カランブナイRGC
Karambunai Resort Golf Club

コースデータ
所在地マレーシア、サバ州
コース長6708ヤード、パー72
コースレート71.3
プレー日2004年4月11日
設計者ロナルド・フリーム
オープン1996年
キャディなし
ゴルフカートあり (強制)
評価
総合評価
3.20
コースレイアウト
3
難易度
3
グリーンコンディション
3
フェアウェイコンディション
3
造形美、景観
4

南シナ海に突き出た岬に展開されたフラットなコース。海、山、池、ヤシの木から構成される景色が実に美しい。18ホール中、大小の池絡みが13ホールもあり、戦略性と美観を高めている。



クラブハウスからの景観

4番ティから望む海岸線

11番から望む10番グリーン

 

3番  パー3 214ヤード

3番 パー3 214ヤード
とてもきれいなショートホール。グリーン左手前は池になり、グリーン正面にバンカーもある。
4番  パー5 530ヤード
攻め方によっては、ストレートにも軽い左ドッグレッグにもなりえる、面白いレイアウトのロングホール。セカンドショットは池越えになり、ロングヒッターは直線的にグリーンを狙うか、グリーン手前の小さなフェアウェイに打つようになる。そうでなければ、遠回りになるが池の右側の比較的広いフェアウェイに安全に攻めることになる。2つのフェアウェイの間にはグリーン手前から100ヤードに渡って伸びているバンカーがあり、そのバンカーに捕まると好スコアーは望めなくなる。
 

グリーンから望む4番ホール

4番 パー5 530ヤード(2)

4番 パー5 530ヤード(1)
 
6番  パー4 370ヤード

6番 パー4 3705ヤード(2)

6番 パー4 370ヤード(1)
距離はあまりないが、難しいミドルホール。ティショットの落としどころには左にバンカー、右には池があり、一番狭い幅は20ヤードしかなく、バンカー手前を狙ってフェアウェイウッドでティショットする方が賢明。グリーンは小さくアンジュレーションがあり、グリーン右のバンカーが効いている。グリーンの左右と奥は水で囲まれている。
 
10番 パー5 526ヤード

10番 パー5 526ヤード(2)

10番 パー5 526ヤード(1)
蛇行しながら斜めに横切る小川がフェアウェイを2等分し、ほぼストレートなパー5。ティショットではホール左が池になり、セカンドではホール右に池になり、フェアウェイはうねっていて、且つ狭い。グリーン右のバンカーは深いのと、グリーンオーバーではすぐハザードになるので注意が必要。
 
17番 パー4 394ヤード

17番 パー4 394ヤード(2)

17番 パー4 394ヤード(1)
砲台ティからはホール全体が見渡せる、ホール右には池があるパー4。セカンドショットは池越えで、グリーン右手前のバンカーは深いので避けるべき。
 
18番 パー5 499ヤード

18番 パー5 499ヤード(2)

18番 パー5 499ヤード(1)
やや左にドッグレッグしているロングホール。ティショットでは左はOB、右は池でフェアウェイは狭く、フェアウェイ左に位置する大きなバンカーが効いているので、正確なショットが要求される。グリーンの手前はクリークが横切っているので、ロングヒッターでも簡単に2オンさせてくれない。
 
余談
コタキナバル空港から車で45分。ネクサスリゾートホテルが隣接していて、このホテルの部屋はすばらしく、レストラン、スパも充実していて評判が高いと聞く。

ロナルド・フリーム設計の他のアジアでのコースは、マレーシアのサウジャナG&CC、アワナGC、ケラブ・ゴルフ・パーキッドマタン・アワム(KGPA)パームリゾートG&CC・ケンパカコース、ダマイ・ラウトG&CC、シンガポールではセントーサGC・セラポンコース、タイではパンヤインドラGC、ウィンドソアーパークGCマウンテン・シャドーGC、韓国ではアシアーナCC、ザ・クラブ・アット・ナインブリッジズ、日本ではボナリ高原GC、ハッピーバレーGC、大村湾CC・ニューコース、パームヒルズGR、中国では天津華納国際GC、オリエントアモイ(東方厦門)GCC、大上海国際、ブルネイではロイヤルブルネイCCパンタイ・メントリGCがある。