グランデージゴルフ倶楽部、イースト・ノースコース
Grandage Golf Club-East & North Course

コースデータ
所在地 奈良県
コース長 7136ヤード パー72
コースレート 74.6
プレー日 2008年4月22日
設計者 服部彰
オープン 1992年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
4
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
 

50メートル級の2つの山を切り崩して、フラットなコースに仕上げた、美しい景観とともに高い戦略性をもつコース。山間に位置しながら、法面(山とか岡の下り傾斜のラフ)がほとんどない。広大な池とバンカーが毎ホール正確なショットを求めて展開し、各プレーヤーのテクニックとコースマネジメントが試される。コースの設計にあたり、アメリカのパームスプリングスなどを始めとして数多くの海外での有名コースを視察した結果、池、バンカー、マウンド群が戦略上のポイントになっているアメリカンタイプのコース。コースの17%を水と砂が占め、特に水をデザインのポイントにおいた池の豊富なコース。ノース、ウェスト、イーストの各9ホール中、イースト・ノースコースがクラブを代表する18ホール。1998年に日本プロゴルフ選手権を開催。2010年、日本女子プロのトーナメント開催予定。

 


クラブハウスからの景観

八重桜

 
2番 パ-4 389ヤード

2番 パ-4 389ヤード(2)

2番 パ-4 389ヤード(1)
軽い左ドッグレッグの打ち上げホール。バンカーが一つもないが、狭いフェアウェイの両サイドは自然林が迫っており、戦略性は豊か。グリーンは手前が馬の背になっていて、3面で、周りをグラスバンカーでガードされている。
 
3番 パー3 218ヤード

3番 パー3 218ヤード
やや打ち下ろしの長いショートホール。グリーン手前のバンカーが効いている。
 
4番 パー5 568ヤード
名物ホール。ティーグランドの先からグリーン奥までバンカーが続くストレートのロングホール。フェアウェイを横切ったバンカーは右サイドへと続き、やがてはグリーン周囲を取り巻く。ティーショットでは210-250ヤードでバンカーを越える。グリーンは強い砲台になり、そのガードバンカーは深いので入れないコースマネジメントが必要。各ショット緻密なルート設定が要求される。
 

4番 パー5 568ヤード(3)

4番 パー5 568ヤード(2)

4番 パー5 568ヤード(1)
 
6番 パー3 202ヤード

6番 パー3 202ヤード(2)

6番 パー3 202ヤード(1)
池越えのショートホール。グリーンは2つの池に挟まれて、逃げ道がない。グリーンは左傾斜でかつ受けている。

7番 パー4 435ヤード

7番 パー4 435ヤード(2)

7番 パー4 435ヤード(1)
打ち下ろしのストレートのミドルホール。ティーショットは池越えで220ヤードのキャリーが必要。グリーンは砲台で、左からグリーン手前に池が食い込んでいる。

8番 パー5 530ヤード
軽い右ドッグレッグのロングホール。ティーからは270ヤードで右の池、250ヤードで左の林に届く。セカンドショットの落とし所は狭い。サードショットは池越え。 
 

8番 パー5 530ヤード(3)

8番 パー5 530ヤード(2)

8番 パー5 530ヤード(1)
 
10番 パー5 514ヤード
遠方の山を眺めながら打ち下ろしていく、やや左ドッグレッグの易しいロング。2オン可能。
 

10番 パー5 514ヤード(3)

10番 パー5 514ヤード(2)

10番 パー5 514ヤード(1)
 
12番 パー3 209ヤード

12番 パー3 209ヤード
右の池がグリーンまで絡む、美しいショートホール。左にもバンカーが配されているので、正確なショットが必要。グリーンは右傾斜で中央にスロープがある。

13番 パー4 405ヤード

13番 パー4 405ヤード(2)

13番 パー4 405ヤード(1)
バンカー を挟んでフェアウェイが2つあるミドルホール。右フェアウェイのルートではストレートホールになり、距離が短くなるが、グリーン面がみえにくい。左フェアウェイのルートでは右ドッグレッグのホールになり、距離は遠くなるが、グリーン面を確認できる。

14番 パー4 413ヤード
逆“S”字型のミドルホール。右の2つのフェアウェイバンカー越えは250ヤードのキャリーが必要。グリーン左手前のガードバンカーは深いので避けるべき。グリーンは横長で、奥行きがあまりないので、手前のバンカーを避けて大きめに打つと奥のバンカーとラフからのアプローチが難しい。

14番 パー4 413ヤード(3)

14番 パー4 413ヤード(2)

14番 パー4 413ヤード(1)
 
17番 パー3 162ヤード

17番横から見るグリーン

17番 パー3 162ヤード(1)
大きな池にグリーンが浮かぶショートホール。グリーン手前、左、奥が池に面しているので、正確なショットが必要。2段グリーン。グリーンだけでなくティーグランドも池に突き出ている。
 
18番 パー5 532ヤード
左に池が広がるストレートのロング。ティーショットは左右が池で正確性が要求される。グリーンは横長で3段。グリーン手前に池が食い込んでおり、この池をどう攻略するかがポイント。グリーンオーバーには3つのバンカーが待ち構えている。


18番 パー5 532ヤード(3)

18番 パー5 532ヤード(2)

18番 パー5 532ヤード(1)
 
余談

大阪都心から車で1時間10分、ビジターの予約可能。クラブハウスは豪華。レストランは関西の有名中華のチェーンが行っているので、八宝焼きそばは美味しかった。メンバー同伴でかつシングルハンディの上級者はフルバックティーからのプレーは可能。ただ、フルバックティーのスコアーカードはプレー当日置いていなかった。残り距離はグリーンエッジまで。



レストラン

八宝やきそば

浴室

他の服部彰設計コースは、ザ・クイーンズヒルGC、佐用GC・南コース、北六甲CC・東コース、滝野CC・八千代コース、阿蘇大津GC、韓国のカヤCCなどがある。