ジャゴラヴィG&CCZ-ナイン コース
Jagorawi Golf & Country Club – Z-Nine Course

コースデータ
所在地 インドネシア、ジャカルタ
コース長 3135ヤード パー35
コースレート 72.3
プレー日 2008年7月16日
設計者 ザキール& マックス・ウェックスラー
オープン 1997年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.05
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
クラブハウス
 
ジャゴラヴィG&CCは合計45ホールで、オールドコースニューコースとこの9ホールのZコースがある。シニアクラスのプレーヤーのための9ホールと言われているが、なかなか手強い本格的な9ホールの丘陵コースになっている。距離はパー35で3100ヤード強(18ホール換算では、パー70で627ヤード)とあまり長くないが、9ホール中6ホールで川が絡み、各ショットの落とし所が狭く、ハザードも良い位置に配されているので、正確性と強いメンタルコントロールが要求される。

 
2番 パー4 393ヤード
2番 パー3 145ヤード
2番 パー4 393ヤード(2)
2番 パー3 145ヤード
2番 パー4 393ヤード(1)
強い右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットの落とし所は、両サイドのハザード、右サイドの3つのバンカーにより狭い。セカンドショットは川越え。

4番 パー5 530ヤード

やや右ドッグのロングホール。ティーショットは比較的狭いフェアウェイの左右にジャングルが迫り出していので、緊張を強いられる。横長のグリーンは前面をウォーターハザード、後面は深いバンカーでガードされている。グリーン背後のOBラインは浅いので、グリーンオーバーには注意。

 

2番 パー3 145ヤード
4番 パー5 530ヤード(3)
2番 パー3 145ヤード
4番 パー5 530ヤード(2)
2番 パー3 145ヤード
4番 パー5 530ヤード(1)
 
5番 パー4 385ヤード
ストレートで打ち下ろしていくミドルホール。ティーショットは川越えになり、右サイドに大きなバンカーがあり、落とし所が狭い。セカンドショットも川越え。グリーン背後の南国風の樹木が美しい。
 

2番 パー3 145ヤード
5番グリーンから
2番 パー3 145ヤード
5番 パー4 385ヤード(2)
2番 パー3 145ヤード
5番 パー4 385ヤード(1)
 
8番 パー5 498ヤード
やや左ドッグレッグの比較的短いロングホール。ティーショットの落とし所はジャングルに囲まれていて狭いので、正確なショットが必要。セカンドショットは緩やかな打ち上げ。グリーンは砲台形。
 

2番 パー3 145ヤード
8番 パー5 498ヤード(3)
2番 パー3 145ヤード
8番 パー5 498ヤード(2)
2番 パー3 145ヤード
8番 パー5 498ヤード(1)
 
9番 パー3 225ヤード
2番 パー3 145ヤード
9番 パー3 225ヤード
川越えで打ち下ろしの距離のあるショートホール。横長のグリーンは強い砲台形で、手前は4つの深いバンカーでガードされている。しかもグリーンの奥行きはあまりないので、打ち下ろしを考慮に入れた正しいクラブ選択が必要。グリーンはジャングルの静寂の中で佇んでいるように見えて、存在感がある。
 
余談
ジャカルタ市内から車で40分、空港から車で70分。平日はビジターだけのプレーは可能だが、土日はメンバー同伴が必要。サウナ、浴場、マッサージ室あり。ロッジ完備。日本式のカレーライスは美味しかった。バックティの黒ティーからのプレーは誰でも可。表示距離はメートルなのでヤードに換算した。

2番 パー3 145ヤード
レストラン
2番 パー3 145ヤード
浴場

ザカイヤーはジャゴラヴィG&CCのオーナー。他のアジアでのマックス・ウェクスラー設計の他のコースは、タイではラグーナ・プーケットGC、パームヒルスGC、マレーシアではグレンマリーG&Cグナン・ラヤGRがあり、シンガポールではタナメラGC・タンピネスコースセントーサGC・タンジョンコースナショナルサービスR&CCがある。