレジデントGC、ニューキャピタルGG、山陽GC(再設計)、サン・ベルグラビアCC、ベアパウズジャパンCC、マレーシアではスンガイロングCC、タイではスプリングフィールド・ロイヤルCCがある。また、世界最大のゴルフ場、10コースを持つミッションヒルズの内、ファルドコース、尾崎コースを始め何と8コースもの共同設計者である。

他のアジアでのリー・シュミット、ブライアン・カーリーの単独での設計コースは、日本ではグランディ浜名湖GC、タイではアマタスプリングCCチェンマイ・ハイランズG&SRムアンゲオGC(再設計)がある。