信楽カントリー倶楽部、杉山コース 東、西コース
Shigaraki Country Club‐Sugiyama Course-East & West Course
コースデータ
所在地 滋賀県
コース長 7066ヤード パー72
コースレート 73.7
プレー日 2011年8月17日
設計者 松山桂司
再設計者 ロバート・トレント・ジョーンズJR.
オープン 1972年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.00
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4

丘陵地に広がる北、東、西の各9ホール、計27ホール。東コースは自然の起伏が生かされていて、レイアウトも面白く3コース中一番攻め応えがある。西コースは距離が短いが、各ホール正確性が要求される。北コースは距離が長くフェウェイ幅も比較的広い。新楽CCはこの杉山コースと18ホールの田代コースの合計45ホールのゴルフ場。

スコアカード
 
3番 パー3 184ヤード

3番 パー3 184ヤード

池越えのショート。グリーンは横長で真中が少し凹んでいる3面グリーン。

 
4番 パー4 462ヤード

4番 パー4 462ヤード(2)

4番 パー4 462ヤード(1)

ストレートの長いミドル。グリーンは砲台で、両サイドは深いバンカーでガードされている。グリーンは左に傾斜していている。セカンドの距離と正確性が要求されるホール。

 
7番 パー5 513ヤード

ストレートのロング。ティーから220ヤードのキャリーで右奥のフェアウェイバンカーは越える。セカンドは少し打ち下ろしになり、左のOBラインは浅いので要注意。グリーン左のガードバンカーは深い。グリーンは手前から奥に下っている。

 

7番 パー5 513ヤード(3)

7番 パー5 513ヤード(2)

7番 パー5 513ヤード(1)
 
8番 パー3 218ヤード

8番 パー3 218ヤード

少し打ち下ろしのショート。両サイドにバンカー。強い受けグリーンなのでピンをオーバーするよりショートが良い。

 
16番 パー4 475ヤード

左ドッグレッグのとても長いミドル。打ち上げて行くので見た目以上に距離がある。左コーナーの一番手前のバンカーは230ヤードで捕まる。セカンドでグリーンに届かない場合、グリーン手前に配されたバンカー群を避けて、右サイド狙いが良い。横長のグリーンの奥行きはあまりない。

 

16番 パー4 475ヤード(3)

16番 パー4 475ヤード(2)

16番 パー4 475ヤード(1)
 
17番 パー3 210ヤード

17番 パー3 210ヤード(2)

17番 パー3 210ヤード(1)

距離のある打ち下ろしのショート。グリーンの左右から手前にかけてバンカーが半周している。グリーンのすぐ左はOBゾーンなので、ひっかけボールが出ると大叩きしやすいホール。

 
18番 パー4 427ヤード

18番 パー4 427ヤード(2)

18番 パー4 427ヤード(1)

左ドッグレッグのミドル。ティーショットは打ち下ろし。左コーナーのバンカー越えは250ヤードのキャリーが必要。横長のグリーンの手前は池に面しているので、正確なセカンドが要求される。受けグリーン。

 

北コースの9ホール
1番 パー5 518ヤード

ほぼストレートの打ち上げロング。グリーン手前は3つのバンカーが配されている。

 

1番 パー5 518ヤード(3)

1番 パー5 518ヤード(2)

1番 パー5 518ヤード(1)
 
4番 パー4 441ヤード

4番 パー4 441ヤード2)

4番 パー4 441ヤード(1)

ストレートのミドル。ティーショットは打ち下ろしになり、ティーから330ヤード先のフェアウェイ左に池がある。その池はグリーン前面まで食い込んでいる。受けグリーン。

 
5番 パー3 217ヤード

5番 パー3 217ヤード(2)

5番 パー3 217ヤード(1)

距離のある池越えショート。横長グリーンの左右と奥にバンカーがある。グリーンは右に傾斜している。


余談
京都市から車で50分。ランチで食べた新楽CC名物料理の鯖寿司と冷やしおろし蕎麦は美味しかった。ティーグランドのティーは新楽焼の狸が使われていた。

レストラン

ランチ


キャディ

ティー


他の松山桂司設計コースは赤穂CC、法隆寺CC、大阪GC、天理GCなどがある。