ロイヤルポートラッシュ GC、ダンルースコース
The Royal Portrush Golf Club (Dunluce Course)

コースデータ
所在地 北アイルランド、アントリム・カウンティ
コース長 7143ヤード パー72
コースレート 75.0
プレー日 2016年7月19日
設計者 ハリー・コルト
オープン 1933年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.60
コースレイアウト
7
難易度
6
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
5
満足度
6

36ホールある・雄大なリンクスコース。ダンルースコースは時計の反対周りに回ってから6ホール目から時計周りになり、11ホール目から小さい時計の小さい半周をかけて時計の反対周りをしてから、最後の3ホールはクラブハウスの反対側に鋭角な三角形で行き来して、9ホールを終えてクラブハウスに戻らないユニークなルーティングになっている。デュ―ンの広大な土地(砂丘)を登り、波打つ砂丘の間を通り抜けながらプレーが進んでいく。ホール毎に方向と高さが変化して、ほとんど真っすぐなホールがないうえに、うず高く草がぼうぼうと生えたデューン、狭くうねっているフェアウェイ、戦略的に配された数々のバンカー、膝丈までびっしり生えた深いラフ、傾斜の強いグリーン、強い海風などにより相当手ごわいコースと言える。フェアウェイは固く締まっているので、ランが伸び、飛距離が出る時は嬉しいが、転がりすぎてバンカーとかラフに捕まるアンラッキーなこともある。



3番ティからの景観.1

3番ティからの景観.2

13番ホールからの景観

クラブが誕生したのは1988年だが、後世のエドワード7世がパトロンとなってRoyalが冠されて正式に現在の"The Royal Portrush Golf Club"と命名されたのは1895年。当初の9ホールから,ハリー・コルトにより世界的に誉が高いダンルースコース18ホールを設計されたのは45年後の1929年のことである。ミュアフィールドに匹敵するハリー・コルトの傑作と言われている。彼は同じクラブの名コース、バレーの18ホールも設計している。1951年にイギリス、スコットランド以外で初めて全英オープンが開催された。2019年には2回目の全英オープンを開催するとことに決定。2012年アイルランドオープン開催されている。

一筋縄ではいかない12番グリーンの傾斜

コースの景観 1

コースの景観 2

スコアカード

 
1番 パー4 416ヤード

1番 パー4 416ヤード(2)

1番 パー4 416ヤード(1)

やや左ドッグレッグ。ティショットでは右のOBラインは浅いが、フェアウェイ右サイドからがセカンドでグリーンを狙いやすい。グリーン左と左前にはあごの高い2つのバンカーとその後方にはゴース(ハリエニシダ)がある。グリーンは強く受けながら左傾斜している。

 
2番 パー5 528ヤード

左ドッグレッグ。ティショットはフェアウェイ右側にOBゾーンが平行し、左側はラフがある。ティショットでは右に3つ、セカンドはグリーン左手前に連座する3つのフェアウェイバンカーが効いてくる。グリーンは砲台でその左は強い下りスロープなので、グリーンを左に少しでも外すと傾斜で深いラフまで転がる。強い受けグリーン。

 

2番 パー5 528ヤード(3)

2番 パー5 528ヤード(2)

2番 パー5 528ヤード(1)
 
4番 パー4 479ヤード

やや左ドッグのタフホール。距離が長くてファアウェイのすぐ右側にOBゾーンが平行し、グリーン近くまで続いている。またティショットでは左前方には2つのフェアウェイバンカーもあり、落し所を狭めている。セカンドは左右にある2つのマウンドの間を打っていく。受けグリーン。

 

4番 パー4 479ヤード(3)

4番 パー4 479ヤード(2)

4番 パー4 479ヤード(1)
 
5番 パー4 441ヤード

右ドッグレッグの打ち下ろし。(風の少ない晴れた日のティーグラウンドから見渡す広い空とコバルトブルー色の海と緑色のコースの1部の色彩の対照は美しく、穏やかな景観を作り出し、見る者に時間を忘れさせる。)ティショットは2つのルートがあり、リスクが高いが右コーナーの先のドッグレッグコーナーを越えていくショートカット・ルート(失敗すれば深いラフ)と、ストレートにフェアウェイ左サイドを安全に打っていくルートがある。セカンドは若干の打ち上げで、グリーンは縦に細長い2段グリーンになっている。グリーンに上がると、奥が崖でOBゾーン、崖下には大勢の海水浴客が集まる美しいビーチが広がる光景となっている。セカンドをラフから打つときはフライヤーでボールが転がりすぎてOBになるので注意。

 

5番グリーンすぐ奥の崖下に広がるビーチ

5番 パー4 441ヤード(2)

5番 パー4 441ヤード(1)
 
7番 パー4 431ヤード

左ドッグレッグの難ホール。ティショットではフェアウェイはとても狭く左傾斜している。セカンドはやや打ち上げになり、グリーンは砲台で手前に2つのバンカーが配され、グリーン左右にラフが待ち構える。

 

7番 パー4 431ヤード(3)

7番 パー4 431ヤード(2)

7番 パー4 431ヤード(1)
 
8番 パー4 433ヤード

8番 パー4 433ヤード(2)

8番 パー4 433ヤード(1)

強い左ドッグレッグの打ち上げ。グリーンは縦に細長く、左右が窪地でその周りは背の低いデューンに囲まれている。

 
11番 パー3 191ヤード

11番 パー3 191ヤード(2)

11番 パー3 191ヤード(1)
美しい打ち下ろしのショート。グリーンは砲台で5つのバンカーに囲まれている。グリーンは左傾斜。
 
12番 パー4 412ヤード

12番 パー4 412ヤード(2)

12番 パー4 412ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。セカンドは緩やかな打ち上げ。グリーン手前のフェアウェイは大きく窪んでいる。グリーンは強い砲台でしかも細長く、左側にバンカーが配されている。パーオンするためにはセカンドの正確性が要求されるホール。
 
13番 パー4 418ヤード

13番 パー4 418ヤード(2)

13番 パー4 418ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットはやや打ち下ろしになり、フェアウェイ左右に配されたポットバンカーが効いてくる。グリーンの左に外すと強い下りスロープなので、返しのアプローチは難しくなる。またグリーンの左に1つ、左手前に1つのバンカーが配されている。セカンドから見る海は絶景。
 
14番 パー3 210ヤード

14番 パー3 210ヤード(2)

14番 パー3 210ヤード(1)
谷越えのショート。アメリカのゴルフマガジン誌にて2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。グリーンのすぐ手前から右は下りスロープの深いラフなのでグリーン左サイドを攻めるのが安全。ただ左サイドに沿って小さな丘がある。
 
16番 パー4 442ヤード

16番 パー4 442ヤード(2)

16番 パー4 442ヤード(1)
右ドッグレッグのタフホール。ティショットではフェアウェイは広いが、飛べば飛ぶほど左側のOBラインが迫り、効いてくる。グリーン左は下りスロープ、右手前に1つのバンカー、右から奥はヒースのラフでガードされている。
 
18番 パー4 484ヤード

18番 パー4 484ヤード(2)

18番 パー4 484ヤード(1)
ほぼストレートの距離のあるミドル。ティショットは左右にフェアウェイバンカー、大きく右に曲げると道路沿いにOBラインがある。ロングヒッターは左から張り出すヒースの群れが効いてくる。グリーンは6つのバンカーで囲まれている。グリーンの右のOBラインは浅いので注意。
 
余談
ポートラッシュから車で5分、ダブリンから車で3時間、ベルファストから1時間10分。

レストラン

ランチ

ゴルフマガジン社の2015年度世界ベスト100選の第15位に選ばれている。トップ100ゴルフコース・オブ・ザ・ワールド(top100golfcourses.com)の2016年度で全英(アイルランドも含む)では第5位。2008年度の統計ではイギリス諸島全体(アイルランドも含む)では2752コースある。



ダンルース城

オールド・ブッシュミルズ蒸留所

ジャイアンツ・コーズウェイ


ジャイアンツ・コーズウェイ(友人)

キャリック・ア・リード吊り橋

キャリック・ア・リード吊り橋

コースからすぐの東側の断崖に建つ廃城がダンルース城である。同じ道を10分ほど車で走るとオールド・ブッシュミルズ蒸留所に着く。ブッシュミルは400年の歴史を持つ世界最古のウイスキー蒸留所だ。そこから5分弱北上すると世界遺産のジャイアンツ・コーズウェイに着く。約8kmにわたって続く切り立つ海岸線を、六角形の玄武岩の石柱群が覆い尽く特異な景観を楽しめる。さらに東へ15分走るとキャリック・ア・リード吊り橋に到着。ここは巨大な岩礁と本土とを長さ24メートルのロープで結んだもので、海面からの高さは約25メートル。歩いているとよく揺れる。サーモン漁に行く漁師が17世紀にかけた橋だ。このようにゴルフ場の周辺には魅力的な観光資源が数多くある、



アントリム・ハウスB&B

アントリム・ハウスB&B

アントリム・ハウスB&B近くの海岸


コースト・ピッツェリア

コースト・ピッツェリア

コースト・ピッツェリア

泊りはポートラッシュにあるアントリム・ハウスB&Bに泊まった。夕食はホテルから徒歩圏のコースト・ピッツェリアでした。しっかりしたレストランでシーフードが美味しかったが、ファーストフード店みたいにカウンターで代金を支払い、料理を受け取るのが変わっていた。ポートラッシュはゴルフ場のすぐ隣の海岸線にある小さな街で、バー、レストラン、散歩道がたくさんあり、夏には観光客で賑わうリゾート地。