芝山ゴルフ倶楽部
Shibayama Golf Club

コースデータ
所在地千葉県
コース長6476ヤード  パー72
コースレート70.7
プレー日2007年10月9日
設計者デズモンド・ミュアヘッド
オープン2000年
キャディあり (事前予約が必要)
ゴルフカートあり
評価
総合評価
3.45
コースレイアウト
3
難易度
2
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
 

クラブハウスからの景観

高低差の少ない丘陵コース。フェアウェイは狭く、なだらかにうねりがあり、グリーンもアンジュレーションが強い。大小5つの池が18ホール中10ホール絡んでくる。パー72で6500ヤードに満たない長さなので、正確なショットが打てるプレーヤーは高スコアーが望めるコース。

 
2番 パー4  344ヤード
ほぼストレートの短いミドル。左はOB、右は池があり、フェアウェイの落とし所が大変狭い。セカンドショットは池越えになり、奥行きのない横長グリーンに打っていく。グリーンは右傾斜。
 

2番 パー4 344ヤード(3)

2番 パー4 344ヤード(2)

2番 パー4 344ヤード(1)
 
3番 パー5  493ヤード

3番 パー5 493ヤード(2)

3番 パー5 493ヤード(1)
やや左ドッグレッグの短いロング。2オン可能なホールなので、右の池につかまらないように、ティーショットでは距離を稼ぎたい。2オンを狙う場合は、グリーン手前の2つのバンカーと右のOBが効いてくる。
 
7番 パー3 205ヤード

7番 パー3 205ヤード(2)

7番 パー3 205ヤード(1)
池越えのショート。グリーン前面は池に面しているので、正確なキャリーが必要。グリーン手前の2つのアイランドバンカーがユニーク。
 
8番 パー4 326ヤード
ほぼストレートのとても短いミドル。ティーショットでは左は池、右はOBになり、また260ヤードの飛距離で池につかまるので、距離よりもポジショニングが重要になる。セカンドショットは池越えになり、グリーン手前を水に浮いたアイランドバンカーがガードしている。
 

8番横から望むグリーン

8番 パー4 326ヤード(2)

8番 パー4 326ヤード(1)
 
14番  パー4 444ヤード
右ドッグレッグでグリーンは左に振られている、距離のあるミドル。ティーショットではフェウェイは狭く、右のOBが浅いので、正確なショットが必要。グリーン左には深いバンカーと崖があるので、セカンドショットも難しい。ティーショット、セカンドとも距離と方向性が同時に求められるホール。
 

14番 パー4 444ヤード(3)

14番 パー4 444ヤード(2)

14番 パー4 444ヤード(1)
 
15番  パー4 289ヤード

15番 パー4 289ヤード(2)

15番 パー4 289ヤード(1)
右ドッグレッグのとても短いミドル。ロングヒッターは1オン可能だが、グリーン手前は池になるため、1オンを狙うとリスクが大きい。ティーショットを刻む場合は、右の池に注意しながら、バンカーに届かないクラブを選択して、狭いフェアウェイをキープしたい。ティーショットさえ成功すれば、バーディが狙えるホール。
 
18番 パー4 371ヤード
左ドッグレッグ。ティーショットは打ち下ろしの池越えになり、飛べば飛ぶほど落とし所が狭くなってくる。セカンドショットも池越え。
 

18番 パー4 371ヤード(3)

18番 パー4 371ヤード(2)

18番 パー4 371ヤード(1)
 
追伸

上空の飛行機

東京都心から車で1時間20分。成田国際空港から車で25分。ビジターだけの予約は可能。バックティーの黒ティーからのプレーはキャディマスターに事前申告が必要。

デズモンド・ミュアヘッド設計のアジアでの他のコースは、日本では若木GCセゴビアGCイン・チヨダブリック&ウッドクラブオークビレッジGC、富士中央GC、新陽CC、タイではセントアンデュルース2000ジ・エメラルドGC、インドネシアではインペリアルGCがある。