ドラゴンヒルズ G&CC
Dragon Hills Golf & Country Club
コースデータ
所在地 タイ、カンチャナブリ
コース長 6812ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2017年2月13日
設計者 ジム・エン
オープン 1996年
キャディ あり
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
4.15
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
4

カンチャナブリとホアヒンの中間に位置する森林コース。周りは山々に囲まれているが、ゴルフコースはほぼフラットで高低差があまりない。ウォーターハザード、バンカーの配置が良く、戦略性が高いコースで攻め応えがある。グリーンは速くてアンジュレーションがある。OUTは比較的単純なホールが多いか、INは面白いホールが続く。10番、11番、12番ホールの3ホールは特に印象に残る。大自然の中でプレーでき爽快な気分を味わえるコース言える。



クラブハウスからの景観

2番グリーン


12番ホールの景観

13番ホールから見る山景

スコアカード
 
2番 パー4 377ヤード

2番 パー4 377ヤード(2)

2番 パー4 377ヤード(1)
左に池が広がるやや左ドッグレッグ。ティショットは少し打ち下ろしになり、池越えの左フェアウェイには200ヤードキャリーで届く。グリーン手前から左は池。グリーンは右手前から左奥に斜めに伸びていて、奥からは急傾斜。
 
3番 パー3 182ヤード

3番 パー3 182ヤード
池越えのショート。グリーンは50ヤード近く奥行きがあり細長い。ピン位置が左奥の場合は難易度が増す。
 
10番 パー4 428ヤード
左ドッグレッグ。ティショットでは落し所が狭い。セカンドはドライクリーク越え。グリーンはハート型でグリーン左のガードバンカーが効いている。
 

10番 パー4 428ヤード(3)

10番 パー4 428ヤード(2)

10番 パー4 428ヤード(1)
 
11番 パー5 520ヤード
左ドッグレッグ。セカンドショットを刻むか2オンを狙うかの決断に迫られる。2オン狙いでは池とバンカー越えのショットになり、大きなグリーンの前半分はバンカーで囲まれ、グリーンは左奥のポットバンカー、右奥の1つの大きなバンカーにもガードされている。
 

11番 パー5 520ヤード(3)

11番 パー5 520ヤード(2)

11番 パー5 520ヤード(1)
 
12番 パー3 181ヤード

12番 パー3 181ヤード(2)

12番 パー3 181ヤード(1)
名物ホール。一つの小島の右半分にグリーンがある美しいホール。グリーン手前に1つバンカーが配され、右は池になる。グリーンは縦長で、右の段は一段と低く、左の段は受けている。
 
15番 パー5 572ヤード
軽く右に曲がってから軽く左に曲がるホール。グリーンは砲台で手前をドライクリークが横切り、グリーンの右サイドに面しながら後方に抜けている。グリーンの左と奥にバンカーが配されている。グリーンの左奥にピンが切られるとグリーン左のガードバンカーを越えていかなければならず、グリーンの奥行きもないので難易度は相当増す。
 

15番 パー5 572ヤード(3)

15番 パー5 572ヤード(2)

15番 パー5 572ヤード(1)
 
18番 パー4 434ヤード

18番 パー4 434ヤード(2)

18番 パー4 434ヤード(1)
ほぼストレートの難ホール。ティショットは2つの右フェアウェイバンカーに注意。グリーンは縦に細長く強く受けている。グリーン手前にいつの大きなバンカー、右は入ればパーセーブが難しい深いポットバンカーが一つ配されている。セカンドの正確性が要求されるホール。
 
余談
カンチャナブリから車で1時間半、ホアヒンから車で2時間10分、バンコクから2時間20分。宿泊施設を併設。


キャディ

レストラン

ランチ

ジム・エンはジャック・ニクラウス設計事務所で働いた経験がある。中国では東莞ヒルビューGCを設計している。