ティアラマラッカG&CC、レイク・ウメドーコース
Tiara Melaka Golf & Country Club-Lake & Meadow Course

コースデータ
所在地 マレーシア、セランゴール州
コース長 6914ヤード パー72
コースレート 73.9
プレー日 2007年10月17日、2008年5月11日
設計者 ロビー・ネルソン、二-ル・ハワース
オープン 1994年
キャディ あり
ゴルフカート あり (強制)
評価
総合評価
5.00
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
 
レイク、メドー、ウッドランドの各9ホール、合計27ホールの中上級者向けのゴルフ場。メドー・ウッドランドがコースレート75.1になり最も難しい組み合わせだがが、レイク・ウッドランドの方がプレーして面白い。水、バンカーが戦略的に配され、フェアウェイは傾斜していて、比較的狭いので、正確なショットが要求される。コースからはクラブハウス以外は人工物が見えなく、大自然を満喫できる。レイクコースは大小の自然の池を利用してレイアウトされているので多くのホールで水が絡み、メドーコースはフェアウェイが狭い上に両サイドの林が迫っているので3コースの中で最もタフなコースに仕上がっている。 
 


景観

7番、パー3の景観

8番ホールからの景観

 
2番 パー4 408ヤード

左ドッグレッグのミドル。ティーからはドローヒッターは前方の大木がスタイミーになって打ちづらい。また、フェアウェイ左のバンカーが気になる。セカンドショットは打ち上げ。グリーン手前のバンカーは深いので避けるべき。グリーン左は下りの急斜面。


横から望む2番グリーン

2番 パー4 408ヤード(2)

2番 パー4 408ヤード(1)
 
3番 パー3 214ヤード

横から望む3番グリーン

3番 パー3 214ヤード(1)
比較的長いショート。グリーンは縦長で、グリーンの左は下り斜面とバンカーでガードされている。グリーンの中央に尾根が走り、前面は受けていて、後面は下っている。
 
4番 パー5 536ヤード

ほぼストレートのロング。グリーンまで残り150ヤードの地点からフェウェイ左に池が広がり、その池はグリーン前面まで食い込んでいる。グリーンの左は池、右はバンカーでガードされている。


4番 パー5 536ヤード(3)

4番 パー5 536ヤード(2)

4番 パー5 536ヤード(1)
 
8番 パー4 421ヤード

グリーンから望む8番ホール

やや右ドッグレッグの難しいミドル。ティーショットは池越え。グリーン右をガードしている2つのバンカーと池が効いている。グリーンは小さく、2段グリーンで砲台。セカンドショットの距離と方向性が問われるホール。


8番 パー4 421ヤード(3)

8番 パー4 421ヤード(2)

8番 パー4 421ヤード(1)
 
9番 パー5 516ヤード

グリーンから望む9番ホール

ストレートのロング。ティーショットは打ち下ろし。グリーン右に池が広がり、フェアウェイは狭く、右傾斜しているので、正確なティーショットが求められる。セカンドショットの落とし所は、右の池だけでなく、グリーン手前100ヤードからグリーンの前面まで続く長いバンカーにより、とても狭められている。ロングヒッターは2オン可能だが、グリーン右手前と右サイドと奥は池に面するので、狙うか、刻むかの決断に迫れる。


9番 パー5 516ヤード(3)

9番 パー5 516ヤード(2)

9番 パー5 516ヤード(1)
 
12番 パー4 402ヤード

ほぼストレートで、2つのフェアウェイを持つミドルホール。3つのバンカーを挟んで左右に2つフェアウェイがあり、左が高く、右が低い。グリーンは2段で傾斜の強い受けグリーン。グリーン左右にバンカーが配されていて、右のバンカーは深いので要注意。


12番 パー4 402ヤード(3)

12番 パー4 402ヤード(2)

12番 パー4 402ヤード(1)
 
13番 パー3 176ヤード

13番 パー3 176ヤード

谷越えのショートホール。横に長いグリーンの左手前に2つの深いバンカー、奥にも2つバンカーが配されていて、正確なアイアンでの飛距離を要求される。グリーンは中央が高く、左右に下っている。

 
16番 パー5 545ヤード

横から望む16番グリーン

左ドッグレッグのロングホール。ティーショットは緩やかな打ち下ろしで、フェアウェイは左傾斜している。セカンドショットは、右に林、左の池が効いていて落とし所が狭い。グリーン前面は池に面しているので、少しでもショートすると池に捕まる。グリーンは横長で受けていて、グリーン上からのパットは早い。ロングヒッターは2オンできる距離だが、セカンドを安全に刻むか、リスクを承知で果敢にグリーンを狙うかの決断に迫られる。


16番 パー5 545ヤード(3)

16番 パー5 545ヤード(2)

16番 パー5 545ヤード(1)
 
17番 パー4 448ヤード

軽い左ドッグレッグの長くて難しいミドルホール。ティーショットは池ごえで180ヤードから240ヤードのキャリーボールが必要。セカンドショットではフェアウェイセンターにある大木が影響してきて、ボールポジションによっては、大木を避けてグリーンをとらえるためフックボール、スライスボールを打たなければならない。グリーンは右手前のバンカーと、右のマウンドでガードされている。

 

17番 パー4 448ヤード(3)

17番 パー4 448ヤード(2)

17番 パー4 448ヤード(1)
 
18番 パー4 385ヤード

右ドッグレッグの美しいミドルホール。ティーショットは池越え。セカンドショットはグリーン右エッジに接する池と左のバンカーが効いている。2段グリーン。


横から望む18番グリーン

18番 パー4 385ヤード(2)

18番 パー4 385ヤード(1)
 

ウッドランドコース
 
1996年に追加された9ホールは、丘陵・林間コース。豊富な樹木がホールの両サイドに並んでいる。
 
3番 パー4 387ヤード

グリーンから望む12番ホール

左ドッグレッグと右ドッグレッグの2つの攻略ルートがあるミドル。川を挟んでフェアウェイは2分されていて、左ドッグレッグのルートはティーから川越えの240ヤードの飛距離が必要で、ティーショットさえ成功すれば、セカンドショットはグリーンを狙い易いので簡単になる。右ドッグレッグのルートは、220、230ヤード先のフェアウェイ左サイドがベストポジションで、そこからミドルアイアンで川越えのセカンドショットになる。このルートではグリーン手前の3つの深いガードバンカーとグリーン右をガードしている川と林が効いてくる。


横から望む12番グリーン

12番 パー4 387ヤード(2)

12番 パー4 387ヤード(1)
 
4番 パー5 586ヤード

ほぼストレートの距離のあるロング。緩やかな打ち上げでフェアウエィは狭く、両サイドには樹木が並ぶ。グリーン手前のバンカーが効いている。


13番 パー5 586ヤード(3)

13番 パー5 586ヤード(2)

13番 パー5 586ヤード(1)
 
6番 パー4 465ヤード

15番 パー4 465ヤード(2)

15番 パー4 465ヤード(1)
やや右ドッグレッグの緩やかな打ち下ろしのミドル。このホールも両サイドに林。ティーショットの落とし所の両サイドにフェアウェイバンカー、グリーン右には大きなバンカーが配されている。
 
8番 パー3 234ヤード

17番 パー3 234ヤード(2)

17番 パー3 234ヤード(1)
とても長い谷越えのショート。グリーン手前の3つのポットバンカーとグリーン右から奥に伸びている林が効いている。
 
9番 パー4 419ヤード

ティーショットが打ち下ろしの、左ドッグレッグのミドル。グリーン左に池が広がる。グリーン手前から左にかけてガードしているバンカーは深い。


18番 パー4 419ヤード(3)

18番 パー4 419ヤード(2)

18番 パー4 419ヤード(1)

 
余談
クアラルンプールから車で1時間40分。マラッカ市内より車で30分。ビジターの予約は平日に限り可能。サウナあり。ヤード表示なのでメートルに換算した。プレーするティは自由に選べた。


景観

7番、パー3の景観

8番ホールからの景観

ゴルフダイジェストUS誌、2007年度の評価で、マレーシア第4位のベストコースに選ばれている。ロビー・ネルソン、ロドニー・ライト、二-ル・ハワース設計での他のアジアのコースは、インドネシアではバリG&CC、マレーシアではクアラ・ルンプールG&CC、シャン・シュイ(山水)G&CC、シンガポールではウォーレンG&CC、中国では世界第2の高地に位置するジェード・ドラゴン・スノーマウンテン(玉龍雪山)GCシリー(西麗)G&CC深圳GCセンチュリー・シービュー(世紀海景)CC、広州仙村国際CC、上海太陽島GC昆山太陽島GCシェーシャン(佘山)国際GCパームビーチ(粽櫚海景)GC海寧尖山(レイクヒル)GC・ドラゴンコース新天鴻名人GR青島華山CCなどがある。