バンヤンGCホアヒン
The Banyan Golf Club Hua Hin

コースデータ
所在地 タイ、ホアヒン
コース長 7361ヤード パー72
コースレート 75.2
プレー日 2010年8月28日
設計者 ピラポーン・ナマーッ
オープン 2008年
キャディ あり
ゴルフカート あり(フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.80
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
 
 

パイナップル農園の中に造られ、自然の地形を生かした丘陵コース。山々の景観が見事で各ホールと調和している。フロントティーからのプレーは距離が短いのでそれほど難しくないが、バックティーからは水、バンカー、ハザードが良く効き、とてもチャレンジングなコースに仕上がっている。特にOUT9ホールの完成度は高い。グリーンは総じて横長で縦幅があまりないグリーンが多く、グリーンを狙うショットの正確性と距離感が試される。

Asian Golf Monthly というゴルフ雑誌の2008年のアジア・パシフィックでのベストニュー(新設)ゴルフコースの投票で1位に選ばれている。



クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観

2番グリーン奥の景観

スコアカード
 
1番 パー4 423ヤード

1番 パー4 423ヤード(2)

1番 パー4 423ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティーショットではフェアウウェイは広いが、ロングヒッターは右から迫ってくる池に要注意。ティーから250ヤードから右手の池によりフェアウェイ幅が絞りこまれ、270ヤード先が一番狭くなっている。グリーンは砲台で縦に長く3つのバンカーでガードされている。
 
4番 パー3 253ヤード

3番ホールから望む4番グリーン

4番 パー3 253ヤード
池越えの長いショート。横長グリーンは受けていながら左に傾斜している。グリーン手前のガードバンカーが効いている。
 
5番 パー4 377ヤード

5番 パー4 377ヤード(2)

5番 パー4 377ヤード(1)
右ドッグレッグの短いミドル。ティーショットは打ち下ろしになり、フェアウェイは左から右に傾斜しているので、右コーナーに配された250ヤード先のバンカーが効いてくる。セカンドはクリーク越え。グリーンは小さく受けている。
 
8番 パー5 546ヤード
やや右ドッグレッグ。セカンドはクリーク越えになり、打ち上げ。セカンドショットの落とし所には戦略的に配された4つのバンカーに注意。グリーンは横に長く左が高い2段グリーン。縦幅があまりないので、ウエッジでの正確なアプローチショットが要求される。
 

8番 パー5 546ヤード(3)

8番 パー5 546ヤード(2)

8番 パー5 546ヤード(1)
 
10番 パー4 430ヤード
やや右ドッグレッグの難ホール。ティーショットは林とブッシュ越え、セカンドは打ち上げになる。グリーンは横に長く受けている。グリーン左をガードしているバンカーは深い。パイナップッル農園の名残が垣間見られるホール。
 

10番 パー4 430ヤード(3)

10番 パー4 430ヤード(2)

10番 パー4 430ヤード(1)
 
14番 パー4 386ヤード
やや短い軽い右ドグッグレッグの美しいミドル。ティーから300ヤード先にクリークがフェアアウェイを横切る。グリーンは縦横の2段でしかも右傾斜している。
 

14番グリーン

14番 パー4 386ヤード(2)

14番 パー4 386ヤード(1)
 
15番 パー3 147ヤード
名物ホール。距離はあまりなく難しくもないが、風光明媚なショート。グリーン右手に谷と山々、左手にオーシャンビューを望むすばらしい景観が楽しめる。グリーンへは少し打ち下ろしになり、横長のグリーンに打っていく。ピン位置が左の場合は手前のバンカーが効いているのと、グリーンは左側にいくにつれて奥行き狭くなり、バンカーの背後のグリーンは10ヤード強しかないので難易度が増す。
 

17番オーシャンビュー

15番 パー3 147ヤード(2)

15番 パー3 147ヤード(1)
 
16番 パー4 413ヤード
少し打ち下ろしのストレートなミドル。右側はハザードが続き250ヤードの飛距離まではフェアウェイは広いが、それを越えていくと幅が極端に狭くなり、270ヤードでは左側から木立が迫ってくるので要注意。グリーンは縦に細く右サイドはバンカーとクリークでガードされている。グリーンは奥にやや下っているので手前から攻めたい。
 

16番グリーン

16番 パー4 413ヤード(2)

16番 パー4 413ヤード(1)
 
17番 パー3 237ヤード

横からみる17番グリーン

17番 パー3 237ヤード
少し打ち上げのタフで長いショート。小高い山の麓にグリーンが佇むでいる。グリーンに特徴があり、横幅はなんと60ヤードも長く真中が高く左右に下っている。
 
余談

ホアヒン中心部より車で20分。今回は車で15分の同じ経営母体がバンヤンリゾートで宿泊した。リゾート内のビラは広くて快適で無線ランへの接続はリゾート内のどこでも可能であり、食事などはレベルも高かった。

フルバックティーの黒ティーは通常プロのトーナメントしか開放していないが、ハンディー3以下のプレーヤーはスターターとの交渉でプレーできる可能性がある。



バンヤンリゾート

バンヤンリゾート


バンヤンリゾート

バンヤンリゾート

バンヤンリゾートでの食事

プレー当日ホテルのレストランでの夕食時に、「タイ人の設計者も今日のようなアジアを代表するコースを造れるようになったものだ。」とコースを思い出しながら感慨にふけっていると、偶然隣の席に座っていたのが、このコースの設計者ナマーッ氏だった。初対面だが彼とは30分ほどゴルフ設計談義で熱く語ることができた。才能が溢れるナイスガイだ。

トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2015年度のタイでのベスト40コース中第5位に選ばれている。2015年度ではタイにはおよそ270コースある。



キャディのお迎え

レストラン

デザイナー(右)と筆者(左)

(バンヤンコースに関しての、総合評価尺度的観点からの筆者個人の感想になりますが、)
私の評価で4.0以上はもう一度プレーしたい良いコースで、5.0になるとその国を代表するとても偉大なコースになる。これまでアジア各国で多くの名門コースでプレーしたが、5.0以上の評価はいずれも外人(現地人ではなく、外国人)設計のコースである場合が多い。例外は日本の井上誠一作の大洗GGと、このバンヤンGCホアヒンなど数えるほどしかない。似たようなケースではタイの加藤嘉一作のブルーキャニオンGCキャニオンコースは同じアジア人が設計したのだが、現地人の設計ではない。

ピラポーン・ナマーッ設計の他のタイでのコースは、バンサイCCサンティブリサムイCCニカンティGC、シンハーパーク・コーンケンGGある。