御前水ゴルフ倶楽部、美々クラシックコース
Gozensui Golf Club - Bibi Classic Course

コースデータ
所在地北海道
コース長7013ヤード、パー72
コースレート72.8
プレー日2004年8月6日
設計者土肥勇
オープン1992年
キャディあり
ゴルフカートあり
評価
総合評価
4.50
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
4番 パー4 428ヤード

4番 パー4 428ヤード
クラブハウスからの景観

林間コースで、コース全体は概ねフラットに仕上がっている。造形的に派手な仕掛けはないが、レイアウトが巧みでプレーが面白かった。グリーンが大きいのも特徴。御前水という名前は天皇がこの地に静養に立ち寄り水を飲まれたのが由来。そういった静かで落ち着く雰囲気はコース全体にある。

 
 
1番 パー4  408ヤード
4番 パー4 428ヤード
1番 パー4 408ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
1番 パー4 408ヤード(1)
やや右ドッグのパー4。フェアウェイ右に位置するバンカー越えは230ヤードの距離が必要。グリーンは大きな樹木が囲まれていて、グリーン周辺の景観は美しい。
 
4番 パー4 397ヤード
4番 パー4 428ヤード
1番 パー4 408ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
1番 パー4 408ヤード(1)
最初は急な右ドッグレッグで、グリーンは左に振られているので、S字型のホール。セカンドショットはやや打ち上げになり、グリーン手前に横たわる深いバンカーが効いている。グリーンは50ヤードと長く、2段になっている。
 
8番 パー5 553ヤード
非常に面白い仕掛けのある、左ドッグレッグのパー5。フェアウェイは大きな林を挟んで左右に分かれ、左側のフェアウェイは安全ルート。距離的に短くなる右側のフェアウェイにはコブと多くのバンカーが配されているのと、ロングヒッターはそのフェアウェイ先のラフまでボールが飛ぶので、どちらのルートで攻めるかプレーヤーの決断を迫られる。
 
4番 パー4 428ヤード
グリーンから望む8番ホール
4番 パー4 428ヤード
8番 パー5 553ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
8番 パー5 553ヤード(1)

 

 

 

 
13番  パー4 385ヤード
4番 パー4 428ヤード
13番 パー4 385ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
13番 パー4 385ヤード(1)
左ドッグレッグのパー4。ティショットではフェアウェイ左に面している池をどう攻略するのがポイント。セカンドショットは木々で囲まれた大きく、適度な傾斜があるグリーンに向かって打っていく。
 
15番  パー3 168ヤード
4番 パー4 428ヤード
グリーンから望む15番ホール
4番 パー4 428ヤード
15番 パー3 168ヤード
景観のすばらしい、打ち下ろしのショートホール。グリーン手前をクリークが流れ、グリーンはバンカーでガードされている。グリーン手前の倒れかけている松の木が独特な景観を醸し出している。
 
17番  パー4 441ヤード
ホール左にOBがある距離の長いミドルホール。グリーン手前120ヤードからグリーン手前のバンカーまで、フェアウェイ右に池が配され、セカンドショットは注意が必要。
 
4番 パー4 428ヤード
グリーンから望む17番ホール
4番 パー4 428ヤード
17番 パー4 441ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
17番 パー4 441ヤード(1)

 

 

 

 
18番  パー5 513ヤード
4番 パー4 428ヤード
18番 パー5 513ヤード(2)
4番 パー4 428ヤード
18番 パー5 513ヤード(1)
やや右ドッグレッグのパー5。セカンドショットは池越えの打ち上げになる。バンカーが絶妙に配置されているホール。
 
余談
4番 パー4 428ヤード

新千歳空港から車で10分。インターネットのゴルフ業者を通して予約可能。一番長いチャンピオンティは置いていなかったが、シングルハンディキャップの証明をすれば、その長さのティがあるティグランドから打たせてくれた。クラブ側の配慮に感謝。

プレー中、野生の鹿と野生のキタキツネに遭遇した。野生のキツネは動物園以外では初めて見るので感動した。すばらしい自然環境でプレーできたことに感謝。

土肥勇設計のコースは他に新千歳CC、北海道リンクスCC、阿寒CC、サホロCCなどがある。