ミッションヒルズGC、ピート・ダイコース
Mission Hills Golf Club (Pete Dye Course)
觀瀾湖高尔夫球场会 (北戴球场)

コースデータ
所在地 中国、深圳
コース長 6828ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2012年12月6日
設計者 ピート・ダイ
オープン 2007年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.00
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4


クラブハウスからの景観

丘陵地に展開する少しトリッキーなコース。パー3、パー4は全体的にあまり特徴がないが、パー5で面白いホールが多い。起伏が激しいグリーン、深く傾斜したバンカー、ポットバンカー、バンカー内の枕木、長くて巨大な砂地などダイ設計の魅力がこのコースでも発揮されている。

1番 パー4 427ヤード

1番 パー4 427ヤード(2)

1番 パー4 427ヤード(1)

左ドッグレッグのミドル。ティショットの落とし所はややタイトでフェアウェイ左側に広がる3つのバンカーに要注意。グリーンは砲台で左には2つのバンカーが配されている。

 
4番 パー5 554ヤード

やや右ドッグレッグのロング。ティショットは20メートルの打ち下ろしになり250ヤード地点左右にバンカーが配されている。ロングヒッターはこれらのバンカーにつかまらなければボールが下り傾斜で転がるので2オンが狙える。但しグリーン前面と右は池なので刻むか狙うかの決断に迫られる。グリーンは横幅のあまりない2段グリーン。

 

4番 パー5 554ヤード(3)

4番 パー5 554ヤード(2)

4番 パー5 554ヤード(1)
 
6番 パー5 589ヤード

やや左ドッグレッグの長いロング。ティショットは打ち下ろしになり270ヤード地点のフェアウェイが狭くなっている。横長のグリーンは砲台で、手前は深いバンカーでガードされ、グリーン左は急傾斜の下りスロープになっている。

 

6番 パー5 589ヤード(3)

6番 パー5 589ヤード(2)

6番 パー5 589ヤード(1)
 
10番 パー3 192ヤード

10番 パー3 192ヤード
打ち下ろしの難しいショート。グリーンは縦に細長く、左は深いバンカー、急斜面、ブッシュが配されているので、安全な右から攻めたい。

 

 
13番 パー5 523ヤード

左に曲がってから右に曲がるS字型のロング。ティショットは打ちおろしになり左右に広がるフェアウェイバンカーは避けたい。セカンド、サードは打ち上げ。グリーンは傾斜の強い2段グリーン。

 

13番 パー5 523ヤード(3)

13番 パー5 523ヤード(2)

13番 パー5 523ヤード(1)
 
14番 パー4 338ヤード

右ドッグレッグの短いミドル。フェアウェイの右はとても長い砂地が配されティショットの落とし所が狭まれている。そのバンカーを越えるには270ヤードのキャリーが必要。グリーンは強く受けている。

 

グリーンから望む14番ホール

14番 パー4 338ヤード(2)

14番 パー4 338ヤード(1)
 
18番 パー5 611ヤード

やや左ドッグレッグのとても距離のあるロング。ティショットは打ちおろしで谷越えになり、フェアウェイは左に急傾斜している。左は長いバンカーがあり左のOBラインも浅いのでティショットのひっかけボールは禁物。セカンド、サードショットも左のOBラインが浅いので要注意。サードショットは打ち上げになり、グリーンは強い砲台。グリーン手前から左に広がるバンカーはとても深いので捕まらないように。

 

18番 パー5 611ヤード(3)

18番 パー5 611ヤード(2)

18番 パー5 611ヤード(1)
 
余談
香港・深圳の皇崗ボーダーから車で20分、深圳クラブハウスからシャトルバスで20分。クラブハウスはファルドコースと共有している。

ミッションヒルズGCは現在12コース、216ホールで世界最大のホール数を持つゴルフ場である。ジャック・ニクラウスビジェイ・シンニック・ファルドアーニー・エルスジャンボ尾崎グレッグ・ノーマンアニカ・ソレンタムレッド・ベターホセマリア・オラサバルローズ・ポルターピート・ダイ、張連偉(パー3コース)設計の12コース。



レストラン

朝食

ピート・ダイコースとファルドコースは隣接していてクラブハウスを共有している。ピート・ダイ、ダイ・デザイン社設計の他のアジアでのコースは西海岸GCがある。