グヌングリスCC 、イーストコース
Gunung Geulis CC – East Course

コースデータ
所在地 インドネシア、ジャカルタ
コース長 6634ヤード パー72
コースレート 73.2
プレー日 2008年7月19日
設計者 ピーター・トムソン(トムソン、ウォルバーリッジ&ペレット)
オープン 1994年
キャディあり
ゴルフカート あり (強制)
評価
総合評価
4.20
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
クラブハウス
 

クラブハウスからの景観

“美しい山“というコース名をもっている山岳コース。標高500メートルなので少し涼しく、名前どおりに素晴らしい山の景観を味わえる。ウェストとイーストコースの36ホールあり、イーストコースの方がフェアウェイ狭いぶん少しだけ難しくなる。2つのコースのレイアウトは異なるが、どちらもプレーして楽しく、また眺望も楽しめる。グリーンは傾斜があり難しい。このイーストコースではアウトとインの趣が異なり、オウトはバレーコースと呼ばれ山間の谷に展開し、ヒルコースのインは山腹の丘陵地に展開する。特にアウトの各ホールには変化がありプレーして楽しい。

 
1番 パー4 405ヤード

ほぼストレートの50メートルほどの急な打ち下ろしのミドルホール。ティーから270ヤード先に谷があり、急な打ち下ろしと、着地後のランにより3ウッドでも谷まで転がるリスクがある。ドライバーを使うなら、右フェアウェイバンカー越えの30ヤード幅のフェアウェイに落とすしかないが、成功すればサンドウエッジでセカンドショットを打てるのでバーディーが狙えるが、失敗すれば大叩きになる。普通はアイアンでティーショットを刻み、セカンドショットは谷越えの急な打ち下ろし。グリーンは横長で手前のガードバンカーが効いている。

 

グリーンから望む1番ホール

1番 パー4 405ヤード(2)

1番 パー4 405ヤード(1)
 
2番 パー3 159ヤード

右上から望む2番グリーン

2番 パー3 159ヤード(1)
打ち上げで谷越えのショートホール。グリーン手前は深いバンカーでガードされており、周りを深い谷に囲まれている。右サイド以外の3方はグリーンに乗らなければ急な下りスロープで谷まで転がり落ちるリスクがある。正しいクラブ選択と、正確なショットが特に要求されるホール。
 
3番 パー5 544ヤード
左ドッグレッグの難ホール。ティーショット、セカンドと打ち下ろしで、サードショットは打ち上げ。両サイドのジャングルが迫り出していて、狭いので各ショット正確性が必要。グリーン左サイドはハザードに面する。

3番 パー5 544ヤード(3)

3番 パー5 544ヤード(2)

3番 パー5 544ヤード(1)
 
5番 パー4 372ヤード

左ドッグレッグの比較的短いミドルホール。セカンドショットは谷越え。グリーンは砲台で、左には2つのバンカーと谷が待ち構えている。


5番横から望むグリーン

5番 パー4 372ヤード(2)

5番 パー4 372ヤード(1)
 
7番 パー5 533ヤード

ほぼストレートの打ち下ろしていくロングホール。ティーショットでは左のOBは浅いので注意。セカンドショットのフェアウエィは右に急傾斜している。グリーンは砲台形。


7番 パー5 533ヤード(3)

7番 パー5 533ヤード(2)

7番 パー5 533ヤード(1)
 
9番 パー3 205ヤード

9番 パー3 205ヤード(2)

9番 パー3 205ヤード(1)
野性味のあふれるショートホール。グリーン右から奥はジャングルで囲まれている。グリーンは砲台形。
 
13番 パー4 469ヤード
やや左ドッグレッグの打ち上げていくロングホール。ロングヒッターは2オン可能だが、グリーン手前を横切るクリークが厄介になる。3打目地点からはクリーク超えのグリーン面が見えない。
 

13番 パー4 469ヤード(3)

13番 パー4 469ヤード(2)

13番 パー4 469ヤード(1)
 
14番 パー3 213ヤード

14番 パー3 213ヤード(2)

14番 パー3 213ヤード(1)
打ち下ろしのショートホール。グリーンは砲台で、手前と両サイドにバンカーが配されているので、直接グリーンを捉えるショットが必要。
 
18番 パー4 457ヤード

18番 パー4 457ヤード(2)

18番 パー4 457ヤード(1)
ストレートの長いミドルホール。ティーショットは打ち下ろしになり、右のOBラインは浅いのでスライスボールに要注意。セカンドショットは打ち上げ。

 
余談

キャディ

ジャカルタ市内から車で1時間、空港から車で1時間半。平日はビジターだけのプレーは可能だが、土日はメンバー同伴が必要。景観の良い浴場とサウナあり。フルバックのティーからのプレーは自由に出来た。表示距離はメートルなのでヤードに換算した。

他のインドネシアでのピーター・トムソン(トムソン、ウォルバーリッジ&ペレット)設計コースはジャゴラヴィG&CCバリ・ハンダラ廣済堂CCロンボック・ゴルフ廣済堂CCフィナG&CCムラピG&MRマウンティン・ビューGC、アナイGRがある。



浴場

レストラン

オックステールのスープ