グレイズGC
Glades Golf Club
コースデータ
所在地 オーストラリア、クイーンズランド
コース長 7033ヤード、パー72
コースレート 74.0
プレー日 2006年1月7日、2013年5月4日
設計者 グレッグ・ノーマン、ボブ・ハリソン
オープン 2000年
キャディ なし
ゴルフカート あり(強制、フェアウェイ乗り入れ可)
評価
総合評価
4.60
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
 

湿地帯に展開されたフラットなコースで挑戦的なレイアウト。フェアウェイ、グリーン周りともバンカーが深く、コース内に98個も点在するバンカーを避けるコースマネジメントが必要。また、グリーンの状態が良く、しかも高速グリーンでアンジュレーションがかなりあり、ほとんどのグリーンが砲台形になっているのも特徴の一つ。グリーンの傾斜を上手く読まないと、3パットの危険性が大きい。グリーンだけでなく、ファアウェイにも少し傾斜がある。カモやシラサギなどの野鳥も豊富にいて、大自然を満喫しながら、のどかな雰囲気の中でプレーすることが出来る。



クラブハウスからの景観

6番アイランドティーグランド

高級住宅


ブラックスワン

サギ

ハスの花

スコアカード

 

2番 パー4 441ヤード
右ドッグレッグ。セカンドショットは湿地帯越えになり、水よりもグリーン右サイドをガードしているバンカーが効いてくる。少し砲台のグリーンとバンカーと池の配置が素晴らしい。
 

2番 パー4 441ヤード(3)

2番 パー4 441ヤード(2)

2番 パー4 441ヤード(1)
 
5番 パー3 189ヤード

5番 パー3 189ヤード
池越え、バンカー越えの、名物ホール。ホール左側は全て池で、その池の沿うように長いバンカーがレイアウトされている。息を呑むほどの美しさであるが、同時に戦略的なホールでもある。
 
7番 パー5 575ヤード
左ドッグレッグで、グリーンは右に振られている。ホール右サイドは池が続き、各ショットの落しどころを限定している。
 

7番 パー5 575ヤード(3)

7番 パー5 575ヤード(2)

7番 パー5 575ヤード(1)
 
9番 パー4 435ヤード

9番 パー4 435ヤード(2)

9番 パー4 435ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットでは左コーナーに連座するバンカーが良く効いている。グリーンはバンカーでガードされているので正確なセカンドショットが必要。

 

 
10番 パー4 388ヤード

10番 パー4 388ヤード(2)

10番 パー4 388ヤード(1)
左ドッグレッグの距離は長くないが、難ホール。ホールに沿うように池が右に続く。ティショットでは距離が出るほど、落し所が絞られている。グリーン左右にウォーターハザードがあり、砲台グリーンの左右はバンカーだけでなく、池も効いてくる。

 

 
12番 パー5 538ヤード
右ドッグレッグ。ホール両サイドに林が並び、林間コースの趣がある。グリーン右は池になり、このホールも砲台グリーン。バンカー、池の配置が戦略的であり、かつ景観的に美しい。
 

12番 パー5 538ヤード(3)

12番 パー5 538ヤード(2)

12番 パー5 538ヤード(1)
 
16番 パー4 335ヤード

16番 パー4 335ヤード(2)

16番 パー4 335ヤード(1)
急な左ドッグレッグの非常短いミドルホール。ロングヒッターはグリーン近くまでティショットを運ぶことができるが、池越えのティショトのどの地点を越えるかの明確なコースマネジメントが必要。バーディも期待できるが、池に捕まるとダブルボギーもありうるホール。
 
17番 パー3 161ヤード

17番 パー3 161ヤード(2)

17番 パー3 161ヤード(1)
池越えのパー3。グリーン右以外は池に囲まれている、美しいホール。水が絡まないグリーン右サイドに逃げると、大きなバンカーが待ち受けている。

 

 
18番 パー4 456ヤード 

18番 パー4 456ヤード(2)

18番 パー4 456ヤード(1)
距離のある、急な左ドッグレッグ。ホール左には池があり、ティショットは池越えを要する。ティショット、セカンドとも距離が出て正確なショットをしなければパーオンしない。特にティショットは左に曲がるとウォーターハザードで、右に曲がると、セカンドの距離がとても長くなる。グリーンは砲台になっていて、バンカーでガードされている。
 
余談

ブリスベン空港から車で1時間20分、ゴールドコーストのサーファーズパラダイスより車で20分。クラブハウスに隣接してスパ施設があり、スパ・マッサージの評判は良い。また、品の良い住宅がコースを取り囲むように建っている。ヤーデージ杭はメートル表示。バックティからは誰でも自由にプレーできる。2013年のプレー後に シェラトンミラージュ ゴールドコーストで宿泊した。



シェラトンミラージュ ゴールドコースト

シェラトンミラージュ ゴールドコースト

シェラトンミラージュ ゴールドコースト

このコースは、ゴルフダイジェスト誌で2006年度オーストラリア第40位に選ばれている。グレッグ・ノーマン、ボブ・ハリソン設計の他のオーストラリアでのコースはエラーストン(同ランク4位)、ザ・ナショナルGC・ムーナーコース(同8位)、ブルックウォーターGC (同19位)、ペリカンウォーターズGC (同42位)、ザ・ビンテージGC(同44位)、ザ・グランド (同51位)、サンクチュアリー・レークスGC(同87位)、セトラーズ・ランG&CC(2014年同評価第65位)などがある。