ブキットプランギ(レインボーヒルズ)G&CC
Bukit Pelangi (Rainbow Hills)Golf & Country Club

コースデータ
所在地インドネシア、ジャカルタ 
コース長 6878ヤード パー72  
コースレート73.5 
プレー日2007年7月22日 
設計者J・マイケル・ポーレット、JMPグループ 
オープン1994年 
キャディあり 
ゴルフカート あり (強制)  
評価
総合評価
4.05
コースレイアウト
#4
難易度
#3
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
クラブハウス

# 6447ヤードの青ティからのプレーだったが、コースレイアウトと難易度は6878ヤードの黒ティからのプレーをしたとして推測した。

 

見事な眺望の山岳コース。打ち下ろし、打ち上げ、ドッグレッグのホールと変化があり、ダイナミックなプレー楽しむことができる。13番ホールは景観、レイアウトともに特に素晴らしい。ブキットプランギがローカルでのコース名で、レインボーヒルズはその英語名。高所に位置するため、ジャカルタ周辺のコースと比べて比較的涼しい。


景観

景観

18番グリーンの景観
 
1番 パー4  424ヤード

1番 パー4 424ヤード(2)

1番 パー4 424ヤード(1)
やや左ドッグレッグのホール。左のハザードはティからグリーンまで続く。グリーンは横に長く、手前のガードバンカーが効いている。
 
4番 パー5  524ヤード

4番グリーン
全ての左サイドはジャングルになる、左ドッグレッグのロング。ティショットはやや打ち下ろし、セカンド、サードシヨットは打ち上げ。セカンドの落下地点はスプリットフェアウェイを形成しており、ショートカットの左側のフェアウェイはつま先上がりのライから打ち上げのアプローチショットになり、右側のフェアウェイは距離は長くなるが、フラットなライから打つことができる。グリーン左は崖になる。このホールのバンカーの配置は巣晴らしい。 

4番 パー5 524ヤード(3)

4番 パー5 524ヤード(2)

4番 パー5 524ヤード(1)
 
 
6番 パー3  170ヤード

6番 パー3 170ヤード
谷越えのショート。グリーン両サイドのバンカーと左の崖が効いている。

11番  パー4 402ヤード

11番 パー4 402ヤード(2)

11番 パー4 402ヤード(1)
やや右ドッグレッグ。ティーショットは打ち下ろしでセカンドショットは打ち上げ。フェアウェイはタイトで両サイドのフェアウェイバンカーがティーショットの落とし所を狭めている。グリーンは縦に細長く受けている。
 
13番  パー5 602ヤード

13番 パー5 602ヤード(2)

13番 パー5 602ヤード(1)
豪快な打ち下ろし。一見ストレートホールのように見えるが、グリーン手前160ヤードからほぼ直角に左に曲がっている。急な打ち下ろしのため350ヤード前後のティーショットの飛距離が出るため、2オン可能ホールだが、セカンドショットは左足下がりのライからブラインドのグリーンに向かっての林越えのショットになる。グリーンはバンカーで囲まれており、その右は池になるので、リスクを承知で攻めるか、安全に刻むかの決断に迫られる。セカンドショットを刻む場合は、サードショットは池越えになる。グリーンは縦に長い3段グリーン。ティから眺める景色は雄大。このホールは、アメリカのゴルフマガジン誌の2000年度世界ベスト500ホールに選ばれている。


13番 パー5 602ヤード(5)

13番 パー5 602ヤード(4)

13番 パー5 602ヤード(3)

 
14番  パー4 436ヤード

14番 パー4 436ヤード(2)

14番 パー4 436ヤード(1)
ティショットがやや打ち下ろしの、ストレートホール。フェアウェイは右傾斜。グリーンは砲台で、左手前を深いバンカーと池がガードしている。
 
18番  パー5 515ヤード

後方から望む18番ホール
やや右ドッグレッグのロング。ロングヒッターは2オン可能だが、グリーン手前と右サイドは池に面し、左はクリークがあるので、セカンドを刻んでアプローチ勝負でバーディ狙いが堅実なコースマネジメント。

18番 パー5 515ヤード(4)

18番 パー5 515ヤード(3)

18番 パー5 515ヤード(2)

 
余談

レストラン

ジャカルタ市内から車で1時間、空港から車で1時間半。平日はビジターだけのプレーは可能だが、土日はメンバー同伴が必要。サウナあり。フルバックの黒ティーからのプレーは土日は不可で、平日は誰でもプレー可。表示距離はメートルなのでヤードに換算した。

他のアジアでのJ・マイケル・ポーレット、JMPゴルフデザイン・グループ設計コースは、インドネシアではロイヤルジャカルタGC、GCセナヤン、ロイヤルスマトラG&CC、アラヤG&FC、日本ではカレドニアンGC富里GCグレンオークスCCプレステージGC、岩手沼宮内CC、ゴールデンパームCC、那須ちふり湖CC、中国では北京GCロングアイランド(長安)CCアジール(中山長江)G&CC・Aコースレイクウッド(翠湖) GCサンバレー (紅峡谷) GCピーチガーデン・フォンティン(佛山南海桃園楓丹)GC、マレーシアではクリムG&CC、台湾では老翁関西GC、タイではレイクウッドCC、ラチャプルックC、フィリピンではマウント・マララヤットR&GCがある。