ペブルビーチ ゴルフリンクス
Pebble Beach Golf Links

コースデータ
所在地 アメリカ、カリフォルニア州、モントレー
コース長 6828ヤード パー72
コースレート 74.7
プレー日 2015年4月30日
設計者 ジャック・ネヴィル、ダクラス・グラント
再設計者 チャンドラー・イ―ガン、アリスター・マッケンジー(1929年)
オープン 1919年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.55
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
7
満足度
6

モントレー半島の絶景の地に広がる美しいシーサイドコース。アメリカのパブリックコースで最も評価と知名度が高い。グリーンが小さく、距離的にはパー72で6828ヤードと現代の基準では短いが、海風、戦略的に配されたバンカー、多くのホールで迫ってくる海岸線、距離が出るほどタイトなフェアウェイなどで、なかなか手強いコースと言える。リスクと報酬ホールが多いのも特徴の1つ。



ロッジからの景観

4番ホール景観

6番ホールからの景観

1番から3番は内陸部に位置し、4番から10番ホールはモントレー半島の海岸線を縫って設計されている。11番から16番まで再び内陸部に戻り、17番で海に向かって進み、最終ホールはドラマチックな海沿いのホールになる。1,2、11,12,13,15番ホールは普通だが、その他のホールはおもしろいホールが続き、景観も良い。7番から10番までの4ホールが特に世界クラスで素晴らしい。


アヒルと7番グリーン

7番ホールからの景観

グリーンを背に望む8番ホール

ペブルビーチGLはトマトジュースのメーカー、デルモンテが高級ロッジとともに開設した。設計したのは地元のアマチュア二人だが、オープン10年後の全米オープン(1929年)に備えて、地元の有名なアマチュア、チャンドラー・イーガン(全米アマ2回優勝)が伝説的なアリスター・マッケンジと組み大幅な改造を施して現在のスタイルになった。今までに5度の全米オープンを開催し、2019年に6度目の全米オープンが行われる。その他、毎年2月にPGAツアーのAT&Tペブルビーチプロアマの会場のひとつでもある。



9番ホールからの景観

10番フェアウェイからの景観

15番ティからの景観

スコアカード

 
3番 パー4 390ヤード

3番 パー4 390ヤード (2)

3番 パー4 390ヤード (1)
急な左ドッグレッグ。ティショットでは左のコーナーに配されたバンカー越えは220ヤードのキャリーが必要。右FWは合計の長さが120ヤードほどの3個のバンカー連なっているので、そのコーナーのバンカーを越えてもそれらのFW奥のバンカーに捕まりやすく、ティショットはドローボールが良い。セカンド地点から海が見える。砲台の受けグリーンは左右のバンカーでガードされている。
 
4番 パー4 426ヤード

右の海に沿って、緩やかに打ち上げていくストレートホール。短いミドルなのでロングヒッターはグリーン近くまでティショットを運べるが、ショットが飛べば飛ぶほど、右のバンカーと右から迫ってくる海岸線により、落し所が狭くなるので、ティショットを刻むか、ドライバーを使うかの決断に迫られる。グリーンは縦に細長く。左右後方をバンカーに囲まれ、強く受けている。

 

横から望む4番グリーン

4番 パー4 426ヤード(2)

4番 パー4 426ヤード(1)
 
5番 パー3 192ヤード

太平洋を右手に臨みながら打つ、崖越えのショート。グリーンは絶壁の左に配され、4個のバンカーでガードされている。ピン位置がどうであれ、グリーン左半分を狙うのが安全。1998年にニクラウス設計により追加されたホール。

 

横から望む5番グリーン

5番 パー3 192ヤード(2)

5番 パー3 192ヤード(1)
 
6番 パー5 506ヤード

やや右ドッグレッグの短いロング。ティショットは右から海岸線、左から4個のFWバンカーが迫っており、このホールもティショットが飛べば飛ぶほどFWは狭い。安全ルートはFW左半分にボールを運ぶのが理想。セカンドは2打目の場所によっては絶壁越えのブラインドの打ち上げ。グリーンは右傾斜で左右に3つのバンカーが配されている。

 

6番 パー5 506ヤード(3)

6番 パー5 506ヤード(2)

6番 パー5 506ヤード(1)
 
7番 パー3 106ヤード

モントレー半島突端の眺めの素晴らしいティーグラウンドから打ち下ろす短いショート。グリーンは海と6個のバンカーに囲まれ、中央が馬の背の3面グリーン。風の影響を受け易いホールで、アゲインストの風が強い時はプロでも5番アイアンで打つことがあると聞く。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

 

横から望む7番グリーン

7番 パー3 106ヤード(2)

7番 パー3 106ヤード(1)
 
8番 パー4 427ヤード

ティショットはFW面が見えないブラインドになる右ドッグレッグホール。ティから250ヤード先は海なので、ロングヒッターはドライバーを使えない。セカンドは海越え絶壁越えの打ち下ろし。グリーンの左右と奥にバンカーが配され、グリーンは強く受けている。グリーンからのティ方面を望む景観は迫力があり圧巻。このホールもゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホール。

 

グリーンから望む8番ホール

8番 パー4 427ヤード(2)

8番 パー4 427ヤード(1)
 
9番 パー4 481ヤード

右ドッグレッグの緩やかに打ち下ろし。距離のあるミドルでティからグリーンまで右は崖。ティショットはセミブラインドでFWは右傾斜。セカンドはつま先下がりのライから長いセカンドショットを打つことになり、スライスが出やすいため、グリーンの左から攻めるのが良いがグリーン左手前に配された1個の深いバンカーが効いてくる。グリーンの右から奥は崖でガードされている。受けグリーン。

 

9番 パー4 481ヤード(3)

9番 パー4 481ヤード(2)

9番 パー4 481ヤード(1)
 
10番 パー4 446ヤード

FWとグリーンの右は崖が続く、ほぼストレートのミドル。ティショットではFWが急な右傾斜なために、FWの左端を狙いたいが、大小3個の左FWバンカーが並ぶ。グリーンの左と奥はバンカーでガードされている。強い受グリーン。

 

横から望む10番グリーン

10番 パー4 446ヤード(2)

10番 パー4 446ヤード(1)
 
14番 パー5 572ヤード

右ドッグレッグ。ティショットでは左右に合計5個のバンカーが配されている。セカンド、サードショットは打ち上げ。グリーンは手前のガードバンカーはとても深くて大きいので高い球でキャリーしたい。グリーン右にもバンカー。グリーンは左右の段差が強い2段状。

 

14番 パー5 572ヤード(3)

14番 パー5 572ヤード(2)

14番 パー5 572ヤード(1)
 
16番 パー4 401ヤード

16番 パー4 401ヤード (2)

16番 パー4 401ヤード (1)
やや右ドッグレッグ。ティショットはFWセンターにある大きなクロスバンカー狙い。200ヤードのキャリーで越える。ティから260ヤード先からはFW幅が半分と狭くなり、右FWバンカーも2個並び、ダウンヒルのライから打つことになるので、FWウッドかアイアンでのティショットするのが賢明。セカンドはやや打ち下ろしで、大きなバンカー越え。セカンドは左に並ぶオークの木立の枝葉がグリーンに被っているので注意。
 
17番 パー3 177ヤード

17番 パー3 177ヤード
海に向かって打つショート。横にとても長いグリーンで奥行きがあまりない。グリーンの手前は1個の大きなバンカーでガードされ、右側と奥にも6個のバンカーが配されている。ピンが左の時は、グリーンすぐ左の海に注意。
 
18番 パー5 543ヤード

海に沿って左ドッグする美しいロング。ティショットは部分的に海越えになり、FWにある一本の木のすぐ左狙いが良い。セカンドはグリーンまで150ヤード続くとても長い左FWバンカーのすぐ右のFWに置くのが理想。FWの右に行くとサードショットで前方の背の高い木がスタイミーになる。グリーンは手前のバンカーが良く効いていて、左右にもバンカーが配され、グリーンのすぐ左は海になる。グリーンの傾斜は右手から海岸方面に下っている。このホールもゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホール。

 

18番 パー5 543ヤード(3)

18番 パー5 543ヤード(2)

18番 パー5 543ヤード(1)
 
余談

車でモントレーから20分、サンフランシスコ空港から2時間。コースに隣接してロッジ・アット・ペブルビーチがある。プレー後の食事はこのロッジのレストランでするプレーヤーが多い。プレー前夜の宿泊はリゾート内のザ・イン・アット・スパニッシュベイでペブルビーチGLまで車で8分。 リゾート内にはペブルビーチ、スパイグラスヒルスパニッシュベイ、デルモンテの4つのコースがある。



ロッジ・アット・ペブルビーチ

ロッジ・アット・ペブルビーチ

マイケル・ジョーダンの家(2015年時)

ジャック・ネヴィル設計の他のコースは、モントレー・ペニンシュラCC(ショアコース)、パシフィック・グローブGL、リンカーン・パークGCがあり、ベルエアCCの設計にも影響を与えた。再設計者のチャンドラー・イーガンはユージンCC、ザ・ユニオンリーグG&CC、グリーン・ヒルズCCなどを設計している。



レストラン

レストラン

レストランからの景観


ランチ


ランチ


ランチ

トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.com)の2016年度カリフォルニア州で第2位のベストコース。カリフォルニア州にはおよそ1000のコースがある。ゴルフマガジン2017年度世界ベスト100コースの9位に選ばれている。ゴルフマガジン2017年度全米100では33位。