奈良国際ゴルフ倶楽部
Nara International Golf Club

コースデータ
所在地奈良県
コース長6933ヤード、パー72
コースレート72.7
プレー日2005年4月9日
設計者上田治
オープン1957年
キャディあり
ゴルフカートなし
評価
総合評価
4.00
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
 

丘陵コースで、Outは奈良市を一望できる。総じて、パー3は長くてタフだが、パー5は少し単調で簡単。パー4で面白いレイアウトのホールが多い。ティショットがブラインドになるホールがいくつかあるのが欠点だが、各ホールが完全にセパレートされているのは好感できる。コウライ、ベントの2グリーン制で、今回プレーしたコウライグリーンがメイングリーン。


クラブハウスからの景観 

クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観
 
2番 パー4  453ヤード

2番 パー4 453ヤード(2)

2番 パー4 453ヤード(1)
距離のある、緩やかな打ち下ろし。グリーンをガードしている両サイドのバンカーは深いので、入れるとパーセーブが難しくなる。
 
5番 パー4  437ヤード

5番 パー4 437ヤード(2)

5番 パー4 437ヤード(1)
フェアウェイが狭い、緩やかな左ドッグ。フェアウェイ左のバンカー越えには240ヤードのキャリーが必要で、それを避けて右に打つと、250ヤード先の右バンカーに捕まる。セカンドはやや打ち下ろしだが、グリーンは砲台になっていて、その周りをバンカーがガードしている。
 
9番 パー4 385ヤード
左に池のある軽い左ドッグ。ティから200-230ヤード先にフェアウェイ左サイドに池が食い込んでいるので、安全策はフェアウェイウッドでのティショット。グリーンは縦に長く、少し砲台になっている。

グリーンから望む9番ホール

9番 パー4 385ヤード(2)

9番 パー4 385ヤード(1)
 
16番  パー3 213ヤード

16番 パー3 213ヤード
距離のある難ホール。グリーンは少し受けていて、両サイドをバンカーがガードして、更にその外側に打つとOBになる。
 
17番  パー4 445ヤード
谷越え右ドッグの名物ホール。ティショットは少し打ち下ろしで、右前方に池があり、越したところに“大仏の足跡”と呼ばれる2つのフェアウェイバンカーがある。ベストポジションは右側のバンカー越えで、220ヤードのキャリーが必要。セカンドはグリーン右サイドをバンカーがガードして、そのすぐ右はハザードになるので、グリーン左寄りに打つのが安全。

グリーンから望む17番ホール

17番 パー4 445ヤード(2)

17番 パー4 445ヤード(1)
 
余談

10番ティの桜
大阪都心から車で40分。ビジターのプレーはメンバーの同伴か紹介が必要。

メンバー同伴で、一組の合計ハンディキャップの合計が40以内ならバックティからプレー可能。

上田治設計のコースで、ゴルフクラシック誌主催2002年日本ゴルフコースランキング100位以内は、下関GC(23位)、古賀GC(28位)、広島CC・八本松コース(50位)、茨城GC(53位)、小野GC(59位)、長崎国際GC(61位)。他には有馬ロイヤルGC・ロイヤルコース小野東洋GC樽前CCよみうりCCよみうりゴルフ・ウェストコース大阪GG、、岐阜関CC四日市CCくまもと中央CC橋本CC大山GC、新千葉CC・朝霧コース、洲本GC若松GC門司GC、花屋敷GC・よかわコースなども設計している。