ケープ・ウィッカム リンクス
Cape Wickham Links

コースデータ
所在地 オーストラリア、タスマニア州、キングアイランド
コース長 6725ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2016年2月9日
設計者 マイク・デフリース、ダライアス・オリバー
オープン 2015年
キャディ なし
ゴルフカート あり(FW走行可)
評価
総合評価
5.65
コースレイアウト
6
難易度
4
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
7
満足度
7

全てのホールで海が見えるリンクスコース。8ホールが岩だらけの海岸線に沿ってデザインされ、他に2ホールはグリーンの奥が海に面するのでアプローチショットは海に向かって打つことになる。起伏のあるファアウェイ、曲がりくねった海岸線、デューン(砂丘)、高低差のある丘、山の背、崖の上。谷と変化のある地形に、素晴らしい18ホールがレイアウトされている。フェアウェイは広く距離も長くないので、海風が強くなければそれほど難しいコースではない。各ホールが全て戦略的で幾通りの攻め方があり、プレーして飽きない。9番、18番ホールは世界クラスのホール。



クラブハウスからの景観

クラブハウスからの景観

6番ティからの景観


11番グリーンの景観

6番ホールから見る12番グリーン

16番ティからの景観

スコアカード
 
1番 パー4 372ヤード

1番 パー4 372ヤード(2)

1番 パー4 372ヤード1)
右に海が広がる右ドッグレッグ。ティショットはクリフ(崖)越え。砲台2段グリーンでグリーンは左に3つ右に1つのバンカーでガードされている。
 
3番 パー3 186ヤード

3番 パー3 186ヤード(2)

3番 パー3 186ヤード(1)
右に海が広がるショート。グリーンは縦に48ヤードと長い。グリーン左奥から右手前に急傾斜。このグリーンも左に2つのバンカーとクリフがある。

 

 
6番 パー5 489ヤード

右ドッグレッグの緩やかな打ち上げ。ロングヒッターが2オンを狙うと、グリーン左から奥に広がるデユーンが効いてくる。横長グリーンで左から右に急傾斜。グリーン手前に3つのバンカーが配されている。

 

6番 パー5 489ヤード(3)

6番 パー5 489ヤード(2)

6番 パー5 489ヤード(1)
 
8番 パー4 420ヤード

8番 パー4 420ヤード(2)

8番 パー4 420ヤード(1)
ティショットがブラインドになるストレートホール。セカンドは緩やかな打ち上げ。砲台の受けグリーン。グリーン手前と右にバンカー、左右に深いラフが配されている。
 
9番 パー5 534ヤード

景観、レイアウトの良さとも素晴らしいロング。海に向かって打ち下ろしていく、名物ホール。右に曲がってから左に曲がるダブルドッグレッグ。セカンドは両サイドからデユーンが迫ってきて落し所がタイト。グリーン手前から左サイドの一部はサンドの荒地に面し、2オン狙いのセカンドとパーオンでのサードショットで効いてくる。グリーン右は一つの大きなバンカーでもガードされている。グリーンは奥から右に急傾斜。

 

9番 パー5 534ヤード(3)

9番 パー5 534ヤード(2)

9番 パー5 534ヤード(1)
 
10番 パー4 358ヤード

ストレートの急な打ち下ろし。セカンド地点から望むグリーンと海は絶景。グリーンは段差の強い左右の2段グリーン。グリーン両サイドにバンカーが配されている。

 

10番 パー4 358ヤード(3)

10番 パー4 358ヤード(2)

10番 パー4 358ヤード(1)
 
12番 パー4 323ヤード

12番 パー4 323ヤード(2)

12番 パー4 323ヤード(1)
左ドッグレッグの短いミドル。安全にはフェアウェイ・ウッドとかアイアンで刻むのが良いが、ロングヒッターはドライバーでクリフ(崖)越えの難しいティショットにトライでき、成功すればボールをグリーン近くまで運べる。グリーン半分はクリフに囲まれていて、グリーンは右が高い左右の2段グリーン。
 
14番 パー4 422ヤード

14番 パー4 422ヤード(2)

14番 パー4 422ヤード(1)

灯台に向かって打つ急な左ドッグレッグ。ティショットは左に連座する5つのフェアウェイバンカー越えか、それらのバンカーの手前に刻むかの決断に迫られる。グリーンは馬の背。

 
15番 パー5 582ヤード

緩やかにやや左ドッグレッグ。フォローの風が強いと2オン可能。

 

15番 パー5 582ヤード(3)

15番 パー5 582ヤード(2)

15番 パー5 582ヤード(1)
 
16番 パー4 412ヤード

右ドッグレッグ。ティショットは海越え。フェアウェイは急な右傾斜でグリーンまで同じように右傾斜している。グリーンの右から奥はすぐに崖か海なので、セカンドのスライスボールは要注意。

 

16番 パー4 412ヤード(3)

16番 パー4 412ヤード(2)

16番 パー4 412ヤード(1)
 
17番 パー3 179ヤード

17番 パー3 179ヤード(2)

17番 パー3 179ヤード(1)
右に海岸線が走る谷越えのショート。グリーンは縦長でグリーンの真ん中に大きなマウンドがありパットが難しい。

 

 
18番 パー4 432ヤード

18番 パー4 432ヤード(2)

18番 パー4 432ヤード(1)

もう一つの名物ホールで世界クラスの最終ホール。美しいビーチに沿って三日月の形で右に曲がるホール。ティショットは谷越え。グリーンの右サイドはハザードのビーチに面していので、セカンドの左サイド狙いが安全だが、グリーン左手前の1つのガードバンカーが効いてくる。グリーンは縦に細長く。奥半分は真ん中から少し下っている。

 
余談

メルボルンからキングアイランドまで飛行機で45分。空港から車で45分。メートル表示なのでヤードに換算した。ロッジあり。



コース内の灯台

小型飛行機

上空からの景観


今回の移動はVortex Airという会社の8人乗りの小型飛行機を使い、メルボルン国際空港から送迎車で1時間のMoorabbin空港からバーブーグル・デューンズ・ゴルフ場敷地内のゴルフ場敷地内の小さい滑走路に直接着陸して2泊2プレーした後に、キングアイランド島飛行場に飛び、キングアイランドで2泊してオーシャン・デューンズ、ケープ・ウィカムGCとプレーした。4か所の良いコースをプレーするにはメルボルン経由でこの小型飛行機を使うのが良い。7、8人で集まれば一人当たり値段はそれほど高くないので、お勧め。4人乗り小型飛行機もある。上空から望む景観は絵葉書になるほど美しい。

2015年にオープンしたばかりだが、2016年のゴルフ・ダイジェスト世界ベスト100にはなんと24位にランクインされている。設計者のマイク・デフリースはアメリカのミシガン州を中心に25コースほど設計している。ミシガン州ではキングスリークラブ、マーケットGC、ピルグリムス・ランGG、ザ・マインズGCなどがある。