ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎
The Golf Club Ryugasaki

コースデータ
所在地 茨木県
コース長 7011ヤード パー72 
コースレート  
プレー日 2008年5月27日
設計者 加藤俊輔
オープン 1990年
キャディ あり
ゴルフカート あり (フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
3.95
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
3
 

クラブハウスからの景観

高低差が少ない、ほぼフラットな林間コース。Out とInで趣が全く異なり、Outの各ホールは長く、フェアウェイは比較的広いがチャレンジングなホールが多い。特に2つあるロングホールは640ヤードととてつもなく長く、しかも戦略性豊か。Inは全体的に短く、ドッグレッグホールが多く、しかも狭く、左右の木立が迫ってくるので、少し窮屈に造られているという感は否めない。Outが素晴らしいだけに、OutとIn順序を逆にすれば、より印象的なコースになると思う。

 

 
2番 パー5 640ヤード
ほぼストレートのとても長いロングホール。ティーショット、セカンドは緩やかな打ち下ろしになり、フェアウェイは狭く右のOBも浅いので、正確なショットが必要。グリーン右手前のバンカーが効いている。 

2番 パー5 640ヤード(3)

2番 パー5 640ヤード(2)

2番 パー5 640ヤード(1)
 
5番 パー5 640ヤード
ストレートのとても長いロングホール。ティーショットは打ち下ろしで、セカンドショットからは打ち上げになる。ティーショットの落とし所は狭く、やや右傾斜になっているため、右の窪地につかまり易い。セカンドショットは狭いフェアウェイの両サイドには林が迫っているので、特に難しい。グリーンは縦長で、左右のガードバンカーが効いている。
 

5番 パー5 640ヤード(3)

5番 パー5 640ヤード(2)

5番 パー5 640ヤード(1)
 
7番 パー4 380ヤード

7番 パー4 380ヤード(2)

7番 パー4 380ヤード(1)
左ドッグレッグのミドル。ティーから180ヤード先から池が広がり、その池はグリーン手前まで伸びている。グリーンは受けている。グリーン手前の大小4つのバンカーが印象的なホール。
 
9番 パー4 420ヤード

9番 パー4 420ヤード(2)

9番 パー4 420ヤード(1)
やや左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットでは右から赤松の木立が迫り出しているので、その木立の中に入れ易い。セカンドショットでは、グリーン手前左右のバンカーが効いてくる。

12番 パー3 163ヤード

12番 パー3 163ヤード(2)

12番 パー3 163ヤード(1)
池越えの美しいショートホール。グリーンは縦長の段差のある2段で、長さが50ヤードあるので、同じ段のグリーンにショットを乗せたい。

13番 パー5 510ヤード
ほぼ直角に右ドッグレッグするロングホール。ティーショットでは左のOB、右の林が効いてくる。ティーから240ヤード先からフェアウェイは下り勾配になっていて、250ヤードをフェアウェイ左サイドに打てれば、次打でグリーンが狙える。右サイドに行くと数本の木がスタイミーになり、グリーンを狙えなくなる。グリーンは奥に少し下っている。


13番 パー5 510ヤード(3)

13番 パー5 510ヤード(2)

13番 パー5 510ヤード(1)
 
16番 パー4 391ヤード
ほぼ直角に曲がる左ドッグレッグのミドルホール。ティーからブラインドの池が左コーナーに配されている。ティーショットは240ヤードの飛距離は必要で、それ以下ならセカンドショット時で前方の2本の背の高い木立がスタイミーになる。グリーンは横に長く受けている。グリーンオーバーのOBは浅く、グリーン左に外すと、下り傾斜のスロープでOBラインまで転がり落ちる可能性があるので、セカンドショットは正確性が要求される。


16番 パー4 391ヤード(3)

16番 パー4 391ヤード(2)

16番 パー4 391ヤード(1)
 
余談

豪華なクラブハウス内
車で東京都心から50分、成田空港からから1時間。クラブハウスは豪華。サウナ完備。ビジターのプレーは可能。レストランの痲婆豆腐は美味しかった。バックティーの使用は4人合計のハンディが40以下なら可能だが、自己申告制でそれほど厳しくないようだ。

他の加藤俊介設計のコースは太平洋クラブ・御殿場コース、ウェストコース、軽井沢コース、相模コース、高原コース、市原コース、益子コースJFE瀬戸内海GCアクアラインGC、阪奈GC、九州GC・八幡コースなどがある。片山津GC・白山コース加賀コースの改造も手がけている。海外では台湾の棕梠湖CC、永漢GC、立益GC、中国のトムソン上海浦東GC、韓国の清州CC、ロードランドG&Vも彼の設計。



浴室

レストラン

石焼麻婆豆腐