ザ・マインズ GC 
The Mines Golf Club

コースデータ
所在地 マレーシア、セランゴール州  
コース長 6771ヤード、パー71  
コースレート 72.8*(推測)  
プレー日 2005年5月5日  
設計者 ロバート・トレント・ジョーンズJr.  
オープン 1993年  
キャディ あり  
ゴルフカート あり (フェアウェイ乗り入れ可)   
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
5

難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
*最長の金ティはコースレートがないため、6287ヤードの青ティが70.6で、それより500ヤードほど長いので、72.8ぐらいと推測した。
 

クラブハウスからの景観

湖やクリークが多くのグリーンを取り囲む、フラットなコース。錫の採掘場跡地にコースが高級別荘地の町と一大リゾート地と共に誕生した。マインズというコース名も錫の採掘場からつけられた。Outは樹木が多いホールが多く、In に入ると湖やクリークが絡んでくるように、OutとInでは表情もかなり違い、各ホール変化に富んでいる。特にInはプレーして大変楽しい。広々とした風景で開放感があるのと同時に、各ショット落し所を決めて打たなければスコアーがまとまらないように戦略性は高い。また、傾斜の強いグリーンが多いのでパットが難しい。

 


景観

景観

景観

2番 パー3  170ヤード

2番 パー3 170ヤード
谷越えのショートホール。グリーンは林で囲まれている。森の中に静かに佇んでいるように見えるホール。グリーン右はすぐ谷なので、易しいホールではない。
4番 パー4  435ヤード
やや左ドッグレッグの難ホール。ティショットでは、フェアウェイは広いが、左に位置するバンカーが効いている。グリーンに近づくにつれホール幅が狭くなってくる。グリーンの左サイドは全て池に面するので、セカンドショットは高度なフェードボールが要求される。セカンドをあえてグリーンを狙わずにグリーン右手前の花道に置き、アプローチ勝負にするのも攻略法の一つ。
 

4番 パー4 435ヤード (3)

4番 パー4 435ヤード(2)

4番 パー4 435ヤード(1)
 
5番 パー4  424ヤード

5番 パー4 424ヤード(2)

5番 パー4 424ヤード(1)
ティショットが難しいストレートなホール。ティショットの落し所が右の池、左の林で非常に狭められている。グリーンは少し砲台で微妙なアンジュレーションがある。
 
8番 パー4 410ヤード

8番 パー4 410ヤード(2)

8番 パー4 410ヤード(1)
打ち上げの右ドッグレッグ。右コーナーに連座するフェアウェイバンカーは深いので、入れるとセカンドショットが大変になる。フェアウェイはうねっていて、左右にOBがある。セカンドの距離感が難しいホール。
 
11番 パー5 557ヤード
湖に沿って長く伸びる、左ドッグレッグの名物ホール。セカンドショットの落し所が、左の池、右のバンカーによって絞られる。グリーンの左サイドは池に面し、グリーンは右から左の池の方に傾斜している。湖に町や樹木が映りこむ景観はすばらしい。
 

11番 パー5 557ヤード (3)

11番 パー5 557ヤード(2)

11番 パー5 557ヤード(1)
 
12番  パー4 475ヤード
 距離の長いストレートなミドルホール。ティショットではフェアウェイが右から左に傾斜している。モスクのような外観のホテルに向かってショットする。グリーン背後にあるイスラム風建築の外観が印象的なホール。
 

12番 パー4 475ヤード(3)

12番 パー4 475ヤード(2)

12番 パー4 475ヤード(1)
 
13番  パー4 402ヤード
ティショトでは右に池、セカンドショットでは左に池が配された、ほぼストレートなホール。
 

グリーンから望む13番ホール

13番 パー4 402ヤード(2)

13番 パー4 402ヤード(1)
 
15番  パー4 291ヤード

15番 パー4 291ヤード(2)

15番 パー4 291ヤード(1)
短いが面白いホール。フェアウェイ中央の2つのバンカー越えには220ヤードのキャリーが必要。ロングヒッターはグリーン近くまでティショットを運べるが、スライスがかかりすぎるとフェアウェイ右に位置する湖に落ちる。フェアウェイバンカー右側がショートカットでアプローチも簡単。フェアウェイバンカーの左側が安全ルートだが、アプローチがバンカー越えで、難しくなる。グリーンは手前から奥に向かって少し傾斜がある。
 
16番 パー3 182ヤード

16番グリーン

16番 パー3 182ヤード
湖越えの美しいショートホール。グリーン手前と右サイドに面する湖が効いている。上からグリーンを見る時に出くわす、グリーンと大きな湖に対岸のビルが湖面上に 逆さに映っている光景は非常に美しく感動する。
 
余談
クアラルンプールから車で30分、空港から40分 。

プレーはメンバー同伴が必要だが、ゴルフコースに併設されているザ・マインズ・リゾートホテルかパレス・オブ・ザ・ゴールデンホーシーズ・マインズの2つのホテルに宿泊してゴルフパッケージを利用すれば平日に限りプレー可能。このパッケージはマレーシアの価格としては、少し割高だが、コースが素晴らしかったので価値は十分にあった。

コース内に高級住宅があり、マハテール元首相の別荘があった。



9番ティ横のマハティールの別荘 


ゴールデンホーシーズ・マインズ


ザ・マインズ・リゾートホテル

ザ・マインズ・リゾートホテル

ザ・マインズ・リゾートホテル

距離はメートル表示。プレーするティは自由に選べた。公式コースレーティングは最長の金ティからはないが、それより500ヤード短い6287ヤードの青ティは70.6であった。それゆえ金ティから72.6と推測。このコースはパー71なので、パー72換算では73.8の高い数字になる。

欧州男子プロツアーの2003年度カールスバーグ・マレーシアオープンが開催された。1999年にはワールドカップが開かれ、アメリカのタイガー・ウッズ、マーク・オメーラのチームが優勝した。2004年度Asian Golf Monthlyの読者の投票でサウジャナG&CC・パームコースに次いでマレーシア第2位のコース。

ロバート・トレント・ジョーンズJr.設計の他のマレーシアでのコースはブキットジャンブルCC、デサルーG&CC、プライ・スプリングスリゾート・プライスプリングス・コース、隣国のシンガポールではラッフルズCCがある。