マウント・キナバルGC
Mount Kinabalu Golf Club

コースデータ
所在地マレーシア、サバ州 
コース長6965ヤード、パー72 
コースレート  
プレー日2004年4月13日 
設計者ロバート・グレイブス 
オープン1994年 
キャディなし 
ゴルフカートあり (フェアウェイ乗り入れ可) 
評価
総合評価
4.20
コースレイアウト
3
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
6
クラブハウス
 

キナバル山の中腹に造られた山岳コース。コースは海抜1500メートルに位置するので涼しく、アイアンで半番手は遠くに飛ぶ。コース内から雄大なキナバル山のすばらしい眺めを楽しめる。また手付かずの大自然の中で気分爽快にプレーできる。コースから見る眺めも、コース内の景観も申し分なくすばらしい。



クラブハウスからの景観

7番ホール右にある神秘的な木々

11番フェアウェイからの神秘的な景観

3番  パー4 450ヤード

3番 パー4 450ヤード(2)

3番 パー4 450ヤード(1)

緩やかな打ち下ろしのパー4。ティショットではフェアウェイ右にあるバンカーが効いている。グリーンは縦に細長い。

 

 
5番 パー5 570ヤード
やや左ドッグ、やや打ち上げのロングホール。フェアウェイは比較的タイトで、ホール左はOBで右はハザードがある。
 

5番グリーンから望むホール

5番 パー5 570ヤード(2)

5番 パー5 570ヤード(1)
 
7番  パー4 415ヤード
やや右ドッグの打ち上げのパー4。幻想的なすばらしい景観を持つホール。グリーンは2段で、左右をバンカーが固めている。
 

7番グリーンから望むホール

7番 パー4 415ヤード(2)

7番 パー4 415ヤード(1)
 
10番  パー4 405ヤード

10番 パー4 405ヤード(2)

10番 パー4 405ヤード(1)
緩やかな打ち下ろしの、やや左ドッグのパー4。フェアウェイのど真ん中に大きな岩がある。ホール左はナチュラルハザードが続く。
 
11番 パー3 355ヤード

11番 パー3 355ヤード(2)

11番 パー3 355ヤード(1)
右ドッグの打ち上げのミドルホール。神秘的な美しさを持つホール。特にフェアウェイを歩いている時の背後の景観は、言葉に詰まるほど美しい。
 
13番 パー5 605ヤード

13番 パー5 605ヤード(2)

13番 パー5 605ヤード(1)
距離のあるパー5。ティショットは打ち上げで、セカンド、サードショットは打ち下ろしになり、フェアウェイ幅が狭く、その両脇はハザードになるために、各ショット非常に神経を使うぐらいに、難しいホール。
 
14番 パー3 155ヤード

14番 パー3 155ヤード
谷越えのすばらしいショートホール。砲台ティからはグリーンがとても小さく見えるので、ティショットはプレッシャーになる。
 
17番 パー4 465ヤード
ティから250ヤード先から急にフェアウェイ幅が極端に絞られているため、ロングヒッターはドライバーを使う必要はない。セカンドショットは豪快な打ち下ろしになり、ハザードに囲まれている小さなグリーンを狙う正確なショットが必要。
 

17番グリーンから望むホール

17番 パー4 465ヤード(2)

17番 パー4 465ヤード(1)
 
余談

雲に隠れたキナバル山

シコタキナバル空港から車で2時間15分。ゴルフ場への山道は一部舗装されていない場所があり、特にでこぼこした50メートルの急坂ではなんと、私が乗車したタクシーでは登ることができなかった。それで3人がタクシーを後ろから押して、やっとこさ登れた。4輪駆動車で行かなければならない。同じように4輪駆動車は、マレーシア、サラワク州のホーンビルG&JCに行くときも必要である。レストランはなく、また売店にもカップヌードルしかなく、ランチボックスを持参する方が良い。プレー当日はクラブにバスタオルを置いていなかったので、シャワーの後に使うタオルを持参するほうが良いだろう。

グリーンまでの距離表示杭はグリーンセンターでなくフロントエッジまでの距離なので注意が必要。

キナバル山は4101メートルあり、東南アジアで最高峰として有名である。プレー当日は、ゴルフ場に行く途中では、その荘厳な姿を見ることができたが、ゴルフ場に着くとあいにく雲に覆われていた。この山は施設や登山道もよく整備されていて、富士山のようにがんばれば誰でも登ることができる。エレガントで女性かつ神秘的な美しさを持つ富士山に対して、キナバル山の魅力はゴツゴツした男性美を有している。有名な山を借景にしたアジアでの有名なコースは、中国では玉龍雪山GC、日本では鳴沢GC太平洋クラブ・御殿場コース、インドネシアではメラピGCある。