那須ちふり湖カントリークラブ
Nasu Chifuriko Country Club

コースデータ
所在地栃木県
コース長6582ヤード、パー72
コースレート  
プレー日2004年5月22日
設計者JMPグループ、J・マイケル・ポーレット
オープン1993年
キャディあり
ゴルフカートあり
評価
総合評価
3.20
コースレイアウト
3
難易度
3
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
3
 
 

クラブハウスからの 景観

那須高原に広がる丘陵コースだが、意外に高低差があまりなくフラットな造りになっている。高原リゾートコースとしてのコンセプトなので、誰でも良いスコアーでプレーできるように、設計者のポーレットはタフなレイアウトにしていない。難しい設定でないレイアウトと距離も少し短めなので上級者には物足りないかも知れないが、ビギナーや中級者レベルには満足できるコースであろう。雄大な那須高原を望める景観と、ほとんどのグリーンが大きいのが特徴。

 

 
1番 パー4 419ヤード

4番 パー4 419ヤード(2)

1番 パー4 419ヤード(1)
軽い右ドッグで、グリーン右手前のバンカーが効いている。

 
6番  パー3 172ヤード

7番から望む6番ホール

6番 パー3 172ヤード
横長のグリーンの右手前は池になるショートホール。池とグリーンの間にあるビーチバンカーの仕掛けが面白い。グリーンオーバーはOBになる可能性があるので禁物。
 
10番  パー4 409ヤード

9番 パー5 525ヤード(2)

9番 パー5 525ヤード(1)
右ドッグレッグのパー5。第一打でバンカーを越えれば2オンルートだが、越えるには260ヤードのキャリーボールが必要。グリーンの手前はすぐ池で、グリーンはなんと80ヤードの長さがあり、乗る場所によっては3パット、4パットのリスクがある。このグリーンだけ椿グリーンを唯一使用。
 
13番  パー5 561ヤード 

13番 パー5 561ヤード(2)

13番 パー5 561ヤード(1)
やや左ドッグの距離のあるパー5。フェアウェイ左にあるバンカー越えには240ヤードのキャリーが必要。
 
14番  パー4 392ヤード

14番 パー4 392ヤード(2)

14番 パー4 392ヤード(1)
ほぼ直角に右ドッグしているミドルホール。正面の右ドックレッグしたフェアウェイを狙って行くには、バンカー越えの正確なショットが求められる。ショートカットのバンカー越えは220-230ヤードのキャリ-が必要。
 
余談

ちふり湖のつり橋

宿泊ロッジあり。クラブハウスのお風呂は温泉。昼食の鉄板焼き牛肉は美味しかった。

プレー当日、バックティが置いていなかったが、キャディマスターに頼むと、ティがなくてもバックティ・グランドから打って良いとのこと。

コース内にあるちふり湖は農業用の人造湖で、あまり大きくない。ちふり湖を横切る橋はつり橋で建設費は相当かかったようだ。

ゴルフクラシック誌主催2002年日本ゴルフコースランキングでは64位。他のアジアでのJMPゴルフデザイン・グループ、J・マイケル・ポーレット設計は、日本ではカレドニアンGC富里GCグレンオークスCCプレステージGC、岩手沼宮内CC、ゴールデンパームCC、中国では北京GCアジール(中山長江)G&CC・Aコースロングアイランド(長安)G&CCレイクウッド(翠湖) GCサンバレー (紅峡谷) GCピーチガーデン・フォンティン(佛山南海桃園楓丹)GC、マレーシアではクリムG&CC、台湾では老翁関西GC、タイではレイクウッドCC、ラチャプルックC、フィリピンではマウント・マララヤットR&GC、インドネシアではブキットプランギ(レインボーヒルズ)G&HRがある。