船橋カントリー倶楽部
Funabashi Country Club

コースデータ
所在地 千葉県
コース長 7007ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2008年5月29日
設計者 富澤誠造
オープン 1962年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
4.30
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
 
フラットな林間コース。各ホールは杉・松・雑木林で完全にセパレートされており、各ショットにおいてそれらの林が迫っているので、正確性を要求される。林に打ち込むと、林が密なため1打は損するであろう。フェアウェイは引き締まっていてタイトだが、広大な用地に18ホールがゆったりレイアウトされている。ベント(本グリーン)とコウライの2グリーン制でグリーンが小ぶりで砲台なため、アプローチショットも正確に打つ必要がある。特にグリーンオーバーは深いバンカーとOB杭が待ち構えているホールが多く、また多くが受けグリーンなので、ピンの手前に落とすのが好スコアーにつながる。ショートホールは4ホールとも難関。
 


クラブハウスからの景観

8番フェアウェイからティーを望む景観

人気者のアヒル

 
2番 パー4 452ヤード
ストレートの長いミドルホール。ティーショットではタイトなフェアウェイの両サイドに林が効いてくる。グリーン右と奥にバンカーが配され、グリーン周りは林で囲まれている。


2番 パー4 452ヤード(3)

2番 パー4 452ヤード(2)

2番 パー4 452ヤード(1)
 
3番 パー3 221ヤード

3番 パー3 221ヤード(2)

3番 パー3 221ヤード(1)
とても長いショートホール。グリーン左をガードしている林が効いている。グリーン右に逃げると、バンカーと下り斜面の崖が待ち構えているので、グリーンかグリーン手前以外安全な場所はない。距離と方向性を問われるホール。
 
4番 パー5 509ヤード
名物ホール。左ドッグレッグの比較的短いロングホール。ティーショットではフェアウェイ左半分にバンカーがあり、260ヤードで入り、280ヤードで越える。このバンカーがロングヒッターの落とし所を狭くしている。グリーンの手前に池が広がり、サードショットは池越えになる。ロングヒッターはセカンドショットでグリーン手前の池をいかに攻略するかがポイント。グリーン両サイドと奥にバンカーが配され、グリーン奥のOBは浅い。グリーンは左傾斜。


4番 パー5 509ヤード(3)

4番 パー5 509ヤード(2)

4番 パー5 509ヤード(1)
 
5番 パー4 422ヤード

5番 パー4 422ヤード(2)

5番 パー4 422ヤード(1)
右ドッグレッグの難ホール。ファウェイはタイトで両サイドから林が迫っている。グリーンは少し砲台。グリーン左と奥にバンカーで右から奥にかけて下り斜面の崖が続く。グリーンは右傾斜。ティーショット、セカンドとも正確性が要求される。

8番 パー4 434ヤード
ストレートのミドルホール。ティーショットは打ち下ろしになり、フェアウェイ右のバンカーは270ヤード、左のバンカーは290ヤードで入る。バンカーまで届かなくてもティーショットの落とし所は狭く、左のOBは浅い。グリーンは少し砲台で左右と奥にバンカーが配されている。
 

8番 パー4 434ヤード(3)

8番 パー4 434ヤード(2)

8番 パー4 434ヤード(1)
 
11番 パー3 200ヤード

11番 パー3 200ヤード(2)

11番 パー3 200ヤード(1)
谷越えのタフなショートホール。グリーン左と奥には深いバンカー、グリーン右には急な下り斜面の崖とOBがあるので、ティーショットでグリーンをとらえたい。受けグリーン。

13番 パー5 546ヤード

右ドッグレッグのロングホール。右コーナーのバンカーはティーから230ヤードで入り、250ヤードのキャリーで越える。グリーンは砲台になり、林で囲まれていて、特にグリーン左に接する林が効いている。グリーン右と奥にも深いバンカーが配されている。桜の季節にはグリーン背後に佇む大きな桜の木がとても美しいと聞く。


13番 パー5 546ヤード(3)

13番 パー5 546ヤード(2)

13番 パー5 546ヤード(1)
 
14番 パー4 441ヤード

14番 パー4 441ヤード(2)

14番 パー4 441ヤード(1)
やや左ドッグの距離のあるミドルホール。ティーショットでは左バンカーは240ヤードで入り、270ヤードのキャリーで越える。また、ティーから290ヤード先のフェアウェイ中央にケヤキの木があり、その木の少し左サイドがティーショットのベストポジション。

余談
車で東京都心から1時間10分、成田空港からから1時間。インターネット予約業者を通してプレー可能。バックティー(黒ティー)の使用は4人合計のハンディが40以下なら可能。キャディさんは全員挨拶がしっかりしていて、当日の私のキャディはレベルが高かった。食事はすべて美味しい。


レストラン

幕の内弁当

とんかつ定食

他の富沢誠造設計コースは、太平洋クラブ・六甲コース総武CC・総武コース琵琶湖CC熊本空港CC、仙台CC、大日向CC、高値CC北海道ポロトGCどがある。