ミッションヒルズGC、ワールドカップコース
Mission Hills Golf Club – World Cup Course
觀瀾湖高爾夫球會、世界杯球場

コースデータ
所在地中国、深圳
コース長 7294ヤード、パー72
コースレート74.2 (推測)
プレー日2004年10月26日
設計者ジャック・ニクラウス
オープン1994年
キャディあり
ゴルフカートあり (強制)
評価
総合評価
4.30
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
3
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
注:7104ヤードで73.6 だったが、最近の改造で200ヤード以上伸びたため74.2と推測。
 
ほぼフラットな距離の長いコースで、7300ヤードを越える。多くのホールでティからグリーンが望めることができるのは好感。全体的に厳しいセッテングはあまりなく、フェアウェイも比較的広いので、トータルヤーデージの長さほどは難しくない。ただ、ミスショットは必ず次のミスを招きやすくなる。結果オーライのショットを許さないレイアウトの素晴らしさがある。Inの9ホールは特に完成度が高く、各ホール目覚しく変化するダイナミックなゴルフが楽しめる。

クラブハウスからの景観

18番グリーン後方からの景観

 
4番 パー4 424ヤード
やや右ドッグでティショットは池とバンカー越え。セカンドは緩やかな打ち上げで、グリーン左手前のバンカーと池が効いている。このホールの景観はとても美しい。
 

4番 パー4 424ヤード(3)

4番 パー4 424ヤード(2)

4番 パー4 424ヤード(1)
 
9番 パー4 452ヤード

9番 パー4 452ヤード(2)

9番 パー4 452ヤード(1)
距離のある左ドッグレッグでフェアウェイは狭い。セカンドは打ち上げ。グリーンは2段。
 
11番 パー5 560ヤード
ティショットは打ち下ろしになるため、ロングヒッターは2オン可能。ただ、グリーン手前を横切る池により、2オンを狙うか池の手前に刻むか決断を迫られる。グリーンとグリーン周りの景観が素晴らしい。
 

11番 パー5 610ヤード(2)

11番 パー5 610ヤード(2)

11番 パー5 610ヤード(2)
 
14番 パー4 454ヤード

14番 パー4 454ヤード(2)

14番 パー4 454ヤード(1)
やや打ちあげで距離のあるミドル。ティショットは200ヤードの池越え。セカンドはグリーン手前のバンカーが効いている。大自然の景観を楽しめるホール。
 
16番 パー5 539ヤード
素晴らしい景観とレイアウトを有する、2オン可能なロング。ティショットは打ち下ろしになり、狭いフェアウェイと絶妙に配されたバンカーにより、距離だけでなく正確なショットが要求される。セカンドからは狭いフェアウェイ右にある池がグリーン右面まで伸びているので、少しでもスライスすると、池に捕まる。またフェアウェイ左サイドには、セカンド落し所にもバンカーが絶妙に配されているため、左右ぶれないショットが必要。全て正確なショットを打てばバーディというご褒美があるが、ショットを曲げればボギーを簡単に叩くホール。このホールは2004年に大改造された。昔のレイアウトでは今のティショットの落し所が池かブッシュで、池の右側に用意されたフェアウェイに打つ必要があった。このフェアウェイは今のレイアウトでは存在しない。セカンド、あるいはサードショットは、グリーン前面まで池の淵が食いこんでいる池越えになるダイナミックな左ドッグだった。この以前のレイアウトは米国ゴルフマガジン誌にて2000年度世界のベスト500ホールに選ばれている。新しいレイアウトは再度ベスト500ホールに選ばれるかどうか分からないが、クラブ側のコメントはよりチャレンジングになったと言う。個人的には前のレイアウトの方が好きだが、今のレイアウトでも十分楽しめる。
 

グリーンから望む15番ホール

16番 パー5 539ヤード(2)

16番 パー5 539ヤード(2)
 
18番 パー4 459ヤード

18番 パー4 459ヤード(2)

18番 パー4 459ヤード(1)
セカンドは打ち上げになるので、表示距離より30ヤードほど長い。グリーン手前に4つのバンカーが美観と戦略性を高めている。2段グリーンの傾斜は強い。パーを取れれば大変うれしいホール。
 
余談

香港からクラブ所有の車で1時間半。大型クラブバスでなく、車なので税関を通る時間を大幅に短縮できるだけでなく、税関での乗り降りの回数が少なくなるので非常に楽だった。隣接するホテルの部屋は非常に心地良くレストランでの食事も美味しい。



ホテル

ホテルの部屋

レストラン

2003年にプレーしたことがありその時、人気コースだけにプレーヤーが多くフェアウェイコンディションが悪かったが、1年前の2003年末にフェアウェイの芝が張り替えられたようで、今回はフェアウェイの状態は良かった。

1995年にワールドカップを主催したので一躍有名になった。2004年、2005年にも日本対その他のアジアでの団体戦のダイナーズ・カップも主催した。

中国でのジャック・ニクラウス設計コースは他に、スプリングシティ(春城湖畔度暇村)G&LR・マウンテンコース華彬国際(パインバレー・インターナショナル)GC上海リンクスG&CC蘇州中興(蘇州サンライズ)GC、杭州西湖国際(杭州ウエストレイク・インターナショナル)G&CC、南湖GCC中山温泉GC・ジャクニクラウスコース、江門ファウンテン・パームGC、梡櫚島(パームアイランド)GCなどがある。

 
 

10人の設計者の写真

ミッ ションヒルズは2004年現在全10コース、180ホールのゴルフ場で世界最大のホール数を持つゴルフ場である。それまでは、アメリカの8コースのパインハースト・リゾートが最大だった。写真は世界で有名なプレーヤー及びレッスンプロ合計10人の設計者達。ジャック・ニクラウスビジェイ・シンニック・ファルドアーニー・エルスジャンボ尾崎グレッグ・ノーマンアニカ・ソレンタムレッド・ベターホセマリア・オラサバルローズ・ポルター設計の10コースである。2007年度にピート・ダイコースと張連偉コース(パー3コース)が追加され12コース、216ホールのゴルフ場になった。