レッドマウンテンGC
Red Mountain Golf Club

コースデータ
所在地タイ、プーケット
コース長6905ヤード  パー72
コースレート72.7
プレー日2007年10月28日
設計者ジョナサン・モロー 
オープン2007年
キャディあり
ゴルフカートあり (強制、フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.75
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
 

1番ホールの景観

スズ鉱山の跡地に造られた、高低差のかなりある丘陵コース。長年の採掘で切り取られた赤土の小山がコース中に点在し、各ホールをセパレートしている。豊富な熱帯雨林と相まって、独特な景観をかもし出している。自然の立地をそのまま活かした設計で、フェアウェイが狭いホールが多く、基本的には中上級者向けのコース。狭いフェウェイだけでなく、池、バンカーも戦略的に配され、各ホールにおいて攻めるか、守るかの頭脳プレーを要求される。ショート、ミドル、ロングホール全てで長短を上手く組み合わせている素晴らしいレイアウト。



1番グリーン手前の池

10番ティーからの景観

17番から望む2番ホールの景観

 
2番 パー3 196ヤード

横から望む2番グリーン

2番 パー3 196ヤード(1)
池越えのショート。グリーン手前だけでなく、右も奥も池に面する。グリーンは55ヤードと横に長く、真ん中が高く馬の背になっている。ピン位置が右の時は、奥行きがあまりないグリーンの手前はバンカーと池、奥も池に面しているので、難易度が更に増す。グリーン背後に聳える赤土の小山の景観は見事。
 
3番 パー4 365ヤード

3番 パー4 365ヤード(2)

3番 パー4 365ヤード(1)
やや左ドッグレッグの短いミドル。狭いフェアエウェイの左右に熱帯雨林が迫り出していて、ティーショットは難しい。このホールも赤土の小山のふもとにグリーンが佇んでいる。
 
5番 パー3 176ヤード

5番 パー3 176ヤード(2)

5番 パー3 176ヤード(1)
豪快な打ち下ろしのショート。50メートル近くの深さの谷底あるグリーンに打ち下ろしていく。ショートアイアンでグリーンを狙えるが、グリーン左には熱帯雨林が迫り出しているので、グリーンから10メートル左に外すとロストボールになる。
 
6番 パー5 562ヤード
右ドッグレッグのロング。ティーショットは打ち下ろし。セカンドショットで右の池と、フェアウェイ左右のバンカーが効いてくる。グリーンに近づくにつれ、フェアウェイ幅は絞られてくる。グリーン前面は池に面する。

グリーから望む6番ホール

6番 パー5 562ヤード(2)

6番 パー5 562ヤード(1)
 
7番 パー4 396ヤード
ストレートの緩やかに打ち下ろしていくミドル。このホールもティーショットの落とし所が狭い。グリーンは少し砲台で2つの小山がグリーン右横と背後に聳えている。 
 

7番グリーン横の小山

7番 パー4 396ヤード(2)

7番 パー4 396ヤード(1)
 
9番 パー3 169ヤード

9番 パー3 169ヤード
少し打ち下ろしのブッシュ越えのショート。グリーンはブッシュに囲まれていて、水に囲まれたアイランドグリーンよりも新鮮味がある。
 
11番 パー4 441ヤード

11番 パー4 441ヤード(2)

11番 パー4 441ヤード(1)
やや左ドッグレッグの長いミドル。ティーからグリーンまで左は池。グリーン周りにはバンカーが効果的に配されている。グリーンは緩やかな傾斜の3段グリーン。

14番 パー4 345ヤード

14番 パー4 345ヤード(2)

14番 パー4 345ヤード(1)
左ドッグレッグの後、右ドッグレッグしている短いミドル。ティーショットは打ち下ろし。ティーからは飛べば飛ぶほど落とし所が狭くなっているので、ドライバーを使わないのが賢明。セカンドショットは池越え。グリーンは横長で奥行きはあまりない。グリーン背後の赤土の小山が印象的。
 
16番 パー4 458ヤード
大きな池を囲むように左ドッグレッグしている、距離のあるミドル。ティーショットは打ち下ろし。セカンドショットは池越え。セカンドショットの距離と方向性が重要なホール。
 

グリーン後方から望む16番ホール

16番 パー4 458ヤード(2)

16番 パー4 458ヤード(1)
 
17番 パー4 389ヤード
ストレートのやや打ち上げのミドル。ティーショットは池越え。グリーンは砲台で、手前のバンカーが効いている。両サイドにある赤土の小山の間にグリーンが造られていて、この小山が美しいのと同時にホールの戦略性をも高めている。特に、左の小山はグリーンのすぐ近くに聳えているので、セカンドショットでのフックボールは禁物。
 

17番 パー4 389ヤード(3)

17番 パー4 389ヤード(2)

17番 パー4 389ヤード(1)
 
18番 パー5 533ヤード
右ドッグレッグのロング。ティーショットは少し打ち下ろしになり、フェアウェイ右のバンカーが効いてくる。セカンドショットはフェアウェイを横切る3つのバンカーを越えるか手前に刻むかの決断に迫られる。
 

18番 パー5 533ヤード(3)

18番 パー5 533ヤード(2)

18番 パー5 533ヤード(1)
 
余談

コテージタイプのホテル

プーケット空港から車で45分。プーケットタウンから車で15分。ビジターの予約は可能。フルバックティーからのプレーは可能。コテージタイプの宿発施設あり。クラブハウスを新たに建設中。

トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2015年度のタイでのベスト40コース中第6位に選べれている。

このゴルフクラブには、ロックパームGCがあり、合計36ホールのゴルフ場である。ジョナサン・モローはプーケット在住のイギリス人。初めて聞く名前だが、素晴らしい設計をしている。