霞ヶ関カントリー倶楽部、西コース
Kasumigaseki Country Club-West Course

コースデータ
所在地 埼玉県  
コース長 6887ヤード パー73  
コースレート 72.8  
プレー日 2008年7月10日  
設計者 井上誠一  
オープン 1954年  
キャディ あり  
ゴルフカート なし  
評価
総合評価
4.75
コースレイアウト
#5
難易度
#4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
4
クラブハウス
# 300ヤード短い6580ヤードのレギュラーティーからプレーしたので、コースレイアウトと難易度は6887ヤードのチャンピオンティーからプレーしたと仮定して推測した。 
 


クラブハウスからの景観

4番ホールの景観

16番グリーンの景観

日本を代表する名門クラブの1つ。1929年オープンの東コースと1954年オープンの西コースの36ホールある林間コース。東コースはバンカーがコース内に100個と多く、西コースは池絡みのホールが多いのが特徴。西コースのアウトはそれほど印象的でないが、インは個性的なホールが多い。インはパー5が3つあり、パー37となっている。ほとんどの井上誠一設計コースが2グリーン制を採用しているように、このコースはもともと2グリーンだったが、1994年には川田太三氏が2グリーンを1グリーンに改造した。各ホールにおいて戦略的なポイントになると同時に、立派な赤松が見事な風格をも醸し出している。2006年には日本オープンを開催した。

 
6番 パー5 557ヤード
ストレートのロングホール。フェアウェイは狭く右のOBが浅いので、正確なティーショット、セカンドが必要。ティーショットでは両サイドのフェアウェイバンカーが効いている。グリーンは強い砲台状。グリーン左手前のガードバンカーは深いので入れれば厄介。

 

6番 パー5 557ヤード (3)

6番 パー5 557ヤード (2)

6番 パー5 557ヤード (1)
 
7番 パー3 224ヤード

長いショートホール。砲台グリーンで左右のバンカー、右の木立が効いている。グリーン左手前に背の高い6本の木が聳え立ち、フェードボールでグリーンが狙いづらくなりフェードヒッターは大変攻めにくいホールになっている。この六本の木は通称六本木と言われるようだ。

 

7番グリーン手前の六本木

7番 パー3 224ヤード(2)

7番 パー3 224ヤード(1)
 
9番 パー4 414ヤード

9番 パー4 414ヤード(2)

9番 パー4 414ヤード(1)
左ドッグレッグのミドルホール。両サイドのバンカーはティーから220ヤードで入る。グリーンは45ヤードと縦に長く、左のガードバンカーが効いている。セカンドショットではピン位置によっての正しいクラブ選択が重要になる。

 
10番 パー4 412ヤード

強い右ドッグレッグのミドルホール。右に池がありティーから200-250ヤードで捕まり、フェアアウェイ左サイドのバンカーも効いているので、ティーショットは正確性が要求される。グリーンは砲台状で受けていて、木立に囲まれている。

 

10番 パー4 412ヤード(3)

10番 パー4 412ヤード(2)

10番 パー4 412ヤード(1)
 
12番 パー4 381ヤード

12番 パー4 381ヤード(2)

12番 パー4 381ヤード(1)
右ドッグレッグのユニークなミドルホール。右には池があり、ショートカットの池越えには260ヤードのキャリーが要求されるので、通常フェアウェイセンターを狙いたいが、ティーから230ヤード先と、260ヤード先には背の高い2本の木がフェアウェイ中央に聳え立つ。特に260ヤード先の木が曲者で、フェアウェイ左側に安全にティーショットを運ぶと、この2本目の木がセカンドショットでスタイミーになる。セカンドショットは少し打ち上げ。

 
13番 パー5 513ヤード

右ドッグレッグのロングホール。ティーショットでは240ヤードほどでフェアウェイ左のバンカーに捕まる。また、ティーから280ヤード先からクリークがフェアウェイを斜めにクロスしているので、ロングヒッターのティーショットの右への押し出しは注意。セカンドショットはクリーク越え。グリーンは少し砲台状で、左右手前のガードバンカーが効いている。

 

13番 パー5 513ヤード(3)

13番 パー5 513ヤード(2)

13番 パー5 513ヤード(1)
 
16番 パー3 144ヤード

16番 パー3 144ヤード(2)

16番 パー3 144ヤード(1)

池越えのきれいなショートホール。グリーン右に池と手前にはバンカーが配されている。

 
余談

東京都内より車で1時間10分。プレーには平日はメンバーの紹介、土日はメンバーの同伴が必要。ざるそば定食は美味しかった。バックティーのチャンピオンティーからのプレーはメンバー同伴なら可能。



レストラン

ざるそばセットランチ

 
 

2006年度のゴルフスタイル主催2006年日本ゴルフ場ランキングでは第7位(東コースと西コースの共同で)に選ばれている。井上誠一設計の他のコースは大洗GC龍ヶ崎CC鷹之台CC武蔵CC・豊岡コース武蔵CC・笹井コース葛城GC日光CC那須GC大利根CC札幌GC・輪厚コース札幌GC・由仁コース茨城CC・西コース浜野GCいぶすきGC鶴舞CC瀬田GC西宮CC伊勢CC南山CC室蘭GC大原・御宿GCなどがある。海外ではフィリピンのタット・フィリピナスGC、マレーシアのネガラ・スバンGCの設計も手がけている。