ムアンゲオGC
Muang Kaew Golf Course

コースデータ
所在地タイ、バンコック
コース長7015ヤード、パー72
コースレート 
プレー日2004年9月29日
設計者リー・シュミット、ブライアン・カーリー(再設計)
オープン1993年
キャディあり
ゴルフカートあり
評価
総合評価
4.00
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4

 

クラブハウスからの景観
 フラットなコースで傾斜のあるグリーンと随所にある池、バンカーによりチャレンジングなコースになっている。2003年に全面に改造されて良くなったと聞く。ほとんどのグリーンは砲台になっており、グリーンを外した時は、深いバンカーに捕まるかアプローチが難しくなるかでパーセーブは困難。各ホールをセパレートしている木々が小さく且つ少ないのでティショットであまりプレッシャーを感じないいのが少し欠点だが、各ホールとも長短取り混ぜた設計でプレーヤーを飽きさせないコースに仕上がっている。タイの平均的なグリーンと比べ、グリーンが速かったのでその点も好感できる。
 
3番  パー3 149ヤード

3番 パー3 149ヤード(2)

3番 パー3 149ヤード(1)
距離はあまりない池越えのショートホール。しかし、グリーン手前は池とバンカー、奥はバンカーが待ち構え、グリーンは横に細長くその縦幅は20ヤードしかないので、スピンが効いたハイボールで攻めていきたい。

4番  パー5 499ヤード
フェアウェイ左サイドは池に面し、その池がグリーン手前50-60ヤードのフェアウェイを横切る。それゆえロングヒッターでも簡単に2オンさせてくれない。少し砲台で傾斜のあるグリーンは美しい。

グリーンから望む4番ホール

4番 パー5 499ヤード

4番 パー5 499ヤード

7番  パー3 134ヤード

7番 パー3 134ヤード
池越えのきれいなショートホール。このホールも短いがグリーン手前まで池が迫ってせまっているので、難易度は低くない。
 
8番  パー4 414ヤード

8番 パー4 414ヤード(2)

8番 パー4 414ヤード(1)
右ドッグでフェアウェイ右サイドは池に面している。グリーンは砲台でバンカーによりしっかりガードされている。
 
13番  パー5 570ヤード

13番 パー5 570ヤード(2)

13番 パー5 570ヤード(1)
素晴らしいレイアウトの距離も十分あるロングホール。1打目は急な右ドッグで、2打目からは左ドッグになる。2打目はフェアウェイ左にある池が効いてくる。大きなグリーンの左全体に深いバンカーが配され、このバンカーに入れるとパーセーブが難しくなる。惜しみらくは、ティショットがブラインドになり、どこに打てばよいか分からないのが欠点。これは砲台ティにすれば解決できるし、そうすればティから素晴らしいレイアウトのホール全体を望むことが満喫できるはずだ。
 
15番  パー4 464ヤード

15番 パー4 464ヤード(2)

15番 パー4 464ヤード(1)
距離の非常に長いミドルホールなので、ティショットはガンガン飛ばしていきたい。セカンドはロングアイアンかフェアウェイウッドで打つことになるが、グリーン右には深いバンカー、左手前には池が配されているので、正確なショットが要求される。
 
16番 パー4 323ヤード

16番 パー4 323ヤード(2)

16番 パー4 323ヤード(1)
非常に短いパー4だが、250から280ヤード飛べば、グリーン手前に連座している、バンカーに捕まる。これらのバンカーにさえ入れなければバーディチャンスが出てくる。ティからホール全体を見渡せる美しいホール。

17番  パー3 179ヤード

17番 パー3 179ヤード
グリーンをガードしているバンカーと独特な形状のグリーンの相まって、印象的なショートホール。
 
余談
バンコック都心から車で30分の至近距離に位置。

リー・シュミットはピート・ダイのアシスタントを7年間務め、ジャック・ニクラウスとパートナーを組んだ。リー・シュミット、ブライアン・カーリーとジャック・ニクラウスの共同の設計は、中国ではスプリングシティ(春城)G&LR・マウンテンコース中山温泉GC・ジャック・ニクラウスコース、日本では石岡GC六甲国際GC(再設計)、ザ・トラディションGC、プレジデントGC、ニューキャピタルGG、山陽GC(再設計)、サン・ベルグラビアCC、ベアパウズジャパンCC、マレーシアではスンガイロングCC、タイではスプリングフィールド・ロイヤルCCがある。また、世界最大のゴルフ場、10コースを持つミッションヒルズの内、ファルドコース、尾崎コースを始め何と8コースもの共同設計者である。

他のタイでのリー・シュミット、ブライアン・カーリーの単独での設計コースは、アマタスプリングCCチェンマイ・ハイランズG&SRがある、サイアムCC・オールドコース(再設計)、プランテーションコースがある。