武蔵カントリークラブ、笹井コース Bグリーン
Musashi Country Club – Sasai Course – B Green

コースデータ
所在地埼玉県
コース長7052ヤード  パー72
コースレート73.3
プレー日2007年11月20日
設計者井上誠一
オープン1959年
キャディあり
ゴルフカートなし
評価
総合評価
4.40
コースレイアウト
(推測)4
難易度
(推測)5
グリーンコンディション
6
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
4
注)本グリーンのAグリーンでなく、サブグリーンのBグリーン(6687ヤード、コースレート71.6)でのプレーであったため、コースレイアウトと難易度はAグリーンからのプレーしたとして推測した。


クラブハウスからの景観

コース内の鴨

フェアウェイ両サイドには見事な松林が広がる、フラットな林間コース。400ヤードを越えるミドルホールが多く、ボールの落下地点のフェアウェイは狭いので、第1打から正確性と距離を同時に要求される。ショットを曲げると松林が立ちはだかっているので好スコアーにならない。フェアウェイバンカーとグリーン周りのバンカーの配置もすばらしい。グリーン、フェアウェイコンディションともに良いく、特にグリーンはとても速くて転がりがスムーズ。2グリーン制。車で15分と少し離れた場所に、同じく井上誠一設計の、武蔵CC・豊岡コースがあり、距離が長い笹井コースはパワープレー、バンカーが多い豊岡コースは頭脳プレーが要求される。

 

2番 パー4 395ヤード

2番 パー4 395ヤード(2)

2番 パー4 395ヤード(1)
やや左ドッグレッグのミドル。左サイドはグリーンまでOBが続く。ティーショットではフェアウェイは狭く、右のフェアウェイバンカーは230ヤードで入る。グリーン右のガードバンカーが効いている。(本グリーンは430ヤード)
 
4番 パー4 338ヤード

4番 パー4 338ヤード(2)

4番 パー4 338ヤード(1)
距離の短いストレートのミドル。ティーショットの落とし所の左右にバンカーが配されていて狭く、左バンカーは240ヤード、右バンカーは250ヤードで入る。また、左のOBは浅い。グリーンは砲台。グリーン右の深いバンカーは避けるべき。2段グリーンで強い右傾斜。(本グリーンは358ヤード)
 
8番 パー5 508ヤード
比較的短いストレートのロング。ロングヒッターは2オン可能。ティーショットではフェアウェイ左の2つのバンカーが効いてくる。グリーン手前70ヤード前後の左右にフェアウェイバンカーが配され、セカンドショットの落とし所を限定している。グリーンは横長で右傾斜。(本グリーンは524ヤード)
 

8番 パー5 508ヤード(3)

8番 パー5 508ヤード(2)

8番 パー5 508ヤード(1)
 
11番 パー5 521ヤード

11番 本グリーン(2)

11番 本グリーン(1)
両サイドの松林が美しい、やや左ドッグレッグのロング。ティーショットでは右サイドに200ヤードで入る、長さ80ヤードの長いフェアウェイバンカーが待ち受けている。グリーンは強く受けており、グリーン左手前のガードバンカーが効いている。プレー出来なくて残念だが、バンカーで囲まれたAグリーンは戦略性が相当高い。(本グリーンは553ヤード)

11番 パー5 521ヤード(3)

11番 パー5 521ヤード(2)

11番 パー5 521ヤード(1)
 
13番 パー3 213ヤード

13番 パー3 213ヤード(2)

13番 パー3 213ヤード(1)
長いショート。グリーン両サイドにはバンカーがある。Aグリーンはなんと240ヤードの長さ。(本グリーンは240ヤード)
 
15番 パー4 332ヤード
急な左ドッグレッグの短いミドル。左から迫り出している2、3本の松は240ヤードで越える。ロングヒッターは280ヤード先中央にある池に注意が必要。グリーン右に池がある。傾斜のある2段グリーン。(本グリーンは350ヤード)
 

15番 本グリーン

15番 パー4 332ヤード(2)

15番 パー4 332ヤード(1)
 
16番 パー3 152ヤード

16番 パー3 152ヤード(2)

16番 パー3 152ヤード(1)
池越えのショート。グリーン周りは、2つの池だけでなく、松の木立と桜の木で囲まれている。(本グリーンは170ヤード)
 
17番 パー4 420ヤード

17番 パー4 420ヤード(2)

17番 パー4 420ヤード(1)
やや左ドッグレッグのミドル。ティーショットの落とし所の左右にバンカーが待ち受け、左バンカーは215ヤード、右バンカーは240ヤードで入り、左右とも270ヤードのキャリーで越える。グリーン左手前のバンカーが効いていて、グリーンは少し砲台で奥に下っているので、セカンドショットの距離感が重要になる。(本グリーンは434ヤード)
 
余談

レストラン

東京都心から車で1時間10分。プレーには平日はメンバーの紹介、土曜はメンバーの同伴が必要。また、隣接して飯能GCがある。

バックティからのプレーは、メンバー同伴に限りプレーヤー合計のハンディキャップが52以内なら可能。

ゴルフクラシック誌主催2006年日本ゴルフコースランキングでは豊岡コースと共同で6位、2002年度の単独で22位。井上誠一氏設計の他のコースは、大洗GC龍ヶ崎CC鷹之台CC霞ヶ関CC・西コース武蔵CC・豊岡コース葛城GC日光CC那須GC大利根CC札幌GC・輪厚コース札幌GC・由仁コース瀬田GC茨城CC・西コース浜野GCいぶすきGC鶴舞CC西宮CC伊勢CC南山CC室蘭GC大原・御宿GCなどがある。海外ではフィリピンのタット・フィリピナスGC、マレーシアのネガラ・スバンGCの設計も手がけている。海ゴルフクラシック誌主催2006年日本ゴルフコースランキング100位以内では、井上誠一設計のコースが最多の14コース選ばれている。2位はロバート・トレントJr.の8コース、3位は上田治の6コース、4位は安田幸吉の5コース。